審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

またもや金メダル!

昨日も金メダル獲得のニュースがありましたね。

女子団体パシュートでの金メダル!

しかも途中まで追う展開で。

 

羽生選手と言い、周囲が勝手に金メダル確実視していた競技で、期待通りに金メダルを獲得してしまうのだから、最近の若者はメンダルが強いですね。

しかし今年の、特に女子のスピードスケートは本当に感心してしまう。あのオランダ相手に十二分に戦っています。

前回のソチ大会の時、オランダはスピードで圧倒的な強さを見せました。

これからしばらくは、スピードではオランダの独壇場が続くだろう、と予感させるほど。オランダと他の国には、短期間では越えがたい差があるだろう、と実感させました。

 

それがたった四年で、強国オランダ相手に、ひるまずに結果を残していますね。スピード相変わらずオランダは強いですが、決してかなわない相手ではない、という印象を受けます。

世界的に見ても、今回のオリンピックでオランダと堂々やりあっているのは日本くらいなもので、オランダのメダル独占を邪魔しています。

オランダはメダリストも各種目で異なる名前が出るほど人材豊富であるのに対し、日本は小平選手、高木姉妹、その他の選手だけでオランダ勢に張り合っている状況。

そう考えると、今大会の女子スピード代表の偉業は、メダル獲得以上の痕跡を残していると思います。

オランダは決して勝てない相手ではない、と、世界にメッセージを残していますね。

 

それにしても、高木美帆選手の金銀銅獲得は、素晴らしい!

長らく名実ともにスケート界の女王とされていた橋本聖子さんにとって代わる、新たなカリスマが登場したようです。

 

 

皆さん、特に僕と同じ年代以上の方にとって、冬季五輪でのメダル獲得、って、どのように思いますか?

自分の記憶に残っている最も古い冬季五輪はサラエボオリンピックからなのですが、当時は冬季五輪で日本がメダルを取る、というのはかなり困難であった、という印象がありました。

冬季五輪は欧米のための大会で、日本は申し訳程度に参加している、というか。欧米諸国との間には埋めがたい差があるものだと、思っていました。

これは冬季競技に限らず他の種目も同じで、たとえばサッカーでは、世界どころかアジアでも弱い方で、ワールドカップ出場自体が夢のように思われていました。

それが90年代から変化し始めて冬季五輪でメダルを複数獲得するようになりました。

 

そう考えると、若い世代では実力が向上しているのはもちろんですが、過去にあった世界に対する劣等感のようなものがなくなってきているようですね。

本当におめでとうございます。おそらく、本人が実感している以上のことを成し遂げていると思いますよ。

そして日本での冬季競技の有力地のひとつである北海道。世界への入り口は東京ではなく、母校の小学校のリンクにある!

 

 

これは大会終了後、札幌でパレードするべきですね。東京五輪もロンドンのパレード後に、都民の意識が変わった、と言いますし。

まあ、自分は仕事で行けないだろうけど。