審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

さよなら海峡線 その3 トンネルを超えると、そこは津軽だった

「はまなす」とのお別れの夜なのに、ビールのせいで爆睡してしまった院長。

しかし早起きの習慣ののせいで、まだ車内が暗いのに目が覚めてしまいます。

そして窓から外をのぞいてみると、そこに広がっていたのは・・・・・

 

 

 

IMG_0203

津軽だ!!本州に上陸した!!!!

 

 

IMG_0209

まだご覧の時刻。

 

 

IMG_0204

車内は暗かったですね。

 

 

 

IMG_0208

でも、通路側は朝日で明るくなっていました。

 

 

 

IMG_0206 IMG_0207

そして津軽半島の朝焼け。きれいなワイン色でした。

 

 

 

IMG_0210

街が見えてきました。

 

 

 

IMG_0211

ここは蟹田駅。

人口約6000人の外ヶ浜町にある駅。

 

 

蟹田駅発車後、ボーっと車窓を眺めていました。すると・・・・

 

 

IMG_0212

海だ!!海が見える!!

おそらく青森湾。青森は二本の大きな半島が印象的な地形をしていますが、その半島に囲まれた湾を、大きく陸奥湾といいます。その陸奥湾も、真ん中の夏泊半島で東西に仕切られ、西を青森湾、東を野辺地湾となっています。津軽半島を南下中だから、これはおそらく陸奥湾か青森湾。

 

 

IMG_0213 IMG_0214

朝焼けが映える、とても静かな海でした。

 

 

 

IMG_0216

そして海岸部が遠ざかっていき・・・・・・

 

 

 

IMG_0218

ついに青森市街地へ。

 

 

 

IMG_0245

そして青森駅到着。院長、青森初上陸です。

 

 

 

IMG_0220

機関車は函館からED79形に変わっています。ディーゼルではなく電気機関車です。

 

 

 

IMG_0221

はまなすのエンブレム。もうすぐ、見ることができなくなります。

 

 

 

IMG_0222

長大な編成ですね。

 

 

 

IMG_0224 IMG_0225

青函トンネル内を運んでくれた両車両。今まで本当に、お疲れ様。

 

 

IMG_0226 IMG_0227

そして我が人生最後のブルートレインでの旅も終わり。

 

 

 

IMG_0228 IMG_0229

もう、痛々しいばかりの外装。ボロボロになるまで人々を運んでくれました。

引退までもうすぐさ。頑張ってくれ!!!

 

 

 

IMG_0230

 

引退を惜しむファン満席だった、はまなす。いよいよ本当にお別れ。

 

 

 

IMG_0236 IMG_0237

進行方向の反対側にはDE10形の電気機関車が!

そう、青森駅も函館駅と同様の頭端式駅。そのため、進行方向が反対になります。

 

このカラー、好きだなあ。銀河鉄道999にも、こういうカラーリングの車両がありましたよね。

 

 

 

 

IMG_0238  IMG_0244

勇壮な姿。SLとは違った力強さを感じさせます。

 

 

 

IMG_0247 IMG_0249

 

跨線橋から。

奥には津軽海峡があります。この位置からは見ることはできませんが。

 

 

 

この28年間、札幌と青森を結んできた急行も、ついに引退。

そして、「寝台列車」という鉄道文化がまた一つ、失くなります。

さようなら、はまなす。

 

 

後ろ髪を引かれながら、ホームを後にしました。