審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

やっぱり中田がスゴイぞ!!

昨日の試合は、ドームにいた人、それもレフトスタンドにいた人は最上の思いを堪能したことでしょう。

 

試合は高梨が先発。

今年、ローテーションに加わってからソフトバンクをゼロ封するなど、頼もしい存在となっていた彼。昨日も期待通りに序盤をゼロ安打に抑えてくれます。

一方の広島は岡田投手。

広島にはジョンソン、野村、黒田という、パリーグにも名の知れた素晴らしい先発投手が揃っていますが、その次が苦しい所。明日の予告先発を見てもわかる通り、極力この3人で、シリーズを終えたい、という希望があったかと思います。

昨日の4枚目のカードである岡田投手は、「谷間」と言える存在。広島にとってはどうしても通らなければならなかった鬼門。

でも、こういう時、意外と新人が好投してしまうことは、日本シリーズではよくあります。

かつてヤクルトに在籍した石井一久投手も、なんといきなり日本シリーズの西武戦の先発に大抜擢されて、西武打線をそこそこ抑える、ということをやってしまいました。

また、西武の森山投手も、日本シリーズの中日戦にて一安打完封勝利を飾る、など、新人が日本シリーズで輝くことは珍しくありません。
さて、広島にとって「鬼門」ならば、それは日本ハムにとっては「絶対に勝たなければならない投手」ということになります。

なんせ明日からはジョンソン、野村の強力先発陣と戦わなければならない。

「絶対に勝たなければならない」ということも、正直、難しい。

 

しかも広島の岡田投手が、序盤にピンチを招くも抑えてしまう。日本ハムは序盤の3回で連続してチャンスを得ましたが得点できない。これで岡田投手がテンポを取り戻すのが怖い所。

そして4回に「あの場面」が!!

 

もういちいち文章にしませんが、あれだよ、近藤くん!!危なく「伝説のあのプレー」並みに、人々の記憶に残るところだったよ!

まあ、草野球の試合では見慣れた光景なんですけどね。9月の野球大会でも「相手チームの外野の選手、皆さん、外野フライを捕れるんですね!」という会話が出たのを覚えています。

近藤選手、ぜひ、来年の9月の野球大会に出てくれ!!

 

 

そんなことはさて置き、衝撃的な展開で失点した日本ハム。

正直、これで岡田投手が落ち着いてしまうのではないか、と思われました。

 

しかし!

 

そんな嫌なムードを吹き飛ばしたのは、やっぱり中田!!!!

 

6回の弾道も、見ただけでホームランとわかる当たり!

ありがとう!中田!!

日刊スポーツによると、中田は「ミスは誰でもするし、野手全員のミスだと思っている」とコメントしたとのこと!!

恥ずかしい!自分は非常に恥ずかしいです。近藤選手のプレーを見て、思わずテレビに叫んでしまった。

今後、自分も考えを入れ替えます。

 

でもこの一発は大きかったですね。

主導権を日本ハムにもたらすだけでなく、近藤選手のミスも帳消しにしてしまった。

こうして試合は振出しに。

 

この間、広島をバース投手が抑えてくれます。地味ですが、彼の活躍も忘れるわけにはいかない。

 

そして8回、我らが寿司職人、レアードが試合を決める2ラン!

もうだめ!特上寿司を食べた気分です。

 

日本シリーズのチケットは高騰しているそうですが、内野席なら「すし善」クラスの値段に、外野席でも回転寿司で高いお皿ばかりを食べたときの値段になっている、とのこと。

しかし昨日のレアードの握りなら、誰もが納得の価格ですね。

 

 

最後は宮西投手が、広島ファンにも配慮を見せつつ、抑えてくれました。

 

 

これで連勝!シリーズをリセットしてしまいました!!

 

昨日の試合は重要でした。ジョンソン、野村に至る前には決着しなければなりませんでした。

 

そして今日、ジョンソンの相手を、新人の加藤投手が努めます。

 

上記のとおり、新人がシリーズで好投することなんて、めちゃくちゃたくさんあることなので、しかも左投手ならなおさらなので、臆することなく頑張ってくれ!!

完封とか考えず、5回まででいいから全力でやってくれ!!!

 

 

 

 

最後に近藤選手に、以下の動画を送ります。「どんまい、どんまい」と繰り返しているよ。これ見て笑って、昨日の事なんて忘れてくれ!

 

 

 

 

 

「サッポロ」「ハム」など、日本ハムファンの心をつかむ内容ですね。

 

 

選手たちよ、もっと勝手な自分を愛してくれ!