審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

勇者、市川!(2015年8月20日)

自分はこの時期の日本ハムが、最も強かった、と思うのですよ。

しかも「ここ数年」で最も強かった。栗山政権になってから、一番強かった、と思うのです。

隙なくソツなく無駄がなく。打線も着実に点を取り、継投もピッタリ決まる。

12球団の中でも2番目に強かったと思う。戦い方は王者のそれでした。

思えば栗山監督は、なかなか大変な時期に監督に就任した、と思います。

監督就任直後にダルビッシュが去り、2000年代に栄光を築いた選手たちは高齢化。中心選手の期待のあった糸井選手がキャンプ直前に移籍。否応なく若返りが求められていました。って、これ、一番難しいことじゃないか!

でもそれはある意味、やりやすい、とも言えるかもしれない。

でも、来年の続投要請を受けたことを、実は後悔しているかもしれない。

もし、今年で監督をやめていたら、ひょっとしたら報道ステーションのフルタチさんの後釜に収まっていたかもしれない。

監督、後悔してないですか?監督の才能があるんだから、キャスターの道はあきらめてくれ~!

 

 

 

 

2015年8月20日 日本ハム7-4ロッテ

 

 

 

 

 

 

収穫の多かった今回のロッテとの3連戦。 最後も得るものが多い内容となりました。

昨日もロッテに先制される展開となりましたが、今のチーム状況では1,2点差は苦にならないですね。必ず逆転してくれる、という安心感がありました。

その期待通りに序盤の3回で逆転!しかも中島、田中の連続安打からの得点、と、ここに来て非常につながりがよくなってきました。

さらにその次の回で3点を加点。この段階で試合を決めた、と言っても過言ではありません。 実際、中盤以降の有原投手の投球は、非常に素晴らしいものになりました。

有原投手の真の実力を正確につかんでいるファンがどのくらいいるのでしょうか?

デビュー戦で衝撃的とも言える好投を見せたかと思ったら、次の回ではすぐに降板。 でも、降板した試合でも鋭いストレートが光っていて、とても降りるような内容とは思えないのに、突然崩れる。自滅する、というのが正しいか?ルーキーゆえの苦悩と格闘しているのがわかります。

そして昨日の登板。6回以降は本当に光っていました。面白いように三振を取るし、バットに当たっても凡打にしてしまう。 自信と実力がみなぎる内容でした。

打線も陽選手の4打点と、中盤以降も着実に加点。堅実な展開に安心感を覚えます。いえ、安心しすぎて余裕も持ってしまった。

どのくらい余裕を持ってしまったかというと、ラジオ中継でプレーの実況をせず、観客に注目してしまったほど。 雨が止んだにも関わらず傘をたたまないカップルに対し、ガンちゃんは「どのような事情で傘を閉じないのか」という点に焦点を当てた解説を披露。そっち解説しちゃう?
毎回、ガンちゃんの解説は面白いですね。中継を見ていると、どうしても「中盤で飽きちゃう」という時もありますが(で、終盤からまた見始める)、岩本氏の解説ではそれがないです。これからもどんどん暴走してもらいたい。

そして8回には市川選手が今季一号!! 書き忘れてしまいましたが、前日の主役は市川選手であった、と言っても決して過言ではありません。要所での2塁打が試合を決していました。 昨日も本塁打の活躍! この3連戦通してのヒーローは市川選手と言っても決して過言ではありません。

 

そうしてワンサイドな展開となり、このまま有原投手が抑えてくれるだろう、と思っていた9回。突如として乱れてしまいます。

どーしたの!!それまで連続して3者凡退に抑えていたのに!!

おそらく、試合終了後に「東京の凄い所」に飲みに行くことを考えてしまったか?

ヒーローインタビューにて「完投の感想は?」と聞かれたときにどう答えようか、と考えてしまったか?

「これで完投したらスポーツ新聞の一面にのっちゃうな。どうすんの?オレ!」 と、舞い上がってしまった可能性があります。

しかしそうは問屋が卸さない。ロッテ打線が気持ちが緩んでしまった新人とガンちゃんに、キツイ教訓を伝授。

ロッテの方々、有原投手に「プロの怖さ」を教えてくれて、ありがとう!一刻も早く親会社の「大人の事情」が解決することを願います。

これで4連勝! なんとあと一歩でソフトバンクのマジックを消滅させる段階に来ているのだとか。

大きな連勝こそないけども、日本ハムはしつこく追撃していますね。むしろマジックが点灯してからの方がどっしりと構えて試合をしているように思えます。実際、貯金も18に!!

オールスター後、チームからはどこかチグハグな印象を受けました。ソフトバンク戦に至ってはガチガチでしたね。

今季、強くなったとはいえまだまだ若いチーム。成績上では好調でも、かつての勝負強いチームと違うんだなあ、と実感しましたが。 ただその後の戦いぶりは、開幕直後の勢いに任せた展開でもなく、玄人っぷりを感じてしまう内容。 開幕直後の7連勝は、ひたすら打線の勢いに乗っていた部分が強かったけども、今は過剰に打線の波を感じません。 一年を通して、「役割」が明確になってきたようですね(素人推測100%)。

各選手の数字上の成績はソフトバンクに劣っても、的確な役割分担を行えば、ソフトバンクに十分伍していける、というのが証明されています。

一時はあれだけ遠くに見えたソフトバンクの背中でしたが、再びその輪郭がおぼろげながらも見えてきました。別に意識していたわけでもなく、むしろ変に意識しなくなったのが良かったかもしれない。

選手の頑張りによって、もう一度、チャンスが近づきつつあります。

でも、この「死のロード」を通して、どうやって戦うべきか、実感しているはず。

今度は浮足立つことなく、戦ってくれると信じています。

 

今日のオリックス戦、頑張ってくれ!!