審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

札幌100景  JRタワー展望台からの札幌夜景

今回の札幌市内の名所を巡る企画もこれで最後。

トリは個人的に北海道の夜景ベスト1のJRタワー展望台からの夜景をご紹介。

 

数年前、JRタワーからの夜景を見たとき、それまでにない感動を覚えました。

 

ここまで北海道の開拓についてお話ししてきましたが、それらの努力が170年後にどのようになっているのか、確認できる場所、と思います。

 

それでは早速、ご紹介。

 

 

 

IMG_0093

展望台へは札幌駅のステラプレイス内にある専用エレベーターで移動します。

 

展望台があるのは最上階。テレビ塔よりも30m高い、173mの高さにあります。

 

扉があいた先に広がっていた景色は・・・・・。

 

 

 

 

IMG_0097 IMG_0096 IMG_0099 IMG_0103

 

ご覧ください!一面の光に絨毯!!道は街路によって縁どられ、ビルの灯りが明滅しています。

 

 

 

IMG_0094 IMG_0098

この画像をご覧ください。碁盤目状の光の直線が、自分のいるところにまっすぐ迫ってくるような錯覚。

自分が巨大な電子回路の中心に立っているかのよう。

 

 

IMG_0100

こちらも点状の光が乱舞しています。

 

 

IMG_0102 IMG_0101

まるで映画「マトリックス」の世界を彷彿とさせます。緑やオレンジの光彩からはサイバーパンクな感じも受けますね。

 

 

 

IMG_0106

これは南側の夜景。やはり格子状の光の直線がこの場所に向かって来ています。

 

 

 

IMG_0104  IMG_0107

 

ハリウッド映画の近未来都市を彷彿とさせます。

 

 

IMG_0105 IMG_0108 IMG_0109

光の直線は、無数の街灯や車のライトなどで描かれています。

 

 

IMG_0111 IMG_0112

映画「トロン」の世界を連想させます。目に見える景色、全てがデジタルで成り立っているかのようです。

 

 

 

IMG_0118 IMG_0119

これは西側の夜景。やはり直線が迫っていますね。

 

 

 

IMG_0121 IMG_0122

本当に真っ直ぐ!札幌建設に心血を注いだ島義勇は、京都、佐賀をモデルに碁盤目状の街路を計画しました。それが今でもはっきり残っています。

 

 

 

IMG_0124

円山方面。高層マンションが林立しています。

 

 

 

IMG_0123

そして大倉山ジャンプ台。札幌の街のモニュメントになっていますね。ジャンプ台が街の象徴、なんて世界でも札幌だけだと思われます。

 

 

 

IMG_0128

そして「あの建物」も見えています。

 

 

 

IMG_0129

、そう、テレビ塔です。全身オレンジのロウソクのようですね。札幌を滔々と明るくしてくれています。

 

 

 

IMG_0130

右手にはススキノがあります。

 

 

IMG_0125 IMG_0120

これは新川方面。札幌でも郊外の方ですが、しっかり見えます。なんだか地球から遥か彼方の銀河系を見ている気分です。

 

 

 

IMG_0131

で、展望台にはバーがあって、夜景を見ながらワインなどをいただいてしまいました。

 

 

 

はっきりいって、オススメスポットです。視界に入る夜景の巨大さに圧倒されます。

どのくらい巨大か、というのはなかなか言葉では伝えられない。で、以下の画像を用意してみました。

 

 

 

IMG_0127 IMG_0115

わかります?

展望台の窓はそうとう大きいのですが、それを埋め尽くす勢いの夜景の大きさ!見ている人を呑みこんでしまいそう。

 

ぜひ、この夜景を見てください。圧倒されます。

 

 

 

IMG_0117

これまで数回に渡り、北海道開拓のお話をしてまいりましたが、最後の画像が上のもの。

かつて「世界一の都市をつくる」と誓った島義勇は、この景色を見てどのように思うのでしょうか?

 

開国間もない極東の小さな国が、国家の威信と存亡を賭け、監獄の囚人やタコ部屋労働などの多大な犠牲を払い、その過程で多くの優秀な人材を輩出した北海道開拓の歴史のお話し(かなり端折っていますが)は、ひとまずここまでとさせていただきます。

 

ここまでご紹介した画像や場所は、すべて札幌市内の徒歩圏内にあります。夜間でも気軽に170年の歴史をたどることができますよ。

ぜひ、北海道の開拓史を体験してみて下さい。

 

 

 

おまけ

 

おまけとして、有名な展望台の男子トイレをご紹介。

 

 

IMG_0134

どうですか!なんともゴージャス!!!

 

 

IMG_0135 IMG_0136

尿意から解放される安堵感を、100万ドルの夜景と共に堪能してみて下さい。

 

 

 

・・・しかし長引いた企画の割には終わり方がお粗末でした。すんません。