審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

☆2017道東旅行★霧多布湿原 その1

さて、続いては、道東を代表する湿原の一つである霧多布湿原です。

 

・・・とはいえ、広い根釧台地。標津から霧多布湿原のある浜中町まで、結構な距離があります。

 

 

 

 

 

 

  

途中には、ご覧のようにだだっぴろい牧場があります。地平線が見えますね。

 

根釧台地は、本当に広いです。1つ曲がるところを間違えると数キロ単位で離れてしまうので、要注意です。

 

そして一時間ほど、ドライブすると・・・・・・

 

 

 

 

 

 

霧多布湿原を通る道路に差し掛かりました。両側の景色は全て湿原です。

 

 

 

 

 

 

  

一見、サバンナの草原を連想させますが、草むらの下には水であったり、泥だったりします。

 

 

 

 

 

 

まずは霧多布湿原センターに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

中は結構、立派です。物販コーナーでは、浜中町出身のモンキー・パンチ氏の代表作、ルパン三世の浜中限定デザインのグッズが販売されています。ファンはぜひ、訪ねてみて!!

 

 

 

 

 

 

湿原センターには展望台があり、ここからも霧多布湿原が一望できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は場所を変え、琵琶世展望台に行ってみました。

 

 

 

 

 

展望台の向こうに広がるのは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

  

皆さん、一度は見たことのある景色。「霧多布湿原といえば!」という感じで連想される方も多いかと思います。

展望台からは景色が一望できます。

 

 

 

 

 

 

  

大きな川の両岸は、全て湿地です。

 

 

 

 

 

 

その中に集落もあります。こちらは以前から住んでいた方の住居。霧多布湿原と生活が一体化しているようですね。

 

湿原と住宅街という、一見、相容れないような風景に見えますが、開拓期のころから湿原とともに生活があった場所、とのこと。

実際、「湿原」の価値が評価されたのも、昭和の終わり、もしくは平成の初め辺りから、で、むしろ昔はどんどん干拓すべし!という意見の方が多かったのも事実です。

 

 

 

 

 

 

奥行と瑞々しさを感じさせる、広い空間でした。

 

 

 

 

 

 

   

ちなみに反対側の太平洋の展望も、なかなか素晴らしいですよ。