審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

昨日の反省会(8月15日) 「増井」までの「3手手前」の落とし穴

プロ野球では「勝利の方程式」という言葉がよくつかわれます。

強いチームには、「勝ちパターン」があり、この展開に持ち込まれてこの継投策に出られたらまず逆転不可能、と相手に思わせる確実な勝利の方法を持っているかのように思えます。

今年の日本ハムは、抑えに増井という、絶対的な守護神を得ていました。後はそこに至るまでの「数手」をどうするか?

この日は敗戦しましたが、問題点はすぐに修正されました。

 

 

 

 

 

2015年8月15日  日本ハム4-5楽天

 

 

 

 

昨日の先発は、不安要素も大きい斉藤祐樹投手。

ここまで、好投の次は大炎上、を繰り返してきた様を見ていたファンにとって、一度の好投では斉藤投手に期待すべきか悩んでしまう、というのが本音。

しかし栗山監督は斉藤投手にこだわりますね。

その斉藤投手ですが、中継を見ていましたが、内容もなかなか良い!!

キッチリと6回を投げ切ってくれました。2試合連続、なかなか良い、という内容。

先発投手として、期待していいんだよね?斉藤投手。

 

昨日は2点を先制された後に、連続犠牲フライで2点を返す、という展開。手堅い加点に安心感を覚えます。昨日もリードされていても動じる様子は見られませんでした。前日の「方程式」での勝利が自信になっているのでしょうか?(100%推測)

しかし残念なことに、中継ぎ陣が崩れ同点に。何かと気になるクロッタ投手も安打されてしまい、最後の2回でひっくり返されてしまった。「方程式」ならば、手堅く勝利する展開のはずなのに。

先発が最低限を投げ(できたら7回、8回まで投げてほしい)、打線が手堅く点を取り、増井という守護神がいる。
中田、陽の復調により打線が息を吹き返しつつある。田中選手の安定した活躍に敬意を表します。

頭と後ろが決まっているだけに、その真ん中が、現在の課題。

なかなな他チームに自慢できる中継ぎ陣ではありますが、登板過多が心配されています。鍵谷選手の不調も大きい。あと一つ。方程式が盤石になるまで、残るピーズはあと一つ。

8割がた、完成してきているだけに、増井投手で「詰み」に持ち込むまでの、「残り数手」が決まって欲しい。言わば、相手に「王手!」を宣告する投手が出てきてほしい。

白村投手の存在は非常に大きいですね。

いずれにしろ、斉藤投手が安定を見せつつある以上、方程式の完成まであとわずか。

2013年に、おもちゃ箱をひっくり返したようにばらばらだった乱数を、ここまで形にしてきたのは感心してしまいます。

ぜひ、最高の方程式を完成してくれ!!