審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

吉川が主役になる夏

今年の夏の吉川は頼もしかった!!

ソフトバンク3連敗の後、流れを断ち切る見事な投球を披露!あの時は、ただ「勝つ」だけではなく、「完全に抑えて」勝利する必要が、どうしてもあった。そんな時に期待通りに6回までゼロ封。

そしてこの試合でも見事、勝利!

そこにはこれまでの2年の間に自信を失いかけた吉川はいませんでした。

「頼れるエース」の復活だ!!

 

 

 

 

2015年8月14日  日本ハム4-2楽天

 

 

 

昨日は久しぶりに「日本ハムらしい」試合展開で勝利しましたね。
この「日本ハムらしさ」ですが、人によって思っている内容は違う事と思われますが、自分は「中田で得点し、先発が長いイニングを投げて、継投で抑える」というもの。

何よりも「中田で得点」というのが重要。

昨日も大事な場面で犠牲フライによる加点に成功!その前の6回の先制点の場面でもヒットを放って、後ろの近藤選手につなぎ、近藤選手がタイムリー!と、いよいよ打線の「心臓」として本領を発揮しつつあります。

そう、「中田」というと「豪快な本塁打」というイメージがありますが、彼はチャンスにおいて、地味であろうと結果を出してくれる。
清原もホームランのイメージが強いけど、全盛期の清原は、チャンスでソツなく結果を出し続けていました。

それこそ「4番」の信頼感。

 

そうして中田が結果を出した後、吉川投手が7回までを投げ切り、後は継投策。

最近、白村投手というカードが加わり、中継ぎ陣はソフトバンクに決して劣っていません。(クロッタ、頼むぞ!ガラテは?)
そして吉川投手は9勝目を手にし、宮西投手が歴代2位のホールド数、増井投手が12球団最速の30セーブ達成!派手な事をせず、「方程式」通りにやれば記録も伸びることが実証された試合でした。
それにしても、いまや吉川投手が先発、と聞くと安心できるほどになりました。

ここ数年とは周囲の見方も180℃(180度の変換ミスですが、猛暑なのでそのまま掲載)変わってしまいました。いや、彼自身で変えた、と言うべき。

栗山監督は周囲からは異常な「こだわり」と受け取られる選手起用をすることがあります。

大谷の二刀流。先日のホームランは、本当に謝るしかない。

また、なんやかんや言われている斉藤祐樹投手の起用。今年前半は、ストレートに言って「ひどい内容」でしたが、栗山監督は「懲りずに」先発で起用。なんと6回2失点、と、なかなかの結果を出してしまった!こちらも斉藤投手にお詫びしないといけない。

そして吉川投手を先発で起用し続けたのも、栗山監督の「こだわり」。

2013年までは、時折、前年の片りんを見せていた吉川投手ですが、昨年は全く低迷。

若手投手の台頭もあって、一時期、存在感が薄れてしまいました。

星野監督や他の、「外の血」を受け入れることに積極的な監督であったなら、2014年のオフにトレードで放出されていた可能性があります。2012年MVPの実績ならば、大物を獲得できた可能性もある。

でも、もし吉川投手が放出されていたならば、自分を含めた少なくない人数にファンはかなりショックを受けていたでしょう。

そして今年、貴重な左腕エースとして復活!

いよいよ吉川投手が好投した時の代名詞「2012年仕様」という言葉を外すときが来たようです。

年齢的にも脂の乗っている時期。ここから連年活躍し、「2012年だけ特別だった」などという言われかを払拭してくれるはず!

頼むぞ、貴重なサウスポー。

 

最後に、吉川投手のコメントで締めくくりたいと思います。

 

(3年ぶりの2ケタ勝利に王手、について)

「そこがもくひょうじゃない。チームがかてるようにがんばっていきたい」 By みつお