審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

細胞乗っ取り作戦 ピロリ菌 その1

続いてご紹介する細菌は、こちらも有名なピロリ菌です。

それも皆さんご存知のピロリ菌とは、「ヘリコバクター・ピロリ」と呼ばれるものと思います。以下、「ピロリ菌」と述べる際は「ヘリコバクター・ピロリ」を指す、とさせていただきます。

 

ピロリ菌はうねうねとしたラセン状の形をしており、なんと胃酸がある胃の過酷な環境の中で定着してしまいます。

ピロリ菌に感染すると、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを発症させ、慢性化すると胃癌などへと発展する可能性があります。

多くの場合、幼少期に不衛生な水を飲む事により感染することが多い、とのこと。また、保菌者の親が、幼児期の子供に口移しで食事を与えることで感染する可能性が示唆されています。

癌などのリスクが高まるのは幼少期にピロリ菌に感染し、胃にピロリ菌が定着してしまった場合で、成人になってからはじめてピロリ菌に感染しても、一時的な胃炎などが発生するだけで、ピロリ菌が胃に定着することはない、とのこと。

一時はヒトのほとんどが感染している、と言われていたピロリ菌ですが、戦後、先進国で水道水などの衛生状況が改善されるにつれ、感染者が減少傾向にある、とのこと。

実際、統計上では団塊の世代以上ではピロリ菌の感染率が高いのですが、上・下水道などが整備され、良好な衛生環境で育った若い世代では低くなっています。

で、予防法はまだわかっていない、とのこと。ただ、上記のように衛生状況が改善されている現代においては、あまり過剰に心配する必要はないかもしれません。ただ、ご家族の中に保菌者している方がいる場合、お子さんへの口移しなどは注意が必要かもしれない、とのこと。
なお、キスなどでは感染する可能性は低い、とのことで、小さいお子さんとの直接のふれあいまでは否定されておりません。

また、感染してしまっても、食品などにはピロリ菌を抑制するものもあるそうです。そのお話をすると違う方向に行ってしまうため、ここではここまで。ちなみにヨーグルトもその食品の一つに挙げられていました。やっぱりヨーグルトって、胃腸にはいい働きをするのかもしれません。

 

ここからは深いお話しになっていくのですが・・・。

ピロリ菌は上記のように、胃酸のあふれる胃の中で生き続けることができてしまいます。

胃酸のPHは「1」で、胃はこの胃酸によって、極めて過酷な酸性環境となっています。この強酸により、あらゆるものが消化されますし、胃に侵入してきた細菌はほとんど胃酸によって消化されてしまいます。なお、細菌の感染ルートは胃に直接侵入してくるルート以外にも多様に存在するため、胃酸だけですべての感染症を防ぐことができるわけではありません。

さて、この強酸環境の中、生き続けることができるピロリ菌ですが、なんでこんな環境でのほほんと生活できるのか?

胃の粘膜の最も外側(胃酸などで食物を溶かす側、胃袋の内側)には粘膜上皮細胞が並んでいます。この粘膜上皮も丈夫な構造ではありますが、なんせ接しているのは胃酸の海。この強酸に触れてしまうと、粘膜上皮細胞自身が溶かされてしまう恐れがあります。人体が、自分で分泌した物質に自分の細胞が溶かされてしまう、という矛盾した現象が起こってしまいます。それを防ぐため、粘膜上皮細胞から粘液が分泌されています。

この粘液は粘膜上皮細胞の表面にある程度の厚さで保護層、一種のバリアを形成し、人体が自分で出した胃酸に自分自身が溶かされてしまうことを防いでいます。

大抵の細菌は胃酸で溶かされてしまうので、この「バリア」まで到達する事自体、非常に困難なのですが、ピロリ菌はなんと、このバリアに到達してしまいます。しかもこのバリアの中を遊泳し、粘膜上皮細胞の表面に付着してしまいます。

胃酸ですらかなりの強酸ですが、このバリアの下である粘液自体もかなりの「強酸」です。

しかし、この強酸の環境で、ピロリ菌は生活し続けてしまいます。

なんでそんなことが可能なのか、というと、ピロリ菌の持つ「ウレアーゼ」という酵素に秘密があります。

ピロリ菌は、細菌本体の表面にウレアーゼが存在しています。このウレアーゼが粘液中にある尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解します。このアンモニアは弱アルカリ性のため、酸性環境を中和することができます。このように、ピロリ菌はウレアーゼを使って自分の周囲の酸性を中和することで、自分が生活するスペースを確保しています。

またウレアーゼには他のピロリ菌を呼び寄せる効果があるため、次々と周囲のピロリ菌たちが集まり「コロニー」を形成します。このコロニーが感染巣となっていきます。

こうして酸性環境から身を守り、仲間と一緒に生活することでピロリ菌の生活の場は安全となり、増殖を始めます。

 

ピロリ菌が人体を攻撃する手段はいくつかあります。

一つは、上記のように感染巣を形成することで、人体防衛のために白血球が集合してきます。そして白血球は原因菌攻撃のために過酸化水素を放出するのですが、ピロリ菌が酸性から身を守るために分解して生成したアンモニアが、この白血球の武器である過酸化水素を分解してしまい、なんと人体に有害な物質に変えてしまいます。この物質が胃の細胞を攻撃して胃壁に傷ができ、胃炎や胃潰瘍を引き起こします。ヒトの免疫反応が逆手にとられてしまいます。でも、こういった人体攻撃の仕方は結構、あります。歯周病も重症期になると、白血球が発射する攻撃兵器が強力すぎて歯の周りの骨を攻撃してしまう、という現象が起こります。白血球によって骨が溶かされてしまうと、歯を支える骨がなくなることで歯がグラグラしてしまい、虫歯でなくても歯が抜ける、という結果に至ってしまいます。

2つ目は、ピロリ菌自身が持つ様々な毒素によるもの。
ピロリ菌は、「細胞空砲化毒素」や細胞を分解する酵素を持っており、それらが胃の細胞を直接攻撃すると言われております。

 

そして3つ目が、今回のテーマである「乗っ取り作戦」です。

次回、お話しいたします。

 

 

 

 

なお、ピロリ菌の酸の中和作用は、胃酸過多を防いでいるため、ピロリ菌とヒトとは共存関係にある、という考えもあるそうですが、共存のメリットとデメリットを比較した場合、メリットの方が大きい、とは確定していない、とのことです。