審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

足利への小旅行 その6 渡良瀬橋

さて、史跡めぐりを紹介し、歴史知識のひけらかしにもお付き合いいただきました。

 

これで大満足し、じゃあ帰るか、と思ったところ、案内地図に「渡良瀬橋」とあるのが目に留まりました。

 

なんか聞いたことあるなあ、ああ!あの高校時代には流行った歌か!

 

皆さん、ご存知ですか?森高千里さんの「渡良瀬橋」という歌を。

加納と同じ世代のお父さん、お母さんなら、ちょうど中学、高校、大学の青春時代に流行っていたので、覚えている方も多いと思います。

 

え?もしかしてあの「渡良瀬橋」なの?

 

とスマホで調べてみたところ、森高千里さんの「渡良瀬橋」は、まさに足利市の渡良瀬川にかかる橋の一つ「渡良瀬橋」をモデルにいた歌なんだそうです。

おお、偶然とはいえ、スゴイぞ!せっかくだから、行ってみよう!と考えました。

 

 

 

 

 

 

 

    

東武鉄道の足利市駅から歩いてすぐのところに、渡良瀬川があります。

ご覧のように渡良瀬川は川幅のとても大きな川でした。なお、写真に写っているのは渡良瀬橋ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

   

これが渡良瀬川です。なお、渡良瀬橋からの眺望ではありません。

撮影したのは早朝で、水面に映っているのは夕日ではなく朝陽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

そしてこれが渡良瀬橋です。

え?わかりにくいって?

 

 

 

 

 

 

 

  

こちら。銀色に輝くトラス橋こそ、あの有名な渡良瀬橋。

 

 

 

 

 

 

    

どうですか?皆さんの想像していた渡良瀬橋と似ていますか?

なんか、特別な橋、というわけでもなく、至って普通の橋、ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、渡良瀬橋に行ってみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ近づいてきました。朝日を浴びて輝いているようにも見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

これが渡良瀬橋です。

森高千里さんが「渡良瀬橋」を作詞する前まで、渡良瀬橋と言う橋があることを知らなかった、とのこと。

新曲では橋をテーマにしたい、と考え、地図帳で語感のいい地名を探したところ「渡良瀬川」という名前が目に付き、そして「渡良瀬橋」という橋があることを知ったそうです。

その後、実際に渡良瀬橋を訪ねて、イメージを膨らませたとのこと。

その訪問の際に、渡良瀬橋から見えた夕日がとても綺麗で、ぜひ詩にしたい、と考えたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  

なお、渡良瀬橋は自動車専用で、その隣の歩行者専用橋から見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

歌詞の中で「渡良瀬川の河原に降りて」というくだりがありますが、あれは実際に森高千里さんがこの河原に降りた時に、風があまりにも冷たくて風邪をひきそうだ、と感じたことをそのまま歌詞にしたそうです。

 

渡良瀬橋が発表された時、自分は高校三年生でした。あの年代だからかもしれないですが、毎日、歌を聞いていました。と言ってもヒット曲ばっかり。Bzやチャゲ&飛鳥、ミスターチルドレンなんかです。楽器を弾けないどころか楽譜だってわからないくせに、音楽批評めいたことを語っていたように思います。特にチャゲアスの大ファンでした。あの時はまだ、スマップがブレイクする直前で、「自分で作詞作曲する人」の方がアイドルよりも格上だ、という、おかしな風潮がまだありました。「シンガーソングライター」が「アーティスト」と呼ばれるようになったのもこのころ。

そんな中で森高千里さんは、どちらかというとアイドルという存在です。

失礼ながらも高校三年生当時の自分が持っていた森高千里さんの当時のイメージは、「バブルのイケイケお姉さん」というもの。

いや、本当に失礼なんだけど、歌もコミックソングのように聞こえたし、あの派手目な衣装と、そしてミニスカートですよ。

正にバブルじゃないですか。

 

その「お姉さん」が、いきなり良い感じの曲を発表したじゃないか!

 

ただそこはまだまだ愚かな高校生。詩の内容を理解するよりも、その曲の感じの方が印象に残っていました。カラオケの大ブームのときで、みんな、カラオケでいかに格好よく歌うか、を目標に「サビで格好つけることができる曲」をチョイスして練習していました。

そのため「曲の3分の2はサビ」、「残りはすべてサビの繰り返し」という曲まで登場していました。いえ、T-BOLANのことじゃないですよ!

渡良瀬橋も、最初はそんな「カラオケソング」の一つのような感じで、その曲調が記憶に残っていました。

 

それから時間が経って、次々と新しいヒット曲が発表され、コムロ系が登場し、ヒップホップやAKBなどのアイドルの時代となりますが、自分はいつの間にか関心を失くしていました。

渡良瀬橋を聞く機会も少なくなっていました。

 

今回、たまたま渡良瀬橋を見つけたので久しぶりに「渡良瀬橋」を聞いてみたんですが、曲もいいですが、歌詞がとてもいい!!

本当は切ない内容の歌詞なのに重くなく、寂しいながらも明るい。

こんなにいい曲だったんだ、と改めて実感しました。発表されたのが1993年ですから、26年ぶりの再発見、でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが渡良瀬橋からの眺め。

大きな川に遠くに見える山々、ポツンと見えるビルや家屋。

何の変哲もない、日本のどこにでもありそうな地方都市の風景です。

でも、なぜか懐かしいものも感じさせます。

 

実際、帰宅後に渡良瀬橋の曲について調べてみたところ、「懐かしい」という感想を多く目にしました。

そう、今、「渡良瀬橋」を聞くと、なんだか懐かしいような、安心するような感じがします。

 

歌詞の中に「八雲神社」が登場しますが、足利市内には多くの八雲神社があるそうです。森高さんはたくさんあることを知らなかったそうです。というか、別にどこの神社でもよかった、聞いている人の近所の神社でもよかったそうです。

皆さんの記憶にも、若いころを過ごした土地の風景や神社の建物があると思います。

 

通院していただいているご家族で、この春から道東にお引越しされる方がおられます。

道東に長く生息していた自分は、それを聞くと同時に「道東は寒いっすよ」「娯楽なんて何にもないですよ」「札幌から遠くて寂しいですよ」などと、ネガティブなことを得意げにまくしたてました。大人なら札幌から道東へ引っ越しとなると「あ~あ」となるのが偽らざる気持ちだと思います。

でも、一緒に引っ越す小さいお子さんたちにとっては違います。

道東の地方都市で新しい友達ができ、好きな異性もできるわけです。友達と遊んだこと、好きな子と一緒に帰った日、などの思い出の場面は、常に道東の田舎の景色を背景にして記憶されることになります。

その時に見た風景は彼ら彼女らにとって永遠となる、唯一無二の記憶として、生涯、胸に刻まれることになります。この記憶の風景は絶対的で、世界中のどんなにすばらしい景色を見ても、勝ることはできません。また、彼らの生涯に渡って励ましてくれることにもなります。

「あの頃」の風景に、田舎かどうか、なんて関係がないですよね。皆さんも、かけがえのない風景の記憶があると思います。

 

これは日本に一つしかない渡良瀬橋を歌っている曲ではありますが、でもそれは誰の記憶にも残っている景色でもあるんですね。

 

久しぶりに「渡良瀬橋」を聞いて、ネガティブなことを言ってしまったことを、結構、真剣に後悔してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

もう一度、渡良瀬川の眺めを。できれば「渡良瀬橋」を聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに聞いても、森高さんの「渡良瀬橋」は、歌詞も曲も全く色あせていないどころか、むしろ瑞々しさを増しているように思います。

 

「渡良瀬橋」は紛れもない、「平成時代」を代表する名曲の一つです。

 

残りわずかとなった平成の終わりに、この渡良瀬橋に来ることができて、本当によかったです。

 

新しい時代でも、ぜひ、歌い継がれていってほしい。

 

北海道から遠く離れた渡良瀬橋で、なぜか懐かしさを感じつつ、渡良瀬川を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

足利市駅から見える渡良瀬橋。

曲に出てくる男性も、電車でやってきたとか。

 

 

最後に足利駅で流れる発車メロディーをご紹介して、この記事を終わります。(JR足利駅の方です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

これにて、加納が行なった足利市への小旅行のご報告は終わりになります。

重大な史跡を巡ったり、歌の舞台で感慨にふけったり、様々なことを楽しむ事ができました。

北海道から行くのは大変ではありますが、行くだけの価値がありますよ!

できれば平成の内にいってみよう!!