審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

鍵谷と七飯町とリンゴの歴史

昨日の試合は負けました。

でも、鍵谷投手がスンゴイピッチングを見せました。

「女子力」なんて書いてしまったものだから、中継で映る鍵谷の顔が「カーリングをやっているママさん選手」に見えてくるから不思議!(主観のみ)
さて、鍵谷投手はアップルパイを焼くことが得意と書きましたが、それは彼の生地である七飯町に関係があるようです。

というのも、七飯町は道内のリンゴの名産地!

つまり鍵谷は幼少のころからリンゴを身近に感じて育ち、リンゴとともに成長してきたといっても過言ではありません。リンゴこそ、彼に人生を教えてくれた大切な存在なのかもしれません(?)。

しかもなんと七飯町は、日本で「西洋リンゴ」が最初に栽培された土地であったそうです!!

 

1867年、プロイセンの貿易商であったライノルト・ガルトネルが、七飯町(当時は七重村)付近の開墾の許可を得てリンゴを植えはじめたのが最初でした。

てっきり青森が発祥と思っていたんですけどね。

この10年後くらいの明治10年に青森の人が七飯のガルトネルの農園を訪れ、その後、青森でもリンゴ栽培をはじめ、今では日本のリンゴの一大産地となった、とのこと。

ちなみにこのガルトネルの農園はその後、幕府や新政府の間で翻弄され、結局、ガルトネルは賠償金と引き換えに農園を手放すことになりました。これは「ガルトネル事件」と言われ、独立直後の日本が、権利の保証に関して重大な難問を突き付けられた事案とされました。

なお、このガルトネルですが、蝦夷防備に当たった東北諸藩に対し、土地を担保に融資をしていた模様。幕末にはいろんな外国人がかつやくしていたようですね。

 

と、鍵谷→アップルパイ→リンゴ→七飯町→ガルトネル、と繋がって、歴史のお勉強になった、ということで、昨日の試合もためになったなあ、で終わらせて次に行きましょう!