審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

全国の皆さん!オホーツク海の実力を見てくれ!!その3

いよいよカニ特集です。

 

 

IMG_4051

まずはカニ飯。みて下さい!カニが載ってます!!ご飯にも「カニの汁」が染み込んでいて、カニのすべてを味わおう、という魂胆見え見え。その狙いは正解で、ご飯なのに一気に食べてしまいました。

 

 

IMG_4046

こちらはシャブシャブ用のカニと帆立。思いっきり、むき身です。

 

 

IMG_4062

それをこの鍋に、火を通すくらい浸します。

ホントにすぐに出さないと、「茹でガニ」になってしまいます。

サッと火の通ったカニのしゃぶしゃぶ。本当に美味しかった!!

また帆立も少しだけ湯をくぐらせるだけで、刺身でもお寿司でも、茹ででもない、新たな食感を楽しめます!!

 

 

IMG_4063

そしていよいよ総本山の「カニ」。

見てください。カニのようの思えません。カニが何匹いるか、わかりますか?

 

 

IMG_4064

二匹です。でも一つと言われてもおかしくない迫力。これだけならば、怪獣のようですね。

 

 

IMG_4065  IMG_4066

エイリアンもしくは、ガンダムに出てきそうなモビルスーツ。

もはや地球上生物であるとは想像できません。

すごく大きいでしょ!

 

 

IMG_4071

後ろからの画像。なんか愛嬌を感じますね。

 

 

IMG_4073

「一機」取ってみた画像。もちろんオホーツク海産。

 

 

 

IMG_4072

わすれちゃいけない、毛ガニくん。

 

 

いやあ、スゴイ量。で、実は正直に申しますと、あまりの品数にお腹がいっぱいになってしまい、カニを食べることができませんでした。非常に残念!

でも、このお宿のスゴイところは、余ったカニを冷凍した上で保存してくれて、持ち帰ってよい、とのこと!!おかげでカニを無駄にせずに済みます!!

 

 

IMG_4068

最後の締めに、これまたカニのお吸い物。

あっさりなんだけど、濃厚。矛盾しているようだけど、実際に口にしたら、矛盾していないことに気が付くはず。

で、気が付いたのですが、海鮮物って、あっさりしているような印象がありますが、ここまでたくさん食べてみると、結構、口の中に濃厚な「旨味」が残るんですね。

無性に「サッパリ」したものが食べたくなって、さっきのグレープを時折、口にしました。

 

この時、ビールで乾杯したのだけど、案外、ビールと海の旨味って、相性が悪いかもしれない。

海産物の場合、サラッと飲める日本酒やワインがあう、と感じました。

 

なるほど、日本酒って、日本の食文化に合うようにできているんですね。

 

 

これにて豪勢な夜の宴は終わりました。

タイやヒラメの舞い踊り、ではありませんが、海老カニ合戦を拝見し、鮭、ホタテなどの海産物の舞いを堪能。

まるで竜宮城に迷い込んだかのよう。で、気が付いたら40才目前でした。

 

もしかして、これで終わりと思っていません?

院長たちも思っていました。

 

でも、これでおわりではありませんでした!!