審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

「歯ぐきの腫れ」「親知らずの痛み」について

今回の地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今朝も大きな余震がありました。まだ1週間経っておらず、警戒が必要とのこと。

 

さて、昨日から平日の診療が始まりました。

昨日、数名見られたのは、「歯ぐきが痛くなった」という方。

特に下の「親しらず」付近の歯ぐきが腫れている方が多かったです。

「親しらず」付近の歯ぐきは、汚れが溜まりやすい場所で、健康な時には症状は出ませんが、疲労時や体調が悪い時に免疫も低下して、腫れたり、強い痛みが出やすくなります。症状が重いときには抗生物質で消炎を図る必要があります。

当院でも珍しい症例ではなく、仕事が忙しく満足に睡眠がとれなかった方、風邪をひいて体力が落ちていた方などが、「歯ぐきが痛くなった」「親知らずが痛くなった」という理由で来院されます。

また、毎年、猛暑の時期に必ず数名の方が同様の症状で来院されます。今年も8月の猛暑日が続いたときに、歯ぐきが痛い、と来院される方がおられました。猛暑で寝不足になったり、夏バテで体力が落ちていた、という方がほとんどです。

今回も停電の時に眠れなかった、という方や、車や不慣れな場所で眠らざるを得なかったために、よく寝ることができなかった、という方ばかりでした。

 

前述のように、普段は問題ないのですが、いざ体力が落ちたときなどに激しい痛みが発生します。これも上述のように、一度、発症するとなかなか厄介で、腫れのピークの時は触れることができず、うがい薬などで清潔にし、抗生物質で腫れが収まるのを待つことになります。

予防策として、やはり歯の清掃が挙げられ、特に「親しらず」付近の入念な清掃が重要。「下の一番奥の歯の裏面、もしくは奥の面」とでもいいましょうか。ここ、なかなかハブラシし辛い場所で、鏡をみながら歯ブラシのつま先を当てて小刻みに動かすと取りやすいです。でも、普通のハブラシでは難しいかもしれないので、ワンタフトブラシ、という、変わった形のハブラシで清掃することをお勧めします。「ワンタフトブラシ」がわからない場合は、近所の歯医者さんに聞いてみてください。使い方も教えてくれると思います。

また、発症してしまった場合は、歯科医院に行くのをお勧めします。その上で通院が困難な場合ですが、口だけに原因があるのではなく、全身の状態が原因の場合が多いので、安静にして体力の回復に努めてください。痛いところはなるべく触れないようにしてください。お風呂など血行がよくなることをすると痛みが悪化しやすいです。水分を普段よりも多めにとってください。ただし、水分は水、もしくはお茶に限り、スポーツドリンクはなるべく控えてください。うがい薬でのうがいをしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで雑談でも。

技工所さんと話し合いをしたのですが、やはり停電の影響でお仕事が溜まっている状態らしく、現在、お仕事をお願いしても完成は月末になってしまうとのこと。型取りが必要な患者さんは延期させていただき、まずは技工所さんの混乱が収まるのを待つようにしています。ご理解いただけましたら幸いです。

 

西区ですがガソリンの列はなくなりましたが、相変わらずコンビニには品物がないですね。あの西友が早々に閉店し、コンビニも早く閉まっているところもある状況。早く物資が回復するといいですね。電気が戻っても、いましばらくは耐乏生活が必要のようです。