審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

☆オホーツク★ 知床

コムケ湖から南下してご紹介してきたオホーツク地方の地理ですが、いよいよ世界遺産の知床に至ります。

知床は、知名度は全国区ですね。

しかし世界遺産に登録前までは、「演歌の場所」というイメージが強かったのではないでしょうか?

実は知床は、自然においても重要な場所です。

これまでご紹介してきた地理、自然の結実点とも言えます。知床を訪れる際は、ぜひ、その周辺の地理もご覧いただきたい。すると知床の自然をより深く知ることができますので。

 

 

 

 

IMG_1493

これは網走近郊から海を挟んで望んだ知床半島。薄いシルエットのようなものが海に浮かんでいますね。

 

 

 

IMG_1494 IMG_1495

アップ画像。蜃気楼のようにも見えます。なお、斜里から時々、蜃気楼が見えるそうです。

 

では知床に近付いてみましょう!

 

 

IMG_1505

これは知床までの道中に見えてくる斜里岳です。

斜里岳は雄大です。また、北海道の山に多い「多くの山が集まっている」地形ではなく、独立しています。

こういう山って、なかなな珍しいですよね。道内では自分のわかる範囲では、利尻富士や駒ヶ岳、羊蹄山かな?

斜里岳はなかなか壮観な山です。また近くには海別岳もあります。

大雪山から始まる道東の山地は東部に向かい、斜里岳、海別岳、知床連山を経て知床岬で終結します。

 

 

 

IMG_1509

これは、以前、日本ハムの記事でもご紹介した通称「カメ岩」。かなりでかいですよ。

 

 

 

 

 

IMG_1510

そして知床横断道路へ。かなりの絶景が広がるのですが、画像は少ないです(苦笑)。

これは黒岳。間近に見えます。

 

 

 

 

 

IMG_1512

知床峠から東を望んだ景色。

海の向こうに広がる陸地は国後島です。道東では、その存在を大きく確認できます。

 

 

 

では続いて、冬の知床の御紹介。

 

 

 

 

IMG_2000

荒れた冬のオホーツク海。海の彼方に山々があるのがわかりますか?

 

 

 

 

IMG_2002

こちらはおそらく海別岳。

 

 

 

IMG_2001

そして知床連山です。

 

正直わかりづらいですね。

 

 

 

 

IMG_2011

ちなみにこちらは冬の斜里岳。雄々しいでしょ?冬でも迫力があります。

 

 

 

さて、冬は知床横断道路は雪に閉ざされて不通となるため、知床の自然をみることは困難。なお、ウトロの温泉街は年中やっています。しかもお正月は閑散期(らしい)。ここまでブログを読んでいただいた方なら、冬こそねらい目、とお分かりのはず!!

 

 

そして冬の知床を楽しむことができる場所が、網走近郊にあります。

 

 

 

IMG_3125

こちら、感動の径。今回は冬の画像ですが、夏でも絶景があります。

 

 

 

 

IMG_3121

ご覧のように、知床がはっきり見えます!!

 

 

 

IMG_3122

本当に広い範囲が見える、お勧めスポットです。

 

 

 

 

IMG_3124

知床連山のアップ。地図上では狭い半島にしか見えませんが、実は険しい地理となっています。

 

 

 

 

 

IMG_3123

斜里岳も見えます。

 

 

 

IMG_2012

これは斜里近郊から望んだ知床連山。斜里まで来ると、知床の存在を大きく感じます。

 

 

 

 

 

IMG_3126

 

感動の径は、東オホーツクの自然環境を一望できるスポットです。

なかなか道東でも珍しい。険しい地形と平地が同居しているオホーツク地方ならでは、の風景が楽しめます。

網走からも近いので、ぜひ、行ってみよう!!