審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

さよなら キハ183系0番台①

 

道東のお話の途中ですが、本日は違う話題をお話しします。

 

当ブログでも何度も取り上げてきた、キハ183系0番台。

 

ついに昨日、ラストランを迎えました。

 

自分にとって、キハ183系0番台は、幼少のころから親しみがあります。道内の多くの特急車両が新型に置き換わる中、生地のオホーツク地方を往復する特急「オホーツク」の車両はキハ183系0番台のままでした。

自分にとって、「特急」と言えば、「キハ183系0番台」でした。

自分は1975年の生まれです。キハ183系0番台の正式登場が1981年。

小学、中学の家族旅行の際に利用した時、高校の時に初めて親不在で乗車した時、大学時代の帰省中、等々。

人生の重要な転機が起きたときに、自分はキハ183系を利用してきました。自分の節目となる場面を思い出す際に、必ずキハ183系0番台の姿も思い出されます。

登場からの35年の間、札幌駅が建て替えられて巨大なビルとタワーになり、北見駅前にあったデパートが無くなって大きなビルができたり、旭川駅が新築になり高架化されるなど、沿線の風景はどんどん変わっていきました。それでも、それぞれの駅にはキハ183系0番台がいることだけは変わらなかったのに。

 

思いの尽きない車両がいよいよ引退する、となった時、やっぱりラストランを見届けなければならない、と思い、札幌駅へむかいました。

 

今回は、キハ183系0番台の最後の姿を、ご紹介。非常に思い入れが強いので、ご注意の程を。

 

 

 

 

 

 

 

 

キハ183系の最後の運行に選ばれたのは、3月25日AM8:24発の旭川行き臨時特急「旭山動物園号」。

 

自分は一時間前から待っていたのですが、すでに多くの鉄道ファンと思しき人たちがいました。

 

早速、場所取りのために6番ホームの東側の端っこへ。ここにもすでに何名かのファンがいました。

 

 

 

キハ183系0番は、この線路の奥からやってくる。

 

ホームはかなり慌ただしい。

駅員さんや作業員の方の数も、明らかに多い。なんと警察の方までいる。

 

入線の時間が近づくにつれ、ファンの数も増してきます。

 

 

そして、待つこと30分・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

来た!!キハ183がやってきた!!!!

 

 

 

 

 

 

最後の札幌駅への入線。ゆっくりと近づいてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきりと「顔」が見えた!!自慢の「スラントノーズ」が、鮮やかにペインティングされています。

まるで晴着を着せてもらったかのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

最後のキハ183系0番台は、とても賑やかな装い!

「俺の最後の舞台でしみったれた顔をしているんじゃねえ!!」と、鉄道ファンに訴えているかのうようです。

 

あんた、最後まで空気を読まないね!!さすがだ!!

 

 

 

 

 

  

普段は渋い装いのオッサンですが、やるときはやる!

 

オッサン、最高にカッコいいぜ!!!!

 

 

こうして札幌駅に入線したキハ183系0番。

これから出発までの10分間、ファンにとってキハ183系とのかけがえのない時間が始まります。