審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

札幌ドームに行ってきました!(2013年9月12日)

結局、Aクラスに這い上がることができないまま、シーズンを戦った日本ハム。

9月に入るとすでに終戦ムードが。

ここまで、「稲葉の復活満塁ホームラン」などをスタンドで目撃していましたが、やっぱり低迷すると、ドームに足を運びにくくなるものですね。

でも、今年は最後になるかもしれないから、と、札幌ドームに向かいました。そのマウンドに立っていたのは武田勝投手。

せっかくドームに来たのだから、勝ってチョーだい!!たのむよ!マサルさん!!

(そういえば、アブレイユっていたね~)

 

 

 

 

 

昨夜、院長は久しぶりに札幌ドームに行ってまいりました。

ファンクラブにも入会した今年こそ、ドームに行きまくるぞ!!と鼻息荒くしていたのですが、ここまで2試合しかドームに行っていません。残りもいけるとしたら一試合程度。自称「熱狂ファン」ですが完全に失格ですね。

今回はいつもと違う席で見よう、と、一塁側中段のS席を購入。一塁側、とはいうものの、ほとんどバックネット裏と同じような感覚でした。

この場所からですと、ピッチャーがやや角度はあるものの、正面から見えますし、内野外野の動きも把握できます。何の変哲のないショートゴロの際でもセカンドがカバーに動いている様子、などもばっちり見えます。このあたり、テレビ中継ではボールを持っている選手ばかり映るので、まるでそれ以外の選手は何もしていないかのように思えてしまいますが、グランドでは常にどの選手も何らかの動きをしていることがわかります。 これは球場で実際に見ないとわかりません。

ただ、この位置だと、ピッチャーがどのコースに投げたか、まではわかりません。なんせ審判の影に隠れるので。

昨日の先発は武田勝投手。試合後のインタビューで、低めに投げることを意識していた、とのこと。

あるオリックス攻撃時、3ボール2ストライクから三振を取った場面があったのですが、コースがわからなかったのでオーロラビジョンでVTRを見たところ、ベース付近でかなり下に沈むボール球で空振りを奪っていました。低めでストライクを獲って、打者の意識を低めに意識させといて、さらに沈むボールで空振りさせる。コントロールに自信があれば三振を奪えるというお手本のような投球。(院長の推測97%)

ただ、この低めの投球も、この席からではわかりずらいですね。

さて、上記のようにこの日の武田勝投手は巧みな制球で安定したピッチングを披露。7回まで4安打。見ていて安心できました。

ただ、打線の方は少し寂しい。再三、3塁まで進塁するんですけどね。もう一打が出ない。1アウト3塁という場面でも凡退してしまうなど。この辺りは、昨年ならきっちり犠牲フライで一点、の場面。一点ずつ上積みし、自慢の中継ぎで逃げ切る、というのがパターンだった気がします。で、試合を決めたのは大野選手のホームラン。しかし、院長はこの時、グッズ購入に勤しむあまり、見逃してしまう、という大失態を犯しました。しかもこれが最大の見せ場、となれば、悔しさも倍に。日曜から悔しい想いばかりしています。

さて、球場に行くと、なぜか何か食べたくなる院長。この日はメジャーリーグを意識して、ポテトとホットドッグという「アメリカンスタイル」。お腹の周りだけはアメリカンになりつつありますが。

で、すっかり見せ場が終わってから席に戻り、観戦再開。

6回のオリックスからでしたが、この後は武田投手、マエストリ投手が好投して締まった試合になったため、院長の期待は武田勝投手の完封に移ったのですが、残念ながら継投策。それでも最後は武田久投手が締めて試合終了。

久しぶりの観戦で、勝利を見ることができました。

攻撃時に「あと一歩」という場面が何度かあったので、打線に物足りなさを感じたものの(わがままでスンマセン)、一点を守り切る戦い方自体は、今までの日本ハムの得意パターン。久しぶりに「らしい」試合を見ることができました。

さて、昨日の打線、3番に陽選手。もはや不動の位置となっていますね。2番の大引選手が予想以上にしっくりと「ハマって」いるので、この両サイドが固まると良いつながりになりそうですね。確かに陽選手の長打力はクリーンアップの方が生かせるかもしれません。

で、4番は中田、5番はアブレイユ、と、数字上で見るとかなり強力な打線ですが、欲を言えばどこかに左打者が欲しいですね。右ばかりだと相手投手にとって攻略が単調になるかもしれない。そうなるとやはり、稲葉選手の存在って大きかったんですね。

そして昨日は小谷野選手が貴重な活躍をしてくれました。
小谷野選手の去就が注目されていますが、あくまで個人としての願望を言わせていただくと、ぜひ残留してほしいところ。あと、鶴岡選手。昨年の周囲にも気を配ったキャプテンシーを目の当たりにして以来、個人的にあまりにも存在感の大きな選手だけに、ぜひ残留してほしいところ。あくまでも1ファンとしての願いではありますが。
これまた1ファン雑感ではありますが、あまりドライに放出しすぎると、将来のフロントや首脳陣の生え抜き候補がいなくなってしまうことも考えられるわけです。西武が放出した秋山選手は、今やソフトバンクの監督となり、九州のヒーローとなっています。

 

 

なんて饒舌に話してしまいました。なんでか?実は昨日は一人で観戦に行ったのですが、いつも知ったかぶりする相手である事務長がいないため、知ったかぶれない状況になってしまい、誰かに知ったかぶりたくて仕方が無かった、というわけです。

 

 

なお、昨日のヒーロー賞は、釧路の生さんまでした。

釧路のサンマは濃厚で美味しいですよ。そうか、そろそろ秋味のシーズンですもんね。