審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

札幌100景    石山緑地 その1

今回から、札幌にある公園をいくつかご紹介。

札幌には特徴的な公園がいくつもあります。

しかも子ども心をワクワクさせる公園ばかり。

いえ、子どもだけではありません。行けば大人も何かを刺激されるはず!!

 

 

 

 

 

札幌は日本の他の大都市に比べ、自然に近接しています。
その「自然」も、単に森が多い、というだけではなく、色々な地理的条件や地質も多様な環境を示しています。

今回、南区の「石山緑地」に行ってみました。
ここはかつて「札幌軟石」の採掘場だったところ(?詳細不明)。

札幌周辺は、実は鉱石に恵まれていたようで、西区でも五天山公園はかつての採石場を公園にしたものだそうで、また盤珪付近にも採石場が見られ、南区も藤野に至るまでの間の川筋に、珍しい岩肌の景色を見ることができます。層雲峡の変わった岩の連なりではないものの、岩肌の周囲の緑と川の水辺が作る景色だけ見ると、大都市にある風景とは思えなくなります。

前置きが長くなりましたが、早速、石山緑地のご紹介。

 

P1000194

って、いきなり人工物がお出迎え。なんだあのルービックキューブみたいなのは!!

 

P1000195 P1000196

どうやらジャングルジムのよう。中はすべて鉄格子か?と思いきや、どうやら中に入れるようす。入ってみようかと思ったのですが、「いいオッサンがジャングルジムに入ってはしゃいでいる」と他の人に見られたくない、という気持ちが強く、入れませんでした。大人になるといろいろとめんどくさい。でも、「入ってみたい」というマインドは子供のまんま。

 

 

P1000199

ちなみに公園の各所には上記の写真のような、採石場を思わせるものが随所に、そのまんまの姿で残されていました。なんか、森の奥で見つけた古代文明のようです。

 

 

木立の中を進むと、なんか見えてきました。早速行ってみましょう!!

 

 

P1000201

木立を抜けると広場にでました。そこに何やら立ってます!

 

P1000204 P1000206

何やら意味ありげなモニュメントが!!石と石が鉄骨で結ばれている様子。

 

P1000205

石の表面にもなんだか細工してあります。

 

P1000202

広いところの足元を見ると、ぐるぐる渦巻きの溝が!!

 

P1000203

中心付近。いったい、この広場はなんなんだ?

 

P1000208

そして最も特徴的なモニュメント。まるで西洋のお城のようです。

 

P1000209

 

最上部から水が流れています!!

 

P1000207

横を見ると階段がありました!謎を究明するため、上ってみましょう!!

 

P1000210

階段と壁。すべて石積み。中世ヨーロッパのお城のようです。

 

P1000211

そして、「城壁」の上からみた広場の様子。

 

P1000213  P1000214

お城の内庭のような場所。さっきの「水の城」から流れた水が、ささやかな流れとなって、さっきの地面の「グルグル」を伝って、中央に流れていくさまがわかります。石は水の流れも自在に操れる。古代の文明は、石のおかげで遠い場所から飲み水を運ぶことができました。石と水と文明の関係を表す景色のようにも思えます。

 

P1000216

そしてその「城壁」からの周囲の画像。そこからある「山」が目に付きました。

 

P1000215

おそらく石材を切り出したと思われる場所。木々の生い茂る山が突如断絶し、人工的な階段状の切り出し後になっています。

ピラミッドの一部のようにも見えます。

自然と文明とが同居している場所。

これは大都市なのに自然と極めて隣接している札幌を表しているようにも思えます。

 

思わず長くなってしまいましたが、まだこれは石山緑地の一部。まだまだ続きます。