審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

本棚通信  マンガ本の御紹介 ② 極上のサスペンス作品

今回は、日本で広く人気のあるアクション&サスペンス作品の御紹介!

手に汗握って、感動する、そんなマンガの基本を実感させてくれるはず!

 

 

 

1、MASTERキートン   浦澤直樹  小学館
考古学者であり、敏腕保険調査員であり、イギリス特殊部隊SASに所属していた過去をもつという、かなり変わった経歴を持つ主人公のお話。
保険に関する事件の調査がお話のメインですが、毎回ただの推理劇にとどまらず、国際情勢や歴史、考古学、軍事知識やサバイバル術など、様々な要素が登場、自然な形で絶妙に絡まり、非常に奥深くそれでいて感じ入ってしまうストーリーが展開されます。
歴史知識がなくてももちろん読めます。というよりも、この作品を読むことで歴史や考古学への興味がかき立てられてしまいます。また、サバイバル知識もかなり興味深く紹介され、「スーツは実は暑いときに役立つ」という豆知識を、この漫画のファンなら全員会得しています。

各話どれも素晴らしい内容なのですが、院長が一番好きなエピソードは、イギリスにてウイスキーの銘柄を調査していくと、悲しい歴史に直面し、さらに追及すると、なんと日本の天狗伝説に行き着く、というもの。その展開の無理の無さとスリリングさ、そしてラストの納得感は秀逸の一言。

以前、藤子不二雄の作品を取り上げた際、「科学への扉」とご紹介いたしましたが、こちらはいろいろな事への興味の扉を開いてくれること請け合い。非常に自然な形で好奇心をかきたてられます。
待ち時間の間、ハラハラドキドキ、それでいて「得した」気持ちになる読後感を味わってみてください。

2、MONSTER      浦澤直樹   小学館
ドイツにて医師として働く日本人テンマは、満ち足りているはずなのになぜか違和感を覚える日々を送っていた。ある日、上司の命令に逆らい、殺人事件の生存者である少年を助けたことから、彼の人生は数奇な世界へと導かれる・・・・。

こちらは国際的にも有名なホラーサスペンス。冷戦終結後のヨーロッパの国際情勢を背景に、先の読めないストーリーが展開されます。長編作品ながら、一気に読みたくなる魅力があります。
この作品の特徴は、実に多くの伏線が張り巡らされていること。様々な人物が登場し、無関係に思えたことが、思わぬところで繋がったり、その人物の正体を知らされたり。そしてそれら伏線のすべてがラストにて一つになります。実に巧妙に仕上げられたお話しです。

1人の殺人者と決着をつけるべく、テンマの執念の追跡と逃走が始まる!

 

今回は漫画の御紹介でした。小さいころよく「漫画ばかり読んでないで勉強しろ!!」と言われたことはありませんか?漫画といえば、まだまだあんまりよろしくないイメージがあるのかもしれません。

でも、今年、本棚の本の選定の際に迷ったことがあります。小さいお子さん(小学校低学年くらいまで)は、絵本などで喜んでもらえますし、成人の方は料理の本やそれ以外の本、活字の本をご用意できます。でも、小学校低学年から高校生くらいまではどんな本がいいのだろうか?
絵本を読む世代でもないし、かといって活字もなかなか近寄りがたい(自分の経験から、で申し訳ないですが。)。で、考えてでた結論は、「読み応えのある漫画」でした。

今後は、小さいお子さんには絵本などを、高学年には「読み応えのある漫画」を、成人の方には活字や料理の本など、色々な本を、という風に、バランスよく本をそろえていきたいと思っております。