審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

☆2014夏の鉄道★日高山脈突破!の旅 その4 「日高越え」なるか!?

そろりと富良野駅を離れた普通列車。

ここからはついに「日高山脈越え」への道程となります。

 

 

 

P1010545

これはまだ富良野盆地の中の様子。野球場がありますね。

 

 

P1010546

車窓の風景。

徐々に東西方向の山地が狭まってきました。

いよいよ十勝との「国境」が近づいてきた模様。

 

 

 

P1010547

途中、いくつもの無人駅を過ぎました。

さて富良野からは席が比較的、開いていたため、院長は車両後方のソファーシートに座りました。

すると向かいに壮年と思しき男性が。

なんだか「スゴイカメラ」を持っています。長くて太いレンズが装着されているヤツ。(カメラに疎くてスンマセン)

 

そして車内をせわしく動き回って、色々な車窓風景を撮影しておられる様子。

しかも地図で針路と場所を確認しながら!!

 

これは「撮り鉄」の中でも上級者の技!

 

上級者の方は、乗ったことの無い路線でも、事前に地形地図を見て、「絶景ポイント」を予想、その場所の風景を確実にカメラに治めるのです。

これには高等テクニックが必要で、地図上の鉄路の流れ、川筋、山岳の等高線などの関係を吟味して、その風景を想像する、という作業が必要になるのです!!

かなりの高度な想像力が必要とされます。

 

・・・・・・・・・え?イマイチどう凄いのか、わからないって?

 

 

わかりました。ではここで、ごく簡単な例題を出します。

 

 

P1020072

このように、ごくごく簡単な地形図があるとします。これは例題のために院長が作成したフィクションの地図です。実際には存在しません。

 

P1020073

このように、地図上には鉄道とJR線の鉄橋が記載されています。

 

 

この地図の・・・・・・・

 

 

 

P1020074

この「×」を着けた地点(高台の展望台がある、と想定します)に、皆さんが立つとします。

 

 

P1020075

そこから矢印の方角を見たとき、どのような景色が見えるであろうか、想像できますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020076

このような景色が「瞬時に」(←ココ、強調!!)浮かばないとだめです。ええ、「瞬時に」(!!)です。

 

 

P1020077

その場に行ったことが無くても、上記のような「鉄道風景」が想像できないと、「上級撮り鉄」とは認められません。

 

 

P1020075 P1020076

もう一度、おさらいです。

 

上級レベルの撮り鉄は、現地に赴く前に図書館や公的機関にて、国土地理院発行の地形図を精査。

地図上から予想される「鉄道風景」を想像し、さらに時刻表と地図上の位置関係からその「鉄道風景」に何時に列車が通過するか、推測したうえで撮影ポイントを入念に選定し、行動しているのです。 つまり「わあ、この景色良いなあ」と、見てから初めて撮影する「初級者」とは、スタート以前に勝負がついているのです!!

しかし上には上がいる。「超上級者」ともなると、なんと廃線跡でそれを行ってしまいます。
廃線だけに現在の地図では鉄路は記載されていません。そのため過去の地図を探し出して現在の地図と照合させ、「鉄橋跡」「駅跡」などを想定、現地へ向かうという、推理力を駆使する作業を行う必要がある上に、行ったらすでに何もなかった、という事態も十分起こり得るわけです。

まさに「超上級者」のみが挑戦できる「至高の鉄道風景」。

 

以上の事から、今回、同乗した壮年の男性は「上級者」であることが想像されます。もしかしたら北海道出身者ではないのでは?と、院長は推測。

後に聞いたところ、やっぱり「東京からやってきた」とのこと。

 

まあ、それはさておいて、風景写真の続きでも。

 

 

 

P1010548 P1010549

これはまだ富良野盆地の中の画像ですが、次第に山間部に入っていきます。

周囲は木々ばかり。

 

すると、不意にトンネルに入りました!
それも結構、長時間。

 

その時、これが「新狩勝トンネル」であることに気が付きました!

 

ついに今、「日高山脈越え」が敢行されているのです!!

 

 

長い長い時間が経ちました(個人的感覚)。暗い車窓が続きます。

 

そして、ついにトンネルを抜け、明るさが戻りました!!

 

そこで見た景色は・・・・・・・・

 

 

 

 

P1010550

十勝平野の風景でした!!!!

 

・・・・・・・・え?あんまり風景の違いがわからないって?

 

う~ん、なんとなく十勝っぽいんですけどね。

 

 

 

P1010552

どうやら新得の街が見えてきたようです。

 

 

 

 

P1010551

こうして無事、日高山脈突破に成功!

次なる目標は「新得ソバ」!!

 

 

*一応、言っておきますが、別に汽車で日高山脈を越えることは大変な事ではありません。追加料金もかからないし、パスポートも必要ありません。念のため。