審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

北海道地ビールサミット 各地の地ビール

今回は、市内で思いがけず購入した、北海道各地の地ビールをご紹介。いろんな地域がありますよ。

 

 

まずはこちら。

 

P1050108

旭川の大雪地ビールより発泡酒「富良野大麦」。

 

P1050109 P1050110

こちらはビールではありません。

 

 

P1050111 P1050112

ご覧のようにかなり澄み切っていますね。

実際、味の方もスッキリくっきり。

地ビール独特の「コク」もしくは、良い意味での「クドい感じ」はありません。

まあ、地ビール特有の風味もその分、感じずらいのですが、とても飲みやすく、美味しかったです!!

 

 

 

P1050082

同じく旭川・大雪地ビールから「氷点」。

あの有名な小説の名前を冠したビール。

 

 

P1050083

ラベルからして冬の寒さを感じます。

 

 

 

P1050084

アルコールは6度、とビールでは高め。

 

 

 

P1050085  P1050086

中身はこちら。やはり発泡酒と違って、濁っていますね。いいぞ!いいぞ!!この濁り、すごくいいぞ!!

さて、色合いからもヴァイツェンが想像されますが、実際、柑橘系の味わいを感じました。

炭酸も強めで、のどごしにイガイガを感じます。柑橘系の風味と炭酸が合わさると、サッパリしますね。なかなか爽快なのどごし。

 

 

 

P1050077

続いて「萌芽」、という名のビール。

 

 

 

P1050078 P1050079

道北の下川産の小麦「ハルユタカ」を使用、とのこと。

そう、北海道は小麦王国でもあります。

 

 

P1050080 P1050086

こちらも先ほどの「氷点」に似ていますね。

でも他の地域の地ビールよりも透明度は高め。

で、そのためかはわかりませんが、かなり飲みやすかったです。炭酸がきつくないのでさらりと飲めます。後味に少し薬草の風味を感じます。

 

 

 

 

P1050114

最後はおなじみ、小樽ビールから期間限定のビール、「フェストビール」。

 

 

 

P1050116 P1050117

ドイツの都市、ミュンヘンでは毎年、秋に2週間にわたってビールの祭典「オクトーバーフェスト」が開催される、とのこと。そしてこの時にだけしか味わえない限定醸造のビールを求めて、世界中からビール党が参加する、とのこと。
そのオクトーバーフェストの時期に合わせて小樽ビールも毎年、フェストビールを醸造しているとのこと。

 

 

 

 

P1050118   P1050119

おお、良い感じの琥珀色。澄んでいるので「琥珀色」という言葉が似あいます。

味は、ハーブ(?)のような香りを感じさせます。

画像から想像される通り、スッキリした飲みごたえ。ゴクゴクいけます。

 

 

 

 

以上です。

しかし下川町まで地ビールを作成しているとは。まだまだ北海道には地ビールが埋もれているようです。