審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

大河ドラマ「いだてん」を見てます!

今年は新年開始早々から、多忙なんですよ。

各種会合に出席したり、見学させてもらったり、講習会に出席したり。

・・・・こう書くと、なんだか凄そうに聞こえるかもしれませんが、8割ほどは「仕事が遅いから」が原因ですので、決してほめられるものではありません。

先週も東京から帰った後、本日まで休みなくやってきまして、その間、会合出席や西区の地域ケア会議に出席するなど、結構、無理してます。

地域ケア会議ですが、昨年からチョイチョイという感じで参加しております。医療関係の様々な職種の方々が様々な問題を話し合う、というもの。介護の方面はあまり詳しくなかった自分にとって、地域包括システムについて学ぶ、良い機会なので、都合が着けば出席するようにしています。

先日は、昨年9月の大地震の時に何をしたか、何ができたか、について話し合いをしました。

といっても、正直、あの時、何をしていいのかわからず。電気が無い状況では、歯科医院も何もできず。じゃあ、近所の避難所に清掃指導のボランティアにでも、と思っても、勝手に動いていいのかわからず。

皆さん、緊急時に無意識に頼りにするところって、区役所とか大きな病院だと思います。自分も大病院に行けばなんとかなるんじゃないか、などと考えていましたし。実際、大病院で勤務するお医者さんや看護師さん、その他の医療関係の方々は、緊急時にも関わらず出勤していたそうです。それを聞いて大病院は、いざと言う時に中心的な存在になれるんだなあ、と実感。じゃあ、歯科はどうなんだろう?と。個人の医院は多いけど、緊急時にどこか中心的な存在になる医院が西区にはあるのだろうか?自分が知らないだけで、実際にはシステムがあるのかもしれないので、これについては調べてみようと思います。

自分と同じような感想を、処方箋薬局の方もおっしゃっていて、薬局だけにたくさん、薬はあるけれど、どれもお医者さんの許可がないと出せないので、できることは少なかった、とのこと。医療機関といいつつも、無力だったことでは一緒だったようです。

ちなみに、あの地震の後に北海道全域が停電しましたが、意外にも交通事故はいつもよりも少なかった、というかほとんどなかった、とのこと。あの時は信号もダメになっていましたし、街灯もついておらず真っ暗で、運転するのは非常に危険な状況でした。まず車の運転を控えた人が多かったというのが第一の理由ですが、やっぱり災害時のマナーが良かったのではないか、とのこと。海外だと事故が多く発生するそうですが、やはり日本人の性格が現れたのでしょうか?日本人アゲをするつもりでもないのですが、これは道民として喜んでいいのかもしれません。

 

・・・まあ、そんなこんなで日々、過ぎています。

 

そんな中ですが、久しぶりに見るのを楽しみにしているドラマがあります。今年の大河ドラマの「いだてん」です。

皆さん、どう思います?なんか視聴率が低い、というニュースが流れていますが、そんなにつまらないですかねえ。

自分は軽妙な感じで好きなんですけどね。

正直ね、僕は戦国とか幕末とか、飽きちゃってましてね。毎年、本能寺とか龍馬の最期を見届けるうちに、年中行事みたいになっていましたし。

幕末の「いま日本をなんとかしないといけないんだ!」という切迫感、責任感も、たまにはいいけど、毎年のように背負わされてしまうと、「もう江戸時代のままでもいいよ」と思ってしまうようになっていました。本能寺も「チャッチャとやってくれ」と言う感じ。

今回のドラマは、なんとも快活で明るい感じが漂っていて、何よりもあらすじが分からないので、毎週楽しみです。

開国直後の日本が初めて世界の華やかな舞台に参加する、しかも代表選手は田舎もの。

昨年の平昌オリンピックでも地元出身選手の活躍に、地元が湧きましたが、いだてんのころは世界から見れば日本自体が「田舎」だったわけで、その田舎代表がこれから世界で活躍するんだ、と、なんだか地元で応援するような感じで見てます。ちょっと「アレ」ですが。

 

ドラマも面白いと思うんですけどね。大河ドラマって、なんか重いじゃないですか。その空気を壊そうとして無理にホームドラマ風にすると、興がそがれる感じがするし。

主人公が初めての大会で世界記録で優勝するのを、落語で語ってしまう、なんて、いかにも「東京」って感じで、面白かったですし。

それと町の賑わいなど、当時の想像の中の「東京」像が再現されていて、見ていて楽しいですけどね。

 

金栗四三という人については、「知ってるつもり」でしか見たことがありませんが、もうすぐあのストックホルムオリンピックでの話が描かれるそうで、楽しみです。

オリンピックに地元の選手を送り出す、いやオリンピックじゃなくとも甲子園に地元の選手を送り出す、という気持ちで見てみましょう!

 

 

 

 

・・・・・・・・何も書くこともないので、余計なことを書いてみました。