審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

道東鉄道旅行 その2 北海道浜中町は、ルパン帝国だった!!

今回の旅行ですが、時刻表と格闘することとなりました。

釧網本線、花咲線ともに一日の本数は限られている。そのため旅程も発車時刻を軸に計画しないといけないのです。

今回の旅の最大の目標の一つである「汽車で根室まで行き、帰ってくる」というのが思いのほか難しく。「車で行けばいいじゃん」と思われるかもしれませんが、それではだめです。あくまでも「汽車に乗って終着駅に行く」をしなければいけないのです。

これを実行するために出された答えは、初日の「朝6:55浜中発の下り普通列車に乗る」でした。

そのためには8月10日の診療終了後、すぐに浜中駅に向かって札幌を出発!!

これがなかなか過酷なもので、途中、高速のパーキングなどで仮眠を取りながら、なんとか1時間前に浜中駅に到着したのでした。

 

 

 

 

 

 

こちらが浜中駅。

 

 

 

 

 

 

結構、綺麗ですね。ん?駅の前に誰かいるぞ!?

 

 

 

 

 

 

 

  

なんとルパン三世の次元大介、石川五ェ門が!!

 

 

 

 

 

 

 

 

駅舎に似合っていますね!?

 

浜中町と言えば、国民漫画である「ルパン三世」の原作者、モンキーパンチ氏の出身地。浜中駅でもルパン一家がお出迎えしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが駅舎。無人駅です。ん?無人駅のはずなのに、窓口に誰かいるぞ!!

 

 

 

 

 

なんとこちらも国民的セクシーシンボル、峰不二子が立っているではありませんか!!

しかしこんな地方の町(失礼)の駅員が峰不二子とは!北海道を代表する、超VIPがあなたを待っています!

 

 

 

 

 

 

そして大きなポスターが。これはルパンファンには嬉しいね。

 

そういえば、原作の11話にて、北海道浜名町の「ルパン帝国」存在が示唆されていたです。自分は原作は読んだことが無いのだけど。

ルパン帝国はルパン三世の父、ルパン二世が作り上げた国だそうです。

 

実際、霧多布湿原センターや公共温泉など、浜中町の公共施設にはどこもルパングッズが販売されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはその一つ。しかしこれだけではなかった!!

 

 

 

 

 

 

なんとルパンが漁師さんの恰好をしているではありませんか!!本当に市場にいる人みたいだ!!

この他にもルパンが農作業の恰好をしたバージョンもありました。

またルパンだけではなく、次元大介、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部のそれぞれのバージョンもありました。多すぎて大人買いできませんでした。なんせ予算が限られていたので・・・・・・。

農業の恰好をした峰不二子は、なんだか不思議な感じがしました。

他にもルパンタオルやシール、ストラップetcと、非常に多くのルパングッズがあり、しかも浜中町限定のものばかり!

全国のルパンファンはぜひ、浜中町に向かうべし!

 

 

 

 

 

 

 

 

脱線はそのくらいにして、これが時刻表。数えるくらいしかありませんね。

 

 

 

 

 

 

駅ノートには、なんとルパンの絵が!!!即興で描いたんですか?凄いですね!!

 

 

 

 

 

ホームに出てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

上り方向(釧路方向)。

 

 

 

 

 

下り方向。お?!誰かいますよ!!

 

 

 

 

 

 

なんとルパンはここにいました!!

浜中駅に降りる乗客を迎えているんですね。

こちらも超VIPですね!

 

 

 

 

 

 

いやあ、浜中駅はなかなか楽しいですよ!

 

浜中町内は、かなりルパン色が強いです。あちこちでルパンファミリーを見かけます。

 

都市伝説だった「ルパン帝国」の存在を、北海道浜中町で確認!

 

全国のアニメファンよ!鉄道に乗って、帝国を訪ねるべし!!