審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

永遠の高級列車「トワイライトエクスプレス」(2015年3月14日掲載)

北海道と本州を結ぶ寝台列車は、どれも人気が高くチケットの購入もなかなか難しかった。

そんな中、日本でも最もチケット入手が難しいとされた、札幌と大阪を結ぶ寝台特急「トワイライトエクスプレス」もまた、北の地から去っていきました。

独特の深い緑のフォルムは、欧州の高級列車を感じさせ、内装の豪華な装飾は、高貴な気品を漂わせていました。

日本でも最も「品格」にこだわった列車とされたトワイライトエクスプレス。

スピードが重視される現代の日本の交通事情の中、速達性をあえて捨て、「目的地に着くまでの時間を、如何に贅沢に過ごすか」のみを追求した列車の最終地点に北海道が選ばれたのは、光栄の極み。

トワイライトエクスプレスは、「北海道までの時間」を高級なものとしてくれた功労者。「北海道プレミアム」の価値を高めてくれた存在でした。

 

ありがとうトワイライトエクスプレス。また北海道にやってくる日が来るのを願います。

 

 

 

 

 

 

先日以来、寝台列車の引退に関するニュースが、全国的に取り上げられていますね。
まず、国内でも最高峰の豪華列車であった、札幌と大阪を結ぶ「トワイライトエクスプレス」の引退。
その内装や寝室、食堂車、ふるまわれる食事、と、全てにおいて国内最高レベルであり、全国的にも人気のある列車でした。

そして、北海道からは縁遠く感じてしまう「関西」とを結ぶ路線。

生粋の道産子ならば、北の最果ての札幌からだと、なかなか関西地方に親近感を持ちにくいものです。もちろん、関西からやってきた方々は別の感覚をお持ちと思います。
昨年まで、関西御出身の方とお仕事させていただいていたのですが、うらやましかったですね。自分の慣れ親しんだ地域から離れて過ごしてみたかったなあ、と。
そんな、どこか遠い「異国」と感じてしまう関西。汽車は飛行機に比べ、ノロノロと向かうのですが、その時間的な遠さや、途中の景色の変遷などもまた、「異国気分」を盛り上げてくれます。

自分は一度だけ、トワイライトエクスプレスに乗ったことがあります。高校の修学旅行で。

乗車直後、北海道の見慣れた夜の田舎風景を見た後に就寝。朝起きると驚きました。
関西の「田舎」風景ではありましたが、どこか違う。なんだか屋根が輝いている!
あの時初めて、「屋根瓦」を見たように思います。北海道独特の赤や青のトタン屋根(今では珍しくなりつつありますが)ではなく、黒みがかって光沢のある屋根瓦を見たとき、同じ日本でも、ここは北海道とは別の場所なんだ、と実感しました。

たった一晩で、どこかに「ワープ」したような感じがしました。

飛行機では味わえない、汽車だけの独特の感覚と思います。

日本はつながっているんだ、と実感するには汽車旅こそ最適。

そしてトワイライトエクスプレスと同時に、札幌と東京を結ぶ寝台列車「北斗星」も引退。

こちらは大阪よりはまだ近い感じのある東京が終着駅。
同じく「豪華列車」の部類ではありますが、親近感もありました。

それだけに、「まあ、いつか乗るか」と考えていました。

学生時代から今に至るまでに、何度も「じゃあ、北斗星に乗るか」と考えてきましたが、一度も実行できていません。

「で、東京に行って、何をする?帰りは?」と考えが進んだところで終わっていました。

でも、今、心底、後悔しています。

東京に行って、何をする、なんでどうでもよかった。

「北斗星に乗る」という事自体が最大の目的であり、レジャーでした。

東京に着いたらその足ですぐに羽田に向かって、飛行機で帰ればよかった。それだけの事なのに、「せっかく東京に行くのだから」という余計なことにとらわれ過ぎていました。

これも引退が間近になってから痛感したこと。正直、1月の段階ならば、ハワイよりも北斗星に乗りたい、と考えていました。

いつも身近にある、と思っているものでも、いずれ終わりが来るんですね。

今更ながら、鉄道好きの中で知られる「鉄路と女性は、なくして気づく」という言葉を身に染みています。

 

若い人よ、「いつかやろう」とか、「いつでもできるさ」なんて言葉で先送りにし過ぎない方が良い!最大のチャンスを逃してしまうかもしれない!!
「わざわざ寝台列車に乗るためだけに、時間とお金を使ったさ」という、どこかすっきりした後悔と、「もうずっと、北斗星に乗れないのか」という後悔では、同じ後悔でも内容が違いすぎる。
改めて、さようなら、トワイライトエクスプレスと北斗星。いつか復活する日を待っています。札幌駅で。