審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

ハワイ祭り、開催

  • Date / 11月 13th, 2015
  • Category / 雑談

先日、当院では「ハワイ祭り」なるものを開催いたしました。
実は当院では12月に、開業五周年ということもあり、慰安旅行として、5年間、頑張ってくれた事務長と歯科衛生士にハワイに行ってもらうことにいたしました。

かなり奮発しましたが(苦笑)、五年間、医院を滞りなく運営することができたことを考えると、その価値は十分ある、と判断いたしました。
今年は不意な出費があって急遽、予定変更をお願いする、という事態もあったのですが、この慰安旅行は2月の段階から決定していたので、そのまま実行することにいたしました。

 

スタッフの慰労の意味が大きいのですが、もう一つ、大きな意味があります。

 

院長はこの2月、ハワイに行って大感動してしまいました。

というのも、それまで旅行というと奈良や鎌倉など。それも「せっかく行くのだから効率よく観光名所を巡るぜ!」と、綿密な計画を立てたものばかり。「自分なりのコース」づくりに熱中していました。
で、正直に言うと、ハワイをバカにしていました。

「ハワイ?そんなミーハーなところで騒いで何が楽しいの?」と言う感じ。サーファーや、遊び慣れた人たちが溢れる場所、という感覚でした。

また、生来の貧乏性のため(苦笑)、医院を長期にわたって開けることが我慢ならず、直前まで気が進みませんでした。

 

ところが!!

 

ハワイに着いた段階で一変!!

温かさと青い空、広い海!リゾートの気分にどっぷりハマってしまった!!

そして大切なことを体験できました。

ハワイではクルーズに乗ったり、火山を見学したり、と色々な「アトラクション」も経験しましたが、自分が最も幸福な気持ちに慣れたのは、「ゆっくりしている時間」でした。

院長は超朝型人間なため、ハワイでも当然の如く早朝3時に目が覚めてしまいます。でも、さすがのハワイでもまだ真っ暗。

でも電気をつけると事務長を起こしてしまう。

というわけで、ホテルのロビーにあった「くつろぐコーナー」(正式名称不明)で本を読んでいたんですよ。ほぼ毎晩。

するとどうでしょう。すごく快適!!

とても静かで、海からの涼しい風が適度に心地よく、気温もちょうどいい!

読書が進み、結構な厚さの本を読み切ってしまいました。自分でもびっくり!

こんなに物事に対し、プレッシャーもなく集中できたのはいつ以来だろう。いつもウジウジと考えてしまうタイプの院長ですが、この読書の時だけ、一点の悩みもなく、読書に集中していました。

それからすっかり「ハワイで読書」にハマってしまい、自室のバルコニーから海を臨み、ビール片手に読書する、とか、ロビーにあった揺り椅子に座ってくつろぐ、とか、至る所でリラックスしてしまいましたよ。

ほんと、ビールを飲みながらボケッと海を眺めるだけのことが、こんなに素晴らしいことか、と。

 

それまで旅行というと、つい、せっかく来たのだから元をとらなきゃ、と、得意の貧乏性を発揮していたのですが、初めて、「ゆっくり過ごす時間」にも十分価値がある、と知りました。

帰国後も、ハワイでゆったりと本を読んでいた時のことを、何度もおもいだしていました。

ああ、また行きたい!

ハワイでたった数日過ごすためだけに、一年間、一生懸命仕事をしている、という人の気持ち、今なら痛いほどよく分かります。

 

で、帰国以来、「ゆっくりと過ごす時間」を求めて、カフェに通ったり、公園に行ったりしています。

 

で、まあ思ったんですよ。

私はそれまで、仕事を持続するためのモチベーションは、仕事にやりがいを見出すこと、と考えておりました。

仕事に時折でもいいから「達成感」がないと、ただの単調なルーチンワークになってしまうのでは?と。

で、歯科に関係ない資格でも、取得したらお給料に反映しよう、など色々と考えてきたんですけどね。
でもそれすら「パターン」になってしまうものなんですね。

自分も開業4年を経過して、パターンに陥っていることに気がつかないタイミングでハワイに行ってみたら!

あんなに楽しい日々を経験してしまったわけです。

これから頑張って、またハワイにいくぞ!と決意した途端、なんだか日常が新鮮に感じたわけですよ。年甲斐もなく。

で、スタッフにも同じ感覚を持ってもらえたら、長期にわたる仕事のモチベーション維持に役立つのではないか、と思いました。

「あの強烈に楽しいハワイでの日々を再び味わうために、毎日頑張る!」という感じで。

もちろん、人格的にもスタッフを信頼しているからこそ、ハワイ慰安旅行を用意したのですが、良い意味での原動力になってくれたらなあ、と思います。

 

 

なんか長々と書きましたが、ハワイには確かに何かがある!!

陽光の元、海風に当たりながらだらだらと過ごすだけの時間に、大きな価値があることを教えてくれたハワイに大感謝!!

 

 

 

ちなみにその期間、院長は留守番で、もう一人のスタッフとともに診療しています。