審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

細胞乗っ取り作戦 細菌同士も戦っている!!

さて、これまでは「侵入者」である細菌と、人体との戦いをお話ししてまいりました。

 

細菌たちが人体に侵入した際、免疫は非常に手ごわい敵、となります。

 

しかし侵入者が争わなければならない相手は、「免疫陣営」の細胞だけではありません。

人体には口腔を始め、腸内などに膨大な数の細菌が生息しています。

健康時において、大半は悪さをしない善玉菌で、「常在菌」と言います。

この常在菌は、特に腸においては人体と友好的な関係にあります。

食物繊維など、腸では消化できない物質の消化を助け、ヒトの生存に必須なビタミンを精製して人体に渡し、外来の「侵入者」いわば「悪玉菌」がやってきても排除する(寄せ付けない、住みつかせない、定着させない)などを行って人体に貢献し、人体もこれら腸内細菌に栄養などを提供することで報いています。いわば持ちつ持たれつの関係にあるのです。

これらの細菌の数は非常に膨大で、大腸の内容物1グラムの中には約600億もの細菌が住んでいる、と言われています。

 

腸に達した侵入者たちは、まずこの常在細菌たちと争わなければなりません。

 

そのため侵入者たちは、下痢を起こすことでこの善玉菌たちを、洪水で押し流すかのように外に出してしまいます。

また、大腸菌の一種では、免疫細胞を操って、なんと「友好関係」にある善玉菌を攻撃させてしまいます。

さらには、ピロリ菌のところでご説明した「接合」を行う悪玉菌もいます。

 

細菌は「接合」を行うことによって、細菌同士で遺伝子のやり取りを行い、自分の遺伝子を強化しています。

この細菌同士の「やり取り」には「善玉」「悪玉」の境はなく、無害な菌から遺伝子を手に入れて武器を作ってしまう細菌もいます。

腸内細菌も同様で、侵入者は時に、なんと善玉菌から腸内環境に関する情報や遺伝子を手に入れ、新しい攻撃兵器を作り出してしまうのです。

この例として、冒頭にあげた0-157などの、致死性のある大腸菌が挙げられます。

0-157は1970年代に初めてあらわれましたが、なんと無害だった腸内細菌が、細菌同士のやり取りを繰り返しているうちに、新種の「3型分泌装置」や「志賀毒素」などを作り出す遺伝子を獲得した事で誕生したと推測されています。

それまでの人体の味方であった細菌が、突如、反乱を起こして敵となったようなもの。

こうして、やっぱり人類と細菌との戦いは続いていくのです。

仮に、現在、地球上に存在している悪玉菌を全滅させたとしても、思いもよらないところから人類に敵対する細菌が生まれてくる。

それもまた、生物の「進化」の形の一つと言えます。

 

また、口腔内も腸内環境に劣らず、常に細菌との戦いが行われている場所です。

 

なんせ、腸内環境と異なり、口を開けば常に外の世界と接することになりますので。

 

口は、侵入者にとっては最初に立ち寄る「入口」であり、人体にとっては最初の「迎撃場所」。

常に外界と接しているだけに、歯や舌などの「口腔」組織が曝される細菌の数は膨大なものとなります。

これらの膨大な種類の細菌に対抗するため、口腔の免疫システムや、殺菌のための成分の種類は、非常に多くなっています。唾液には、人体の他の部分以上の「殺菌成分」が含まれています。

 

これらの「防衛システム」のおかげで、侵入者も容易には口腔から人体への侵入はできません。まして口腔で住みつくことは非常に困難。

 

そこで侵入者である細菌は、歯の根っこ付近の表面に糖を産生することで「バイオフィルム」と呼ばれる「バリア」を作り、このバリアの中で様々な侵入者たちが集まって共同コロニーを作り上げて生活しています。

このバイオフィルムは非常に強固で、免疫細胞を寄せ付けません。また、抗体や抗生物質の攻撃にもビクともしません。

この中で細菌同士が「QSシグナル」という成分をやり取りして情報交換を行い、栄養を融通し合う、ということも行っています。

このバイオフィルムに対する最も効果的な攻撃方法は、歯科でのスケーリングによる直接破壊、です。

歯石も、大きくなると歯石と歯、歯ぐきに挟まれた部分の空気を存在しない場所にしてしまい、悪玉菌にとって生息しやすい環境を作り出してしまいます。これも歯ブラシでの除去は不可能で、歯科での機械による除去が必要となってきます。

 

このバイオフィルムは、歯や口に悪さをする、というだけではないことがわかってきました。

このバイオフィルムに生息する歯周病原因菌が、他の侵入者に対し、口腔より先の「のど」や気管、腸、心臓などの臓器へ感染を手助けしている可能性が明らかになりつつあります。

また、バイオフィルム内で個体を増やしてから、人体内部へ侵入を開始している、とも言われています。

いわばバイオフィルムは、細菌にとって、人体に侵入するための「ベースキャンプ」ともなっている可能性があります。

 

エベレスト登山の際、「ベースキャンプ」という最前線基地を設営し、そこでエベレスト登頂の準備をするそうですが、口腔内にあるバイオフィルムは、人体という免疫システムなどが存在する過酷な環境に挑む前のベース基地なのかもしれません。