審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

足利への小旅行 その1 東武鉄道浅草駅

今回は2泊3日の予定で東京に向かいました。

その滞在3日目に、ちょっとした旅行を計画しました。

 

以前、当ブログでは東京近郊の「北海道から行くには時間がもったいないように思える場所」を紹介。

「吉川英治記念館」「長谷川町子記念館」などを訪問してみました。

どちらも有名人にちなんだ場所なのですが、移動時間もかかるため、北海道から東京に行った際、限られた時間の中では尋ねるのが微妙な所ばかり。

今回もそのような「微妙な場所」に行ってまいりました。

 

訪問したのは栃木県の足利市。

皆さん、「足利」という名前は聞いたことがあると思うんです。足利尊氏や足利義満などといった歴史上の人物が「足利」と言いますね。

足利市はまさにその「足利氏」の発祥の地と言いますか、室町幕府を築いた歴代の足利将軍たちにとって、先祖伝来の地、となります。

自分は大河ドラマの「太平記」のファンだったので、一度行ってみたい、と常々、考えておりました。

また、全国的に有名な「足利学校」にも行ってみたいと考えていました。

でも、北関東の観光地って、北海道からでは結構、行き辛いのです。これは昨秋の宇都宮訪問でも実感したのですが、

足利市も、東京から片道1時間以上かかってしまいます。

なので社会人がたまの休みを利用して東京旅行を行った時、足利市へ行こう、とはなかなかなりづらいのではないか?と思います。

 

今回、思い切って、その足利市に行ってみようと考えました。「足利に興味があるけど、わざわざ行く価値あるのかな?」と躊躇している道民の皆さん、今回の報告を参考にしてみてください。

 

 

・・・・・・といいつつも、いざ、足利市にいこうとしても、どうやって行けばいいのかわからない。

 

調べた結果、JR線と東武鉄道伊勢崎線で移動可能。でもJR線だと色々と面倒なのと、せっかくなので私鉄にも乗ってみよう、と考え、東武鉄道で移動することにいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、東武鉄道の浅草駅ホームの様子。終着駅のため、ご覧のように鉄道車両を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは東武500系電車「リバティ」。

2017年に登場したばかりのピッカピカの新車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

目的の足利市駅までは、こちらの特急りょうもう号に乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、浅草駅はホーム自体が若干カーブしております。

 

 

 

 

 

 

 

なので車両とホームの間にこんな感じですき間があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

なお、ホームの先端はこんな感じ。

画像の感じよりももっと狭いです。怖いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こう書かれているので、これ以上は先に行かないようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

これが内部。なかなか落ち着いた内装ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

   

さて、朝食も取らずに出てきたので、ここで食事とします。せっかくなんで東京の駅弁を食べてみよう!

チョイスしたのは「東京名物」の深川めし。「名物」っていうくらいだから、地元では日常的なものだとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

なかなか豪華でしょ?

味のしみたアサリのごはんにお魚、おかずが詰まっています。

なんとなく、イメージに合う気がします。

とてもあっさりしていたので、朝の胃袋にはありがたかったです。なかなかボリュームもあって、食べごたえがありましたよ。

 

 

 

 

こうして浅草駅を出発しました。続く