審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

廃線が迫る、増毛駅

今年もいよいよ最後の一か月。

この一年間は、道内の鉄道に関して、大きなニュースの連続した年となりました。

 

まずは北海道新幹線の開業!!

「松浦武四郎の北海道探索」に匹敵する、北海道の小学校では授業で教わることになるであろう、歴史的なニュースでした。なお、北海道では幼少期から名前を教えられる松浦武四郎さんですが、出身地の三重県松阪では、全然知名度が無いそうです。松坂の皆さん、北海道では小学校の教科書に載ってますよ!!

まあ、それはさておき、北海道新幹線の開業と同時に、多くの鉄道文化が無くなってしまいました。

トワイライトエクスプレス、カシオペア、北斗星、という、日本の「高級列車」の文化をけん引してきた車両が廃止。多くの鉄道ファンにとって「いつかはスウィートに!」という夢が消滅してしまいました。

これは完全なる持論ですが、自分は「鉄道はその国の文化を外国に知らせる指標」と思っております。ぜひ、「日本一周」する超高級車両を運行してもらいたいところ。

 

また、国内最後のブルートレインであった、「急行はまなす」も終了。

日本は「夜行列車の夜」を経験できない時代に突入してしまいました。

 

さらに札沼線の新十津川駅の始発が、3月26日より午前9時40分となり、多くの鉄道ファンが押し寄せることに!!こういう「遊び」が残ってほしいところ。

残念ながら、札沼線の「北海道医療大学~新十津川」区間は、廃線が検討されています

また、石北本線、日高本線、宗谷本線、釧網本線が、今後、廃線の検討対象になる可能性も示唆されました。

これ、いずれは北海道で鉄路がある区間の方が少なくなるかもしれない。

釧路も凄い勢いで人口が減っているので、いずれは検討対象になるかもしれないし。

来年以降も、鉄道の問題から目が離せません。

 

そして、12月4日、留萌本線の「増毛~留萌」区間が廃止となります。

先日、猛吹雪のためにJRの各路線も運航中止となりました。その中、ニュースでは「留萌~増毛区間も午前の運行を見合わせる」という報道が!

今夏、増毛に行きましたが、留萌と増毛を行き来する便は午前は一便のみ(朝7時くらいに増毛について、折り返し去っていく)なので、実質的には一便のみの運休。

地元の人も「バスの方が便利」と話しているので、役割を終えたのかもしれません。

・・・が、寂しいですね。今、住んでいる札幌と、夏に見た無人の増毛駅も、鉄路でつながっているのだなあ、と思うと、増毛を身近に感じることもできましたが。

これからもどんどん、「終着駅」が無くなっていくと思われます。

 

年内にもう一度、鉄道旅行をしたくてたまらない今日この頃。