審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

政府専用機を見てきました。その4

  • Date / 7月 29th, 2018
  • Category / 雑談

さあ、眼前に見える政府専用機。

 

実はご紹介している政府専用機は引退が決定していて、この千歳航空祭が最後の任務だったそうです。

元はと言えば90年代の日米貿易摩擦の結果、日本政府が購入を決めた、という経緯がありますが、今では重要な「日本の顔」となりました。

で、政府専用機は二機あるのですが、これは「片方が故障した時の予備」のため、そして「どちらに要人が乗っているのかわからなくする」ようにしている、とのこと。本当は3機あるといいそうです。

今回は中は公開されていませんでしたが、テレビなどで見たことがあります。とても豪華ですよね。

贅沢はいけないことですが、見栄を張らなければならない場面があるのも人間社会の現実。

新しい政府専用機も「国の顔」にふさわしい、豪華で気品のあるものにしてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

  

なんともう一機の政府専用機に日の丸が掲げられた!!

 

 

 

 

 

 

あ、もう一つの方にも掲げられた!!

 

皆さん、この日の丸、どのように掲げられたかわかりますか?

答えはコックピットの窓の中をご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

これは閉じつつある画像で申し訳ないのですが、窓の中で、外に穴が開いているのがわかりますか?

この穴をあけて、手で日の丸を掲げていたのですよ!

コンピューター制御で自動的に上がってくる、とかではありません。人力です。

このあたりに、アナログからデジタルへの過渡期だった90年代を感じさせます。

次は全自動方式になるのでしょうか?歯の被せものまで全自動でできる時代ですよ、今や。

 

 

 

 

 

 

 

仲良く日の丸を掲げています。まるでリボンをつけた姉妹のようですね。

 

 

 

 

 

 

 

さて、準備が整ったところで、封鎖が解除されて政府専用機に近づくことが許されました。

 

 

 

 

 

 

 

  

皆さん、政府専用機に限らず、ジャンボジェット機にここまで近づいたことって、ありますか?

本当に巨大でした。

 

 

 

 

 

 

 

先頭部分を増したから見た様子。こんなアングルで飛行機を見たのは初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

なんとタラップが!中に入ることはできませんでしたが。

 

 

 

 

 

 

 

  

だれか降りてきてほしかったですけどね。

 

 

 

続く