審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

なんとかなるべさ

昨日は敗戦。やっぱりソフトバンクは簡単な相手ではないですね。

敗戦の理由はあるのだろうけど、それはファンが「あーだ、こーだ」いうべきものではないし。

前にも愚痴りましたが(苦笑)、ファンとは無力な存在です。

「応援する」なんて言いますが、なんなんじゃ、そりゃ!と一言で返されると、何も答えられません。

「一つの球団を応援すると、ストレスが増えるだけじゃん!」という意見もあります。

全くの正論です。何の反論もできません。

でもついつい気にしてしまうのです。

それをアーセン・ベンゲル氏は「永遠に続くラブストーリー」を言いましたが、そんな格好の良いものではないですね。

「究極の腐れ縁」です。しかもできることはやっぱり「応援する事」のみ。

で、そんな思いにぴったりの歌がありました。以前、ご紹介しましたが、ここでもう一度、ご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと、日本ハムの記事は、勝利した日よりも負けたときの記述に力を入れていました。

しかも軽く笑えるような。敗因分析なんてのはプロの解説の方にお任せし、また何よりも本人が一番、わかっているだろうし。

何よりも自分自身、これまでの人生で勝ち星が先行している、とは断言できず(苦笑)。

何の反論もできず、言われるがままでいるしかない、という時期を過ごしたこともあります。

まあ、悔しいですね。本筋と関係のないことも持ち出されるし、直接関係のない人まで、裁判官の如くやってくる。

一生懸命にやってるのに、なぜか結果が出ないときもあるし、焦ってやってもしょうがない時期にも周囲からは「怠けている」とされたり。
そういう時、自分はどういう言葉をかけてほしかったのだろう、と考え、更新していました。

それがいつの間にか、「何やっているんだ!」という内容になっていました。

 

そういうときもあるんですよね。

まだ序盤。遅れたわけでもないので「遅れを取り戻そう」と必死になる時期でもない。
そういうときは、なんとかなるさ、と小さく開き直るしかないですね。

 

で、ここでそんなもどかしい時に送る歌を。前にも一度、あったけど。

 

 

聞くと一気に心がハレバレする、スッキリする、という気分にはならないのだけど、まあ仕方ないか、という気分にはなれます。

人生最高!というよりは、人生も悪くないね、という感じ。

 

なお、この曲を歌っていた国本武春さんは、昨年、お亡くなりになりました。

心よりご冥福を申し上げます。