審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

セオリーで大瀬良攻略成功(2015年6月3日)

セリーグを代表するエースから劇的な勝利を飾った日本ハム!

これで確実にチームのエンジンに火が点いた!

この日も序盤は抑えられるものの、チームに焦りは感じられず。

そしてなにより、我らが杉谷が大爆発!

そして快心の勝利を得ます。

 

 

 

2015年6月3日  日本ハム5-0広島

 

 

 

 

 

 

前日、マエケンが登板した試合で勝利した日本ハム。

おそらく広島の首脳陣、選手も「勝利」を織り込み済みであったでしょう。

これから優勝争いを繰り広げる中で、相手のエース級や好投手と戦う機会が必ず多くなると思われます。しかしそういった相手からも勝利を得ないと優勝は難しい。

現在、セリーグで低迷を続ける広島ですが、日本ハム戦に登板してくる先発陣の名前はどれも手強いもの。本日の先発である野村投手も、一昨年に大活躍をした選手です。(個人的には黒田投手を見てみたかった。でもあくまでもミーハー的な動機です)

交流戦後、パリーグ各チームは日本ハム戦を意識してローテーションを組んでくると思われるだけに、難敵からも勝利を得る地力があるのか、試されます。

 

そして昨日の途中までの主役は、間違いなく広島先発の大瀬良投手でした。

3回まで目を見張るピッチング!特にストレートはよかったですね。日本ハム打線は三振の山を築きます。

一方で日本ハムの浦野投手もなかなかの好投。大瀬良投手の好投の内容が際立っていただけに目立ちはしなかったものの、安心できる内容。昨年の「地味ながらもしっかり6回まで登板」という、浦野投手の持ち味が出ていましたね。「地味ながらもしっかり押さえる」存在が、どれだけ貴重なことか。全員にいつの間にか信頼を寄せられている人、って、皆さんの周りにもおられると思います。
浦野投手がいつもの安定感を示したところで、日本ハム打線は一巡します。1順目は大瀬良投手に手も足も出ませんでした。昨日のマエケン相手の試合に似た空気が漂い始めます。

しかし、そんな中でも不思議なことに先制したのは日本ハム。

中島選手が技ありのバントヒット!転がったコースも絶妙だし、走塁も良し!安打を量産できなさそうな相手には小技でチャンスを作ることができる。それにしても広島のサードの選手は焦っていたかもしれないですね。中島選手の足を意識していたと思われます。続く田中選手が四球で出塁。そして4番、中田!広島出身の彼が故郷で吠えるか?

結果は渋いタイムリーヒット!!

中田までわずか1安打。しかも派手なヒットではなく中島選手のバントによる出塁。好投している相手に対して正攻法ではなく小技でチャンスを無理やり作って中田に回す。各個人の個性が生かされた先取点となりました。

マエケン並みに好投する大瀬良投手相手に、貴重な先取点を獲得!この意味は非常に大きい!!

その後、日本ハムは単打の出塁やまずい攻めもあって大瀬良投手に抑えられます。

実際、大瀬良投手は失点してからも投球内容は変わらず。相変わらず三振を奪い続けます。しかし浦野投手も確実に抑えます。
昨日は不思議な試合でしたね。試合は日本ハムがリードしているのに、好投している大瀬良投手の存在感が大きすぎて、まるで広島が主導権を握っているかのような印象がありました。しかし浦野投手も内容は良い。
まるで試合の注目と重圧を大瀬良投手が背負ってくれたような感じになり、浦野投手には案外、良かったのかもしれない。

抑えられつつも杉谷選手の安打なのでチョイチョイ出塁していたのもあります。

しかし昨日の杉谷選手も、ある意味「空気を読まない」活躍でしたね。打線が大瀬良投手に沈黙する中、一人ヒットを重ねて攻撃陣に攻略の手がかりが残されていることを示し続けますし。空気を読まないことで、返って頼もしい存在になってきました。6,7回の表は彼の独壇場の感もありました。世界の中心で「俺は空気を読まねえ」と叫んでいるかのようです。

その杉谷選手の努力が実ったのが7回。近藤選手の出塁後、杉谷選手がチャンスを広げるヒット!!これを機会になんと3連打!!導火線に火をつける活躍をしてくれました。
この中でも唸ってしまったのが西川選手のセーフティスクイズ!
確かに西川選手はこの日、3三振と精彩を欠いていましたが、西川選手の長所は打撃だけではありません。今回のような技も、それを可能とする走力もあるので、打撃不振に悩む必要はありませんね。

それにしてもようやく訪れたチャンスを徹底的に利用しようという、日本ハムの攻撃!

中島選手、西川選手のバント安打は、好投する相手でも攻略が可能、ということを示してくれました。この1,2番がいる限り、相手がエース級でもあきらめる必要はありません。

こうしてついに試合を決した日本ハム。

その後は鍵谷、宮西、白村と投入して終了。

地味ながらも投打の歯車がかみ合っていますね。

そして白村投手に注目です。最近、安定して抑えていて期待できます。
速球派であることも注目。

もしかしたら、昨年、他チームに脅威を与えた、オリックスの「佐藤達ー平野」のような必勝リレーが実現する可能性があります。

昨日は非常に玄人好みの試合運びをした日本ハム。若手主体なのに、内容はなかなか渋い!それだけ打線が成熟してきた、といえると思います。

ここの総合力で圧倒するソフトバンク相手に、適正と繋がりで対抗できる土壌が整ったようですね。