審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

網走監獄

「網走刑務所」と言えば、全国的には高倉健さんの名前が挙げられると思います。

高倉健さんの「網走番外地シリーズ」のおかげで網走の知名度は急上昇しました。

任侠映画の世界では「仁義なき戦い」の広島と並ぶ「メッカ」とも言える網走。

その網走刑務所も、開国直後の日本の対外政策として建設されました。

今回は、網走刑務所誕生の様子をお話しいたします。

 

 

 

 

これまでお話ししてきたとおり、北海道は徳川幕府の末期からロシアの進出の対象とされていました。

この段階でロシアはサハリンはもとより、すでにカムチャッカ半島にまでその圏域を広げていました。当然、北海道が次に視野に入っていました。

幕末から幕府もロシアの脅威を認識し、北海道の領有を本格化させます。

そして戊辰戦争の勝利によって幕府に変わった新政府も、同じ認識を持ちます。

開国はしたものの、日本の四方から欧米列強が迫っていたのでした。

しかし新政府の統治も、その初期の段階では混乱の繰り返しでした。

新政府に不満のある士族の反乱が相次ぎ、前回、お話しした、札幌の建設に大きく貢献した旧佐賀藩士・島義勇も佐賀の乱に加担。それ以外にも秋月の乱、萩の乱など、治安を揺るがす反乱が頻発します。

そして1877年には西郷隆盛が反乱を起こし、西南戦争が勃発。

これらの士族の反乱は、全て鎮圧されます。

 

そうして新政府の体制が強固になる一方、一連の乱によって反乱側に属して逮捕された士族や征韓論にまつわる政治犯が急増。新政府はその収容に苦慮し、当時の刑務所は全国的に収容人数が過剰な状態となってしまいました。

 

これら逮捕された「反乱兵」や政治犯をどうするか? 新政府は新たな問題を抱えてしまいます。

 

そして北海道に注目が集まります。

すでにロシアの脅威にさらされ、開発が急務だった北海道ですが、労働力が不足していました。

そこで新政府は北海道各地に集治監を設置して、過剰な囚人を移送し北海道の防衛と開発に使役しようと計画しました。そして刑期を全うした後、彼らが北海道に住み続ければ、北海道の人口増加策にもなる、と考えていました。

その計画の下、明治14年、石狩の月形町に樺戸集治監が、明治15年、空知の三笠に空知集治監が、明治18年、根室地方の標茶町に釧路集治監が建設されます。

そして明治23年、釧路集治監の分監として網走囚徒外役所が建設されます。当時の網走は人口600人の漁村だったそうです。
このように、明治期の北海道内の監獄、網走監獄は、殺人などの凶悪な犯罪などを行った囚人が収監されたわけではなく、当時の歴史的背景によって「反乱側」とされた人たちが主に収監されていました。

 

網走監獄の囚人が使役された工事として地元で有名なのは、中央道路開削工事、です。小学生の頃の授業でならったような。

中央道路とは道央とオホーツク地方を結ぶ道路のこと。この「中央道路」は当初、十勝、釧路を結ぶルートとされていましたが、ロシアに対する国防が優先され、北見、網走、釧路へと至るルートに変更されました。

網走から北見峠へと通じる「中央道路」の建設は、非常に過酷なものとなりました。

札幌から旭川まではたいした地形もなく、現在では高速も片側2車線で結ばれています。

ところが旭川から稚内などの道北地方やオホーツク地方に行こうとすると、険しい自然の地形に阻まれます。

なんせ大雪山が鎮座しているところを横切ることになるので。

北見峠には現在、国道333号がとおっていますが、かなり大変な道です。
もちろん現代的に綺麗でしっかりした国道になっているのですが、かなりカーブが多い。そして高低差もあります。北海道の峠の中でも険しい部類。疲れてしまいます。

で、この現代でも険しい峠道を、なんと一年間で造ってしまいました!

ええ、現代でも不可能な時間です。

この工事のために網走監獄の囚人は昼夜を問わず駆り出されました。

網走付近には湿地帯もありますし、オホーツク地方は釧路の根釧台地、十勝の十勝平野と違って大地の起伏も激しく、厳しい自然条件で工事が強行されます。途中では熊も出没する事態に。

脱走する囚人もおり、囚人たちは2人組となって足首に鉄の鎖がはめられました。また脱走した者はすぐに看守によって斬首となり、逃げおおせたとしても深い森の中ではどうすることもできず、死を待つしかありませんでした。

そして工事現場が大雪山の険しい地形の中になるにつれて食糧の補給も困窮し、栄養失調により死亡する囚人が続出。また、厳寒の冬季でも労働に駆り出されたとのこと。オホーツクの冬は、本当に寒いです。マイナス20度当たり前。

この時の労働状況から「タコ部屋労働」という、悪名高き労働形態が完成した、とのこと。

このタコ部屋労働ですが、労働者への体罰、リンチも行われていた、とのこと。なんせ誰もいない、山中の労働現場のこと、無法地帯と化していたそうです。

過酷な労働や栄養失調で亡くなった囚人は、その場で埋葬され、埋葬地には足首につけられていた鎖が置かれました。人々はいつしかそれを「鎖塚」と呼ぶようになりました。

ちなみにこの「鎖塚」は、地元の近くにあります。心霊スポットとして有名です。中学の頃にギボ愛子さんが来て「囚人が苦しいと言っている」と発言していました。

 

脱線ついでにお話しすると、北海道最強ランクの心霊スポットである「常紋トンネル」も、網走監獄の囚人の使役こそなかったものの、タコ部屋労働は変わらず。そして倒れた労働者は体罰を受けた後に、現場近くで埋葬された、とのこと。1970年台にトンネルの補修工事が行われた際、壁面から60センチほど地中にて頭部に損傷のある人骨の頭部が発見されました。

 

 

とにかく、人語を超えた過酷な労働によって、中央道路は完成しました。

 

また網走監獄の囚人は他にも、空港や鉄道、公共施設の建設に使役されます。

当時の網走監獄は、まるで行政を担う場所のようであったそうで、監獄の責任者が地域の行政長官であった、といっても過言ではありません。土木を行う労働力と予算を握っていたそうです。

 

 

ただ、これらの工事によって人権問題が叫ばれるようになり、1894年に、網走監獄を含む囚人の使役が終了することとなりました。

 

日本政府がロシアへの切迫した脅威に対して威信をかけて計画し、多くの囚人たちの命のもとに完成した「中央道路」はその後の昭和の時代に至っても大動脈として活用されます。しかし10年ほど前に北見峠の難所を無視して山中をまっすぐ貫通する高速道路が完成。それと同時に「中央道路」の交通量も大きく減りました。

 

 

網走監獄は北海道開拓において重要な役割を担っただけではなく、開国間もない日本の欧米列強に対する外交方針を体現しています。