審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

釧路のアイスホッケーチーム、廃部

先日、釧路を拠点とするアイスホッケーチーム、日本製紙クレインズが、ホームである釧路での最後の試合を終え、そして昨日、サハリンに敗北し、その歴史に幕を閉じました。

 

そういえば釧路って、アイスホッケーの強豪地域だった、と思いだしました。

 

一昨年、講習会出席のため釧路を訪問したのですが、その移動の際、釧路の先生の自動車に乗せていただいたときのこと。車の後部座席には、アイスホッケーのスティックが積んでありました。「釧路らしいでしょ」とは先生の言。なんでも、地元のアイスホッケーチームに参加されている、とのこと。

「地元のアイスホッケーチーム」、とさらっと出てきましたが、そういうアマチュアチームがあること自体が驚きです。(札幌にもあるかもしれないけども)

そういえば、道東出身の自分が札幌に出てきて驚いたのが、札幌のでは冬に小学校の校庭にリンクが作られないところもある、ということ。

自分と同じ道東出身者、もしくは道北の出身の方、あるいは苫小牧など道内の他の地域の方なら、「冬に小学校の校庭にスケート用のリンクが作られるのは当たり前」という感覚がありませんか?

幼少期を道東で暮らしていた自分にとって、冬に学校の校庭にアイススケートリンクがあり、スケートの授業があるのは、何の疑問もない常識でした。どうやらそっちの方が珍しいようで。

ただ、道東の中でも異なっていて、オホーツク地方や道北地方では札幌と同じく、小学校低学年はスキーの授業があり、3年生くらいからスケートの授業が始まります(そういえば札幌って、スケートの授業ってあるの?)。

しかし!釧路では低学年からスケートの授業が行われ、そのままスケートのみなんだそうです。

 

・・・・・・・・・・ここで、小学校のスキー授業、スケート授業を調べてみたら、同じ北海道でも道南ではスキー授業もスケート授業も行われないんですね。少なくとも北海道では、どっちかはやつのが当たり前だと思ってた。

 

 

脱線しましたが、釧路などの太平洋地域は雪が少ないので、スキー授業は難しい、もしくは学校などのある市街地からスキー場が遠いのでスキー授業が行えない、などの事情もあります。

北海道すべてが豪雪地帯、というわけではありません。釧路なんて、全然積もりませんよ。なのでスキー授業ではなく、一貫してスケート授業が行われるそうです。十勝も雪は少ないのだけど、釧路よりは積もります(100%個人の感覚に基づく発言)。でもなんせスキー場までが遠い!!

でも、よく考えてみると、スキー授業ができる街も限られていますよね。

札幌市西区なんて、スキー授業をするには恵まれているかもしれません。なんせ盤珪スキー場まで、20~30分くらいしかかかりません。

 

それはさて置き、上記のように、十勝、釧路は気候面からも幼少のころからスケートに親しむ環境が整っているため、スケート熱が高いです。昨年のオリンピックでも、スケートのメダリストは十勝出身だったり、厚岸出身だったりします。

 

ホッケーの熱が高かったのも、地元にホッケーチームがあったことも要因だったのではないでしょうか?

 

そのホッケー選手の受け皿としての社会人チームがなくなってしまった。

ホッケーの日本代表スマイルジャパンの出身者も、ほとんど北海道出身者。アイスホッケーができる地域は、日本でもかぎられているんですよね。

いわば北海道は日本で最も世界レベルに近いといえます。いえ、世界地図を見ると、アジアでも世界レベルに近い地域とわかります。

 

だからこそ、北海道から冬季競技のチームがなくなることは、残念ですね。

 

皆さん、地元に冬季競技のスポーツ少年団ってありませんでしたか?

道東ではスピードスケート少年団とかがあったんですが。

 

「北海道から世界レベルの選手を育成する」なんていうと、なんだか大変な事業のように思えますが、小学校のころからスキー授業やスケート授業がある段階で、すでに日本で最も冬季競技のレベルが高いことになります。ということは、地元の冬季競技の少年団を応援することが、世界レベルの選手を輩出することにつながる、と言えるのでは?

そう考えると、案外、北海道では「世界レベル」は身近にあるのではないか、と思いました。

 

釧路や札幌でアイスホッケーのチームが復活してほしいと思います。

 

 

・・・・なくなって存在価値に気づくって、鉄道路線と同じですね