審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

台湾旅行のお話し その2 台北市内と昼食(訂正あり)

12月5日訂正

文中の「士林夜市」の漢字を間違っていました。お詫びして訂正いたします。

 

 

 

今回の旅行は三泊四日。初めての台湾のため、台北市内とその近郊がメインです。

 

空港に着いた直後の感想ですが、やっぱり暑かったですね。蒸し暑い、というか。まあ、湿度で言うと北海道の方が異常なのですが。

着いたのはPM8時くらいで、すでに暗くなり始めていました。

桃園空港から台北市内に向かう途中の夜の街並みは綺麗でしたね。さすがは国際都市。

途中、非常に豪華なお城のような巨大な建物が見えてきました。後で知りましたが蒋介石の奥様のホテルだそうです。

恥ずかしい話、出発前はあまり台湾の歴史を深くは学んではいませんでした。ところが、これから市内の博物館を見ていく内に、台湾において、蒋介石が如何に偉大な人物とされているか、気づかされることになります。
ホテルは中心部でした。この時点で夜の9時。

せっかくだから有名な台湾の夜市に行こう、となり、「士林夜市」に向かいました。

観光ガイドにも載っている「士林夜市」ですが、地元の人には「観光客向け」と認識されているようです。「ラーメン横丁」と同じような感じでしょうか?(こう書くと誤解を受けかねないですが、ラーメン横丁のラーメンは美味しいです。自分もシメに食べて帰ることがあります)

で、その夜市に向かう途中、市内で道に迷ってしまい、事務長と地図を見ながら困っていたところ、なんと若い女性が近づいてきて「だいじょうぶですか?」とカタコトの日本語で話しかけてくれたではないですか!藁にもすがる思いで「士連夜市」というと、最寄りの地下鉄駅を教えてくれました!助かった!!しかもしかも、なんとその地下鉄駅まで2ブロックくらいを一緒に歩いてくれました!!

いやあ、感動した!!台湾の方は親切だ、とは聞いていましたが、初日の夜から痛感することになりました。

これが国際都市の「おもてなし」なんでしょうかね?

自分はこの台北の方の親切に感動してしまいまして、帰国後、英語を、今度は本気で勉強し始めました。別に「ビジネス」で成功したいわけでは無く、自分がしてもらった親切を、札幌にやってきた台湾や外国の方にもしよう、と。道はかなり険しいですが(苦笑)、速く台北の人に追いつけるように頑張っております。

那个时,亲切的女性,真的谢谢!!

 

初日にそういうことが起こったため、以後の台湾での日々は楽しいものになりました。

 

 

 

img_0574

これがホテル近郊の台北の様子。

おお!自分がある意味憧れていた、「ジャッキーチェンの映画に出てくる風景」に似ている!!

 

 

 

img_0568

高層ビルや雑居ビルの密集する台北中心部ですが、ところどころにこういった、如何にも中華!!という感じの建物がありました

おそらく日本のお寺や神社に相当するものかと思われます。

 

 

 

img_0570 img_0571

そして屋根を彩る装飾品が、とても細部まで作りこまれているうえに、色合いも華やか!!やっぱり中華文明はすごいですね!!!

 

 

 

 

img_0572

中はこういった感じで、お香が炊いてあったりしました。

 

 

 

img_0582

こちらは別の場所にて。

 

 

 

img_0581

武将同士の会見の様子でしょうか?

やはり色合いが明るいですね。

 

 

 

 

img_0585

こちらは祀られている「ご神体」(?)。

この画像も、本来ならば撮影してはいけないのかもしれません。

 

ビジネスビルが並び、日本の都心部に似た景色だった都心部ですが、ささやかなところに「中華」を感じました。

 

 

 

 

 

img_0586

これはお昼に食べた麺料理。

 

 

 

 

 

img_0587  img_0589

中華料理の国、となれば、「こってり系」を想像していたのですが、意外にも「あっさり系」でした。日本のラーメンよりもあっさりしているかもしれない。香辛料の香りがして、いかにも中華料理、という感じ。

面は、これまた日本のラーメンの麺、というよりも、うどんの麺に近い、という印象。

 

 

 

 

自分は昔から、欧州よりも中国に行ってみたかったんですよね。小さいころから「三国志」などにハマっていた方なら、ご同意いただけるのでは?

夢がかなった気分でした。