審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

「糖」について その14 糖アルコールについて

今回からは「糖アルコール」に属する「糖質」についてお話ししていきます。

 

「糖アルコール」とは、「糖を還元して水素を2つ添加したもの」とのこと。

つまりは、自然に存在する糖を人間がいじって変えたもの、と言えます。

そのため糖アルコールは工業的に生産されます。

糖アルコールの名前は科学的命名法によって、元の糖の名前の末尾に「トール」がついています。

これまでご紹介してきた自然に存在する糖は、グルコースやフルクトース、スクロース、ラクトース、など末尾は「ース」という具合で終わっていましたが、これからご紹介する糖アルコールは「ソルビトール」や「マルチトール」、そして有名な「キシリトール」など、末尾がすべて「トール」で終わっています。

食品の成分表示の欄の糖分で「トール」という成分を見かけたら、糖アルコール=工業的に作られた糖、と考えていただいて大丈夫と思います。あくまでも「糖」に関して、ですが。

 

 

少し話が逸れますが、「工業的に作られた」と書くと、自動車工場とかテレビの生産現場が浮かんで、なんだか体に悪いように思えてしまいますが、あっちよりも食品を作り出している工場を想像していただいた方が良いと思います。この前、テレビで「キットカット」の生産工場が放送されていましたが、あっちの方をご想像ください。

時々、フッ素に関して「フライパンなどのテフロン加工など、工業的な部分にもフッ素が使用されているから体に害がある」という説明がなされるときがあるのですが、これはかなり極論、というか、暴論に近いものがあります。あっちの「工業」で使用するフッ素と、口腔に応用するフッ素とは全くの別物です。

その上で、それぞれの方々の思想信条に従って、フッ素を使用するかしないか、を選ぶのは、最終的に各個人にゆだねられます。

 

 

 

脱線してしまいましたが、糖アルコールは体内へはあまり吸収されないため、砂糖などと比べて血糖値の上昇が小さく、低カロリー甘味料として食品などに使用されています。

また細菌が取り込んでも、グルコースやフルクトースと違って、糖アルコールから酸を作り出すことはできないため、酸で歯を溶かすこともできなくなるため、むし歯を作りにくくする効果があります。なお、新しい虫歯を作りにくくする効果はあるものの、むし歯菌を少なくする作用があるわけではありません。

 

さて、上で「糖アルコールはあまり体内へ吸収されない」とかきましたが、これは血糖値の上昇を小さくする、という利点があるものの、一方で、あまり過剰な量を摂取すると大腸での水分の吸収を阻害してしまうため、下痢や腹痛を引き起こしてしまいます。

本文では「これが糖アルコールの最大の欠点であり、特に小児に対しては使用は慎重にすべきである」とあります。

 

大人の場合は、糖アルコールを継続的に摂取すると、それに対する耐性ができるため、やがて下痢などの症状も出なくなっていきますが、子どもは耐性を獲得できません。

 

近年、キシリトール入りのガムや、マルチトール入りのダイエット食品などが一般的になり、お子さん向けの虫歯予防のお菓子としても販売されていますが、むし歯にならないから、と言っていくらでも食べていい、とはなりません。この点、とても注意してください。

あくまでも適度な量が大事。

 

 

それじゃあ、糖アルコール入りのお菓子は子供には危険じゃないか!!と思われるかもしれませんが、そもそも砂糖入りのお菓子の過剰摂取が危険なため、一番の解決策は、お菓子のダラダラ食いはやめて、間食の時間を決めて適切な量を取る、かと思います。

 

間食自体は成長には必要ですので。特に中学、高校時代には。大人の皆さんも、思春期の頃は常におなかがすいていませんでしたか?

 

 

 

 

次回から糖アルコールの各成分についてお話しします。