審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

岸VS日本ハム 第3ラウンド(2015年8月25日)

ローテーションの巡り合わせというのは面白いもので、今年は西武のローテーションと日本ハムの対戦が一致した模様。

今年3度目の岸との対戦となりました。

これまで岸相手に大谷を投入して1勝1敗という日本ハム。しかしほぼ完ぺきに抑えられていました。

来年以降も必ず日本ハムの前に立ちはだかるであろう、エースに対し、大谷抜きで勝利できるのか?

しかしチームには、メキシコから来たあの男がいた!

 

 

 

 

2015年8月25日 日本ハム2-0西武

 

 

 

 

過酷な日程の続いた8月も、ついに最後の6連戦。

相手は3位の西武。
西武と日本ハムは、オールスター後、大きく明暗が分かれてしまいましたね。

前半戦終了間際の西武打線は、ソフトバンク以上の脅威でした。

ほんと、一時期、報道でも2チームばかり注目されていて日本ハムは存在しないかのようでしたし(苦笑)。

実際、西武打線は機能すればリーグどころか12球団でも図抜けた破壊力を持っています。

しかしチーム作りというのはうまくいかないものですね。

あちらが立てばこちらが立たず。投手陣がイマイチ。特に抑えの高橋投手の急落ぶりは、西武にとって大誤算だったでしょう。

そしてこの日の先発、岸投手が勝ち星に恵まれないのも誤算の一つ。

これまで日本ハムは岸投手と2度対戦してきましたが、どちらも圧巻の投球を見せつけられましたし。

そんな岸投手の対抗馬とされたのは、昨年に続いてローテーションの柱の一つとして欠かせない存在となったメンドーサ!!
この日は奥様とカワイイ赤ちゃんも観戦。

試合ですが、メンドーサが期待通りの好投!岸投手に負けない内容でした。

一方の岸投手ですが、こちらもかなり良い内容でしたが、日本ハムは散発的ながらも安打で出塁。

陽選手が効いていましたね。猛打賞ながら得点に絡んではいませんが、常に安打してくれたことでこの日の岸投手は決して打てない相手ではないんだ、とチームに示し続けてくれます。近藤選手も地味ながらも活躍。

好投されているものの、手がかりが残されていました。

そして4回、これまた日本ハムに彗星のごとく現れた「若手」石川慎吾選手が貴重なタイムリー!!

ほぼ固定したメンバーの9番から5番、流動的な5番から8番、と、今年の打線は相手投手や選手の状態によって可変可能な打線になっています。

この石川選手が挙げた2点。たった2点ながらも、これまで岸投手の好投を見せつけられてきた日本ハムにとっては大量点に等しい。

この虎の子の2点をメンドーサが守り切ってくれました。

そして7回からは鉄壁リレー!

相手が相手だけに大量得点が期待できない中、安定した展開を実現しました。

難しい相手でもドシッと構えた試合運びでしたね。

 

これで日本ハムは貯金20。おいおい、本当はすごい数字なのに、相手のソフトバンクは貯金40に迫ろうか、という段階。

決して落ち込まず、今の地に足のついた戦いをしてほしい。

いよいよソフトバンク戦が見えてきた!戦う準備はできていますか?