審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

憧れのハワイ その3 パンケーキ

最近、歯科のややマニアックな話が続いたので、本日はハワイの画像をご紹介。

 

P1020852

これは現地時間の2月12日、朝。ホノルルの市街地の様子です。

事務長のお目当ての「パンケーキ屋」に行くために、朝も早いうちから起こされました。 なんでも、ハワイはパンケーキが有名なんだそうです。本当かよ!!

 

 

P1020853

いいですねえ、いかにも南国な雰囲気。ふと、マイアミバイスを思い出しました。マイアミじゃないけどね。(なんせアメリカのイメージが極めて偏っているので)

 

 

ホテルから歩くこと20分。

お目当てのパンケーキ屋さんに到着しました。

実は院長もパンケーキを食べたかったんですよね。

ホットケーキと同じなのかもしれないけども、「パンケーキ」っていう名前には昔から憧れがあったんですよ。
道民なら皆さん知っている「アーノルド坊やは人気者」。

北海道では日曜の朝8時半、もしくは平日夕方5時半から放送されていましたね。

院長と同年代の間では絶大な人気がありまして、「どさんこワイド」の開始とともに放送が終了した時、真剣に怒っている人もいました。
院長がなんで「兼高かおる 世界の旅」を知っているか、というと、「世界の旅」は北海道では日曜の早朝に放送していたのですが、小学生だった院長は、「アーノルド坊やは人気者」を見たくて早起きしていました。で、テレビも早く点けていたのですが、その時、「世界の旅」も放送されていたため、見ていた次第。

で、その「アーノルド坊やは人気者」の中で朝食のシーンなんかもよく映っていたのですが、その時に出されていたのがパンケーキ!しかも2,3枚重ねて!その上からハチミツをたっぷりとかけているではないですか!
しかもしかも「パンケーキのおかわりは?」と聞いている!
子供にとって、パンケーキは御馳走の部類(でしたよね?)。それを重ねて食べているうえに、お替り自由!しかも毎朝食っているのかよ! いやあ羨ましかったですね。納豆と塩辛の日本の朝食とはかけ離れすぎています。

今思えば、パンケーキごときで、となるかもしれませんけども、当時はすんごく贅沢に見えました。当時のアメリカのドラマに出てくる食事は、どれも子供の心を刺激するものばかり。この年になると、ちょっとくどいように思えるのですけどね(苦笑)。

おそらく、今やお父さん、お母さんとなっている院長の世代の人たちは「アーノルド坊やは人気者」に出てくる食事シーンや日常生活を見て、「アメリカはすごいなあ」と感じたのではないでしょうか?日本との大きな差も。

院長よりも上の世代の人にとって、「奥さまは魔女」が、憧れのアメリカの生活を象徴していたように。

 

・・・また余計なことで長くなりましたが、本題ですが、院長は過剰な期待と共に、パンケーキ屋さんに入りました。

 

 

 

 

P1020855 P1020856

こちらが注文したパンケーキ。

え?「思っていたのと違う」って?

そうでしょう。院長もそう思いました。何でも「本場」では、従来のホットケーキのようなタイプから進化した、上の画像のような「スフレ」タイプが人気なんだそうです。・・・って、ガイド本に書いてありました。

 

 

 

P1020858

ご覧ください!

中はフワフワです!!いえ、フワフワを通り越しています!!綿あめのような食感です!!!パンなのに、口の中で溶けてしまいます!!!

 

 

P1020859

これは生クリーム。

フワフワの触感にホイップがマッチしていました。

ハチミツも(テレビのように)かけて、美味しかったです。

 

 

 

・・・・・・・・でも、あまりにもフワフワ過ぎて、お口で溶けすぎて、胃袋にまでは到達しません。女性にはちょうどいい量と思われますが、男性にはかなり物足りないです。「じゃあ、次はラーメン」と言いたくなってしまうかもしれない(苦笑)。

 

 

本場のパンケーキは今までに経験したことの無い食感でした。(もう30後半だけどね)