審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

仮面ライダーBLACKに学ぶ夕張問題 その2

前回は、仮面ライダーブラックのテレビシリーズ第37話についておはなししました。

今回は「劇場版 仮面ライダーブラック」の「恐怖!悪魔峠の怪人館」をご紹介。

 

この劇場版では開始早々から夕張の全景が映し出されます。これはテレビシリーズと同じ。

夕張は谷間にできた狭隘の地にあることがわかります。

この夕張市街を見下ろす丘のあるところに、突然、イナヅマ(?)が走り、悪の組織「ゴルゴム」の次期ボスとされている、事実上の「悪者の頂点」である「シャドー・ムーン」が現れます。この「次期ボス」というのは物語全般の重要な要素で、最終回に近づくに従ってその全容が明かされていくのですが、夕張の紹介には関係ないので気になる方はシリーズを見てください。

で、このシャドー・ムーンですが、夕張の町並みを眺めながら一人語りを始め、

 

「夕張。夕張岳を控え、前方には石狩平野が開けるこの地こそ、新たなるゴルゴム帝国都市を建設するのに最もふさわしい。間もなく夕張はゴルゴム世界侵略の一大拠点となるであろう」

 

と、夕張を発信地とする壮大な世界戦略を披露!

そのスケールの巨大さは見る側を圧倒し、当時の小学生に、ゴルゴムへの恐怖心を植え付け、大人たちにはその資金の豊富さを実感させます。

 

次に映し出されたのは夕張メロン城。このメロン城は、その愛らしい名前と裏腹に、実はゴルゴム帝国都市計画のために建設された、ゴルゴムの仮拠点だったのです!

西洋のお城をイメージした(と言えなくもない)外観ですが、内部は電子設備が導入されている様子。

その会議室のような場所に、「幹部怪人」たちが集合しています。その幹部たちを前にシャドームーンは、

 

「夕張はアイヌの古い言葉で、泉の湧き出るところ、を意味する。」

と発言。なんと道民よりも北海道のことをよく知っている!!

かれが夕張を適当に選んだのではなく、入念にリサーチをしたうえで選定したことがわかります。さすが「次期ボス」が決まっている男。経営的な視点に秀でているようですね。ぜひ、歯科経営コンサルタント部門にも進出することを勧めたいところ。

このシャドームーンの発言のすぐ後に、幹部怪人の一人が

「愚かな人間どもはその本当の意味を知りません。」

とつづけ、また次の幹部怪人が

「泉とは、大地の奥深くに眠る無限のエネルギーのこと。」と発言。

その二人に続けてシャドー・ムーンが

「そのエネルギーをもって、ゴルゴム帝国都市は建設され、運営される」

と、帝国都市の経営方法にまで言及!

なんだよ、ゴルゴム帝国都市って、人間の都市よりも「凄くエコ」じゃん!!

なんて先進的な考えなんでしょうか!むしろ「愚かな人間ども」は、ゴルゴム都市の概念に学ぶべき!

・・・と、いつの間にかゴルゴムの思想に同調している自分!!

これがゴルゴムの恐ろしさ!幼い少年たちに「自分たちは素晴らしい!」という考えを植え付けている!!
しかし、さすが「次期ボス」の「内定」が出ているだけあって、シャドー・ムーンは切れ者ですね。確かに夕張にゴルゴム都市を建設すれば、彼は大きな実績を上げることになり、「次期ボス」の座を確定することができます。なんだかやっていることは、悪の組織も「愚かな人間ども」の会社も、あんまり変わんない気が・・・・・。

 

シャドームーンは話をつづけ、

「人間が滅んだ後、全世界の中心都市として繁栄を極める」

と発言!

夕張を、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、北京などの世界的な大都市以上にして、世界最大の巨大都市とする構想を、臆面もなく披露!

現在の夕張市民の方から拍手喝さいを受けること必至!!次期市長選挙に出馬したならば、すぐに当選確実が決まることが容易に想像できます。

 

そしてその帝国都市の守り神として、牧野博士に命じて巨大ロボットを建設していた、と、恐るべき計画の全容が明かされます。

その「巨大ロボット」というのが、なんと当時夕張にあった「大ロボット館」の目玉の巨大ロボット「ユーバロット」だったのです!!

夕張にあった「大ロボット館」についても、例の「バ~リバリ夕張」のフレーズとともに道内ではしつこいほどCMが流れていたので、自分と同世代の人ならご存知のはず。

全国の皆さんにご説明いたしますと、この「大ロボット館」は、1988年に、石炭の歴史村の中のアトラクションの一つとして開館しました。

内容ですが、簡単にいうと、様々な「ロボット」が展示されている、というもの。実は行ったことが無いので詳しく語れません。

ただ、目玉である「巨大ロボット」については、CMで何度も目にしたので覚えています。

このロボットは非常に巨大で、2階建てくらいの高さがありました。

でも、外観は非常に愛嬌があります。

 

 

 

これです。これは劇中の画像ではありません。大ロボット館の通常営業時のもの。

当時のSF映画に出てきそうな感じで、憎めません。この当時、ブームだったファミコンの周辺機器である「ファミコンロボット」にも通じるデザイン。

で、この愛らしいロボットが、映画の中ではゴルゴムが開発した悪の兵器として描かれている!

ゴルゴムはこのロボットを使って、憎き敵である仮面ライダーブラックを倒そうと画策していたのです!!

 

 

 

これがその想像図です。

ご覧ください!上のかわいらしいロボットが、目から赤いレーザー光線を発しながら人間の町を破壊している!!

そして右手には仮面ライダーブラックが、なすすべもなくとらえられ、今にもひねりつぶされようとしている!

外観とは真逆に、非常に恐ろしいロボットになっているではないか!!

ついに対仮面ライダー最終兵器の開発に成功したゴルゴム。仮面ライダーブラックの運命は風前の灯火!!

 

しかし、この時、ロボットの開発を主導した牧野博士が夕張メロン城(悪の夕張支部)を脱出!すぐにゴルゴムの組織を挙げた追跡が行われるものの、博士はまんまと夕張を脱出します。

 

このように、夕張では緊迫した状況が展開されている中、仮面ライダーブラックこと、南光太郎は何をしているのか?

場面が変わって東京の様子。

なんと南光太郎は、知り合いの女性たちの買い物に付き合わされ、荷物運びをさせられていた!!

おいおい!いいのか!!夕張では「世界レベル」の侵略計画が進行中だというのに!!!

しかし、そこはさすがに仮面ライダーブラック。こき使われていても常に周囲への観察を怠ることはありません。彼はトラックの荷台から降りた不審な男の存在に気づき、荷物を放り出して追跡を開始します。その男こそ、牧野博士。

ブラックは博士から、夕張での恐ろしい計画を知ることになります!しかも牧野博士の奥さんと娘が、ゴルゴムに誘拐され、監禁されている!

南光太郎は、ついに疑惑の地、夕張に乗り込むことを決意!

しかもさすがは「仮面ライダー」を名乗るだけあって、なんとバイクで一路、夕張を目指しているではありませんか!!さすがに飛行機を使えよ!と思ってしまうのは、自分が「退屈なオジサン」になってしまった証拠。

ともかく、夕張についた南光太郎。しかし不思議なことに、夕張の町には人影もなく、閑散としていました。

夕張の町を行くあてもなく彷徨う南光太郎。そして、「とても自然な流れ」で、石炭の歴史村にある「石炭博物館」の中に入っていきます。

ここで登場したのが、中田鉄治・夕張市長!

市長は主人公に対し、「夕張市長です」と、ストレートな自己紹介をします。

市長は話をつづけ、

「この町は、占領されてしまったのです。」

ここで市長の姪が「おじさんは、ゴルゴムに従うふりをして、夕張を救うチャンスを待っていたんです!」と発言!

夕張の(ゴルゴムによる)苦境が吐露されます。

そして市長は主人公に対し、夕張を救ってほしい、と懇願。

南光太郎は市長の願いを達成すべく、シャドームーンの待つ「悪魔峠の怪人館」(夕張メロン城)に向かいます!!

 

 

この後ですが、夕張メロン城や、夕張市内の廃墟と思われる場所などでシャドー・ムーンと対決し、引き分け。

シャドー・ムーンは夕張からの撤退を決断し、仮面ライダーブラックのおかげで、夕張はついにゴルゴムの支配から脱することができました!

ありがとう!!仮面ライダーブラック!!!

 

なお、夕張の最後の締めのシーンも、中田市長が登場!「仮面ライダーブラック・・・・」とつぶやいて作品が終わるのです。

 

なんだかんだいって、美味しい所を持って行った当時の夕張市長。

 

 

以上が、仮面ライダーBLACKに登場した夕張のすべて。

 

 

 

 

・・・・・で、劇中では石炭の歴史村も、夕張メロン城も、大ロボット館も、とても景気よさそうに描かれています。

しかしこの当時から、すでに夕張は危機的状況に陥っていたのです。

 

次回から、お話しします。