審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

道南各地の風景の御紹介

ここからは函館を離れ、道南各地の画像をご紹介いたします。

 

 

IMG_0240 IMG_0241

北海道最南端の白神岬です。函館からも距離があるので、わざわざ行く価値があるか、となると・・・・。

なお、この地点は本州最北端の下北半島の先っぽよりも南になります。

 

 

 

IMG_0216

 

これは恵山町です。

広い北海道ですが、そこから尻尾のように伸びているのが渡島半島。この渡島半島を「道南」と呼びます。

その渡島半島も、そのさらに先では西側の松前半島と東側の亀田半島に分かれます。

その亀田半島には以前、多くの町村自治体があったのですが、数年前の「平成の大合併」の際に「函館市」となりました。ただ、合併して「30万都市」への復帰を画策した函館でしたが人口の流出は止まず。

お話それましたが、これは亀田半島のかつての恵山町にある「恵山岬」です。近くに立派なホテルもあるのですが、ここに至るまでの道が異様に狭いので要注意!!(今はよくなっているのかな?)

 

なお、近くには、読みにくさ・書きにくさ、全国トップレベルだった「椴法華村」もありました。
本州の皆さん、「椴法華村」を何と読むかわかりますか?

 

 

 

IMG_0217

で、その恵山岬のそばには、海に面した露天風呂があります。っというか、海だし!!(苦笑)

なんでも潮の状態によって、上の画像に出現するそうなのですが、この日は海の中でした。

 

 

 

IMG_0213

こちらは鹿部町の間欠泉公園。

 

 

IMG_0215

こんな感じの間欠泉を見ることができます。

 

 

 

IMG_0246 IMG_0245 IMG_0247

松前城。

お城が珍しい北海道民なら見る価値がある、と断言できますが・・・・。

本州の人ならどうだろう。見る価値があるとは思うけど、函館から片道2時間、往復4時間あるんですよね。

時間の限られる旅行では厳しいかも。

で、ですね、函館を出発して木古内にある「咸臨丸の沈む場所」、松前城、そこから北上して江差にいって開陽丸の記念館、と巡る「幕末ツアー」とすれば、この地域はなかなか見ごたえのあるコースになると思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

 

IMG_0260

そして大沼国定公園。風光明媚ですよ。

 

 

 

IMG_0263 IMG_0265

大小いくつもの湖を見ることができます。

 

 

IMG_0289

そして 駒ヶ岳。

八雲から国道5号を南下してくると、視界にしっかりと入ってくる駒ヶ岳。なかなか勇壮な景色です。

 

 

 

道南はもっと見る場所があるんですが。

なんと江差の画像が消えてしまった!!ああ、もったいない。

 

 

でも、歴史好きにはなかなか面白いですよ。