審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

小樽ビール特集 ③ 春の小樽旅(2015年4月) その2

小樽駅に到着した院長。

さて、小樽で何をしましょうか?思いついたのはやはりあそこでした。

早速向かいましょう!!

 

 

P1030935

初春の小樽運河。観光シーズン前なので、まだまだ空いていました。

 

 

 

P1030937 P1030938

自分はこの風景が好きなんですよね。川沿いの空間を贅沢に使っている感じがして。水辺の景色って、重要と思います。

 

 

 

P1030939

すいません、ついつい詩人になってしまいました。本当はポエムで披露したいところですが、今は止めておきます。

で、着いたのは小樽ビール。やっぱり一杯行かなきゃ!!

 

 

 

P1030942

これは定番のピルスナー!やっぱり飲みやすくて、ゴクゴクいってしまいます。

 

 

 

P1030943

こちらはドンケルという名前だったような。違ったらごめんなさい。

ご覧のように、濃い琥珀色。黒ビールに近いか?味も甘みがあり、どこかにコーヒーのような心地よい苦さも感じました。

 

 

 

P1030945

こちらは初めてしった「ヘレス」という種類。なんでもピルスナーに対抗して作られたそうです。

たしかにピルスナーと同じく、スッキリ飲みやすいのだけど、少し違う。美味しかったですよ。

 

 

すっかり出来上がった院長ですが、日が長くなったためか、まだまだ明るい。しかもちょうど良い温かさ。

たまには観光街でも散策しよう、となりました。

 

P1030948

GWなどの観光シーズンなら大賑わいする通りも、ご覧のように閑散としています。なのでゆっくりと楽しめました。

 

 

P1030953

遠方の山には雪があるけど、街樹には緑が見えます。春ですねえ。

 

観光街でもお煎餅を食べたり、いろいろ楽しみました。

いやあ、とても快適な散策になりました。

 

 

P1030956

では帰りましょう。

 

 

 

P1030957

小樽の街は、どことなく箱庭感があって、好きなんですよね。汽車から見える景色もジオラマの街を見ているよう感じに錯覚しています。

 

 

P1030959

 

実はこの川に鯉のぼりが渡されていたのですが、遠く映ってしまいました。GWももうすぐ。

 

 

 

P1030960

朝里を超えると、夕日が見えました。空も海も、淡いワインレッド。

 

 

 

 

P1030962

今回も小樽旅を満喫してしまいました。

これは気が付けば、になるのですが、ちょうど20年前に院長が大学生活をはじめまして、4月に小樽の高校時代の先輩を頼って遊びに行ったんですよね。

で、色々なお店に連れて行ってくれまして。

それ以来、小樽は楽しい街、と言いますか、学生時代の4月に感じた、新生活に伴う少しウキウキした感じが残る街、になりました。勝手に。他の季節も良いですが、春のこの時期の小樽が一番好きですね。

これまで色々な街に住む機会がありましたが、第一印象でその町のイメージが決まると思います。

帯広は良いことも悪いこともあった、思い出深い街ですが、移住して最初に出会った同僚の方々と親しくなり、遊びにも行ったりして、最初の数か月間、寂しさも感じずとても楽しい日々でした。今でも帯広を思い出すとき、真っ先に浮かぶのがあの同僚の方々と飲んだり、ノンベ先生と飲んだ記憶ばかり浮かびます。

たまにあのウキウキ感を感じたくて、小樽に行ってしまいます。