審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

札幌の美術館 札幌芸術の森 野外美術館 ⑦(最終回)

長らくご紹介した芸術の森・野外美術館の話題も、今回で最後。

 

ここまで、なんと74もの「ゲージツ」作品を見てきました。どの作品も自然と調和したり、逆に自然に喧嘩を売るかのように違和感ありまくりだったり。それぞれのゲージツ家の方も、屋外という条件で楽しんでいるかのよう。

でも、さすがに74作品すべてを紹介すると、年内いっぱいかかってしまう恐れがあるため、ピックアップしたいくつかをご紹介してきました。

 

すべての展示を見終わり、最初のスタート地点に戻った時、不思議な光景が!

 

 

P1000304

野外美術館の入り口にある噴水。奥にある回廊のような階段が、最初にご紹介した入り口の階段です。

あの時、この噴水を下から見上げたときは、何の印象も持ちませんでした。

P1000251

 

これですね。豪華な噴水。

 

でも、広い森をさ迷い、74ものゲージツ作品を見て、頭がゲージツに感化されてしまってからここに戻って、この噴水を見たとき、なんだか見覚えのある「絵」のように思えたのです。

 

 

P1000305 P1000306

みなさん、どう見えます。

院長は、なんだかエッシャーの「だまし絵」のように思えたのです。

 

 

escher_AscendingDescending_detail_twon  110216taki

これです。

皆さん、一度は見たことがあると思います。

 

存分に「ゲージツ」に浸ってから最初の噴水を見て、この絵が真っ先に浮かびました。

最初に同じ景色を見ても、何にも思わなかったと思います。

まさに「芸術は見るのではない、感じるんだ!」を実感した瞬間。

目の前に「だまし絵」が現実として現れたのでした。

これは狙っての効果でしょうか?もしそうならば、いままでの74作品はとても用意周到な伏線だった、という事になります。

冗談ではなく、芸術の力を思い知らされました。

 

 

最後にだまし絵を見ることができたのは、74の作品を見るうちに、院長も童心に戻れたからかもしれません。

 

以上で芸術の森・野外美術館のご紹介は終了です。

 

 

本当はこの夏の間に市内のすべての美術館を見る予定でしたが。できませんでした。しかし、別に美術館は夏しかやっていないわけではないし。今後も美術館を探検してまいります。

 

 

追記

今回、ご紹介した際の画像のコメントの多くは、「案内文によると」というコメント以外は、全て院長の主観による感想です。
作者の方の意図したことは反映していません。あしからず。