審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

有珠山ジオパークツアー その6 火山科学館 *訂正あり

さて、2000年の噴火の際に誕生した火口群を散策したのち、麓の温泉街近くにある「火山科学館」に行ってみました。

 

 

P1040319

 

あの赤い四角のところです。雑な絵ですんません。

 

 

 

P1040238

 

なんか、結構、立派だし!!「環境省」の文字が誇らしいですね。

 

 

で、早速中へ。中には1977年、2000年の各噴火時に関する展示物がありました。

 

 

 

P1040239

 

これはなんでしょうか?

2000年の噴火時に曲がってしまった室蘭本線のレールです。

 

 

 

P1040240

まるでこういう風に曲げて作ったかのように綺麗にまがっています。

 

 

 

 

P1040242

こちらも2000年噴火時に被害にあった車両。ぺしゃんこですね。

なお、館内には「撮影禁止」の案内は見当たらなかったのだけど、万一、禁止でありましたら、即刻データごと削除いたします。

 

 

さて、この火山科学館のメインは、有珠山の噴火の歴史を紹介するミニシアターです。

前方と向かって左側、そしてなんと斜め上方にもスクリーンが配置されていました。

 

 

最初はあまり期待していなかった記録映像ですが、とても勉強になりました。

なんでも、有珠山が周期的に噴火することは江戸時代から知られており、明治時代の1910年の噴火の際も、事前に自信が増えた段階で噴火が予測されたそうです。

そして、世界で初めて地震計による噴火の観測も行われた、とのこと。

その観測の結果、世界で初めて火山性地震が観測された、とのこと。

まさに世界の「噴火学」の扉を開いた存在。
その時、事前の地震の頻発し、次のその地震が一気に収束。直後に噴火、という有珠山の噴火の特長が確認されたそうです。

その結果を基に、次の1944年の噴火も予測と避難が行われ、1977年にも経験が生かされ、そして2000年の事前予測に基づく完璧な避難につながります。

*7月7日訂正 実際には1944年噴火の際は、悪化する戦時下であったため、人心を惑わす可能性がある、として政府が情報の公開を厳しく制限したそうです。そのため、1977年噴火の際には1944年噴火の経験を十分に活かすことができなかった、とのこと。
浅学にて、失礼いたしました。上記のように訂正いたします。

有珠山はほぼ30数年おきに噴火し、また、その噴火の前にも特徴的な地震活動が起きるなど、とても噴火予測がしやすい、噴火学の教科書的な存在、とのこと。

 

そのため有珠山の学術的な知名度と重要性は国際的にも高く、世界ジオパークに選ばれた理由の一つでもあるとのこと。

 

映像技術の発展した2000年の噴火の際、リアルタイムに生々しい映像を見てしまったがために、返って有珠山の怖さが植え付けられてしまった感がありますが、実は世界でも安全な噴火山であることがわかりました。