審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

釧路のアイスホッケーチーム、廃部

先日、釧路を拠点とするアイスホッケーチーム、日本製紙クレインズが、ホームである釧路での最後の試合を終え、そして昨日、サハリンに敗北し、その歴史に幕を閉じました。

 

そういえば釧路って、アイスホッケーの強豪地域だった、と思いだしました。

 

一昨年、講習会出席のため釧路を訪問したのですが、その移動の際、釧路の先生の自動車に乗せていただいたときのこと。車の後部座席には、アイスホッケーのスティックが積んでありました。「釧路らしいでしょ」とは先生の言。なんでも、地元のアイスホッケーチームに参加されている、とのこと。

「地元のアイスホッケーチーム」、とさらっと出てきましたが、そういうアマチュアチームがあること自体が驚きです。(札幌にもあるかもしれないけども)

そういえば、道東出身の自分が札幌に出てきて驚いたのが、札幌のでは冬に小学校の校庭にリンクが作られないところもある、ということ。

自分と同じ道東出身者、もしくは道北の出身の方、あるいは苫小牧など道内の他の地域の方なら、「冬に小学校の校庭にスケート用のリンクが作られるのは当たり前」という感覚がありませんか?

幼少期を道東で暮らしていた自分にとって、冬に学校の校庭にアイススケートリンクがあり、スケートの授業があるのは、何の疑問もない常識でした。どうやらそっちの方が珍しいようで。

ただ、道東の中でも異なっていて、オホーツク地方や道北地方では札幌と同じく、小学校低学年はスキーの授業があり、3年生くらいからスケートの授業が始まります(そういえば札幌って、スケートの授業ってあるの?)。

しかし!釧路では低学年からスケートの授業が行われ、そのままスケートのみなんだそうです。

 

・・・・・・・・・・ここで、小学校のスキー授業、スケート授業を調べてみたら、同じ北海道でも道南ではスキー授業もスケート授業も行われないんですね。少なくとも北海道では、どっちかはやつのが当たり前だと思ってた。

 

 

脱線しましたが、釧路などの太平洋地域は雪が少ないので、スキー授業は難しい、もしくは学校などのある市街地からスキー場が遠いのでスキー授業が行えない、などの事情もあります。

北海道すべてが豪雪地帯、というわけではありません。釧路なんて、全然積もりませんよ。なのでスキー授業ではなく、一貫してスケート授業が行われるそうです。十勝も雪は少ないのだけど、釧路よりは積もります(100%個人の感覚に基づく発言)。でもなんせスキー場までが遠い!!

でも、よく考えてみると、スキー授業ができる街も限られていますよね。

札幌市西区なんて、スキー授業をするには恵まれているかもしれません。なんせ盤珪スキー場まで、20~30分くらいしかかかりません。

 

それはさて置き、上記のように、十勝、釧路は気候面からも幼少のころからスケートに親しむ環境が整っているため、スケート熱が高いです。昨年のオリンピックでも、スケートのメダリストは十勝出身だったり、厚岸出身だったりします。

 

ホッケーの熱が高かったのも、地元にホッケーチームがあったことも要因だったのではないでしょうか?

 

そのホッケー選手の受け皿としての社会人チームがなくなってしまった。

ホッケーの日本代表スマイルジャパンの出身者も、ほとんど北海道出身者。アイスホッケーができる地域は、日本でもかぎられているんですよね。

いわば北海道は日本で最も世界レベルに近いといえます。いえ、世界地図を見ると、アジアでも世界レベルに近い地域とわかります。

 

だからこそ、北海道から冬季競技のチームがなくなることは、残念ですね。

 

皆さん、地元に冬季競技のスポーツ少年団ってありませんでしたか?

道東ではスピードスケート少年団とかがあったんですが。

 

「北海道から世界レベルの選手を育成する」なんていうと、なんだか大変な事業のように思えますが、小学校のころからスキー授業やスケート授業がある段階で、すでに日本で最も冬季競技のレベルが高いことになります。ということは、地元の冬季競技の少年団を応援することが、世界レベルの選手を輩出することにつながる、と言えるのでは?

そう考えると、案外、北海道では「世界レベル」は身近にあるのではないか、と思いました。

 

釧路や札幌でアイスホッケーのチームが復活してほしいと思います。

 

 

・・・・なくなって存在価値に気づくって、鉄道路線と同じですね

雪まつりに行ってきました。

昨日は久しぶりに朝から暇だったので、雪まつりにいってきました。

いやあ、寒かったっすよ!

 

雪まつり会場は、やっぱり混雑していましたね。外国の方も非常に多かったし。

 

そんな中、思わず注目してしまう雪像が!!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら!HTBとJR貨物の雪像広場にあった、DF200形、通称「レッドベア」の雪像じゃないか!

 

なんでこんなマニアックなものが雪像になったんだ?

でも理由なんてどうでもいい!!貨物が主役になるなんて、なんだかうれしいですね。ええ、関係者じゃないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに会場ではライオンによる予防歯科クイズが実施されていました!

「歯のクイズが始まるよ!」と聞いたとき、「おっしゃ、全問正解してやる!」と大人気なく意気込んだのですが、第一問が「ライオンくんはお父さんである 〇か×か?」という問題。

そんなのわかるわけないじゃん!!

というわけで、早くも一問目で挫折し、雪まつり観光に切り替えました。

 

 

 

 

 

 

 

なお、ステージにはテレビで見かける女子アナウンサーの方が歯科医(司会の変換ミスですが、歯科啓発のためこのまま掲載)をしていました。

 

いつもなら「あ!テレビでよく見る有名人だ!」とミーハー心が刺激されるのですが、昨日はそうはなりませんでした。同じ会場に「アレ」があったんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとJR貨物の特設スペースがあるじゃないか!

こっちの方にすっかり関心が向いてしまいました。これでは女子アナどころではありませんよ!

 

 

 

 

 

 

 

    

中にはなんと、JR貨物をメインとしたNゲージジオラマが!!

車両には新幹線や特急車両はありません!すべて貨物列車!!

 

この時点で興奮度マックス!!

 

でも、子どもが多かったので、すぐに会場を後にしました。少年よ、貨物を学べ!!

 

なお、JR貨物のコーナーではグッズ販売も行われ、この会場だけの限定販売の品もあったそうですが、すでに売り切れ。

 

ああ、残念。

 

 

でも北海道新幹線ではなく、JR貨物がメインの雪像ができるなんて、なんだか不思議ですね。

 

 

この後、グルメを楽しんだりして帰りました。

 

 

雪まつりはなかなか楽しかったですよ!

北海道が「デスティネーション オブ ザ イヤー」に選出される!

先日、北海道新聞に、

「政府観光局は15日、米大手旅行雑誌「トラベル+レジャー」が、2018年に世界で最も注目を集めた旅行地「デスティネーション・オブ・ザ・イヤー」に、日本を初めて選んだと発表した。」

という記事が掲載されていました。

そして「同誌オンライン版は日本特集を始め、「ゴールデンルート」と呼ばれる東京や京都のほか北海道、九州などを記事や動画で取り上げている。」とのこと。

 

「トラベル+レジャー」という雑誌がどのくらい有名なのか、知りませんが(アメリカ国内向けらしいので)、北海道も載っているらしい、と聞いてWebサイトを見てみたところ、確かに北海道も載ってました!

 

まずは「These Lifelong Skiers Will Help You Find Japan’s Best Hidden Slopes」と題したスキーのところで、ニセコが取り上げられていました。

まあ、ニセコは近年、国際的にも知名度が向上しているのでわかりますが、他にルスツも取り上げられていました。

また、なんと夕張まで紹介されていたのには驚いた。「Melon Kuma 」という単語を見たときは吹きましたが。

 

 

 

そしてそして、なんと「The Essential 4-day Itinerary Around Eastern Hokkaido」と題して、道東が紹介されているではないですか!

 

道東では釧路湿原、阿寒摩周国立公園の摩周湖、屈斜路湖、硫黄山、知床、開陽台などが紹介されていました。

なんか間違いそうなんで、日本語訳は掲載しませんので、ご自身で見ていただきたい。

https://www.travelandleisure.com/trip-ideas/japan-eastern-hokkaido-itinerary

トラベル+レジャーの「TRIP IDEA」の中にあります。

 

そういえば3年ほど前には、ナショナルジオグラフィックにも選ばれていましたよね。(道東じゃないけど)

 

やっぱり道東には世界に訴えるだけの価値があるんですね。

 

 

There are American everybody, these national parks along the Senmo line.

 

 

 

 

おまけ

 

 

ついでにこのまえご紹介したばかりの動画を再度、ご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十勝に行ってきました。

札幌では地震の影響も落ち着き、日常に戻っていますね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

これまでの2週間ほど、地震のために先送りになっていたことを片付けていたりしたので、ブログを更新するヒマがありませんでした。

この間ですが、虫歯予防管理プログラムについての院内講習会を開きました。ようやくですが10月から導入いたします。

これに合わせて、顕微鏡による細菌の観察、RDテストによる虫歯菌の把握、なども再開いたします。

これらはもともと行っていたのですが、人員不足であったり、色々と忙しかったりで中断していました。

自分は開業時の方針として「細菌」をキーワードにしていました。CAMBRAは、その方針にも合っていまして。より具体的にお話しできるかと思います。

 

 

さて、9月23日、24日の連休ですが、久しぶりに十勝に旅行にいってまいりました。

 

もともとはお盆くらいから十勝旅行を考えていたのですが、あの地震が発生した時には中止にすべきか迷いました。こんな時に旅行するのも不謹慎なんじゃないか、と。でも、むしろ自粛による損害が広がっている、との報道を目にし、おかしな使命感にとらわれ、十勝行きを決行いたしました。

この「不謹慎なんじゃないか・・・・」として自粛してしまうのは良くないそうで。ススキノのお店でもキャンセルが相次いでいるそうです。そういえば、もし西武が札幌で優勝した場合、祝勝会は自粛するかも、となっているそうですが、自分の考えではむしろ派手に騒いでほしいですね。「ソレはソレ、コレはコレ」ですよ。西武にとっても何年ぶりの優勝でしょうか?優勝を決めた夜に騒がなくて、いつ騒ぐと?

 

なんだか脱線してしまいましたが、あの大停電のために、北海道全体が大災害に遭ってしまったかのような印象がありますが、道東は震度4が最高で、十勝は震度3が多かったそうですが、もともと十勝・釧路方面は地震が多い地域ですので、震度3は結構、日常的。

で、なんで十勝に行ったかというと、昔食べた十勝の焼肉が無性に食べたくなって仕方なく。

十勝は肉はどこも美味しいと思います。値段も手軽だし。

到着早々、早速、市内の焼肉屋さんに入ったのですが、いやあ、期待を裏切らない美味しさでした。サガリ、カルビの定番はもちろん、牛タン、ホルモンなどをお腹に収納してまいりました。翌日は池田のワイン城で、ステーキを食べました。妻はワインも飲んでいましたが。

お土産にスウィートポテトを購入し、十勝ワインも(安価なモノを)2本、手に入れました。

 

十勝の現在ですが、一面、原色でしたよ。収穫の残っている畑は真黄色がひたすら広がり、牧草地は綺麗な緑色で絨毯を広げたかのようで、来年に向けて耕したばかりのところは黒土で真っ黒、秋まきを植えたところは緑の苗の線がいくつも並んで彼方の景色まで続いていました。

鉄道好きなら豊頃から浦幌に向かう途中に見える、十勝川をまたぐトラス橋がお勧めです。なかなか絶景です。

 

そういえば、豊頃から池田に向かう裏道を走っていると、脇の畑に6羽くらいの鶴の集団を見かけました。釧路では増えすぎて十勝でも見かけるようになった、とは聞いていましたが、本当にいた!地元民でも「初めて見た」とのこと。丹頂鶴は順調に回復しているようですね。

 

こうして、景色も味覚も満喫した旅行となりました。

 

なお、この機会に十勝の「わが町記念入場券」もすべて購入しました。

これにて「道東エリア」は完全制覇です!

・・・・・しかし道北と道央と道南が残っている(今別なんてどうやって行けと?!)。

 

JR北海道には、あと3年ほど、販売期間を延長していただきたい。

鉄道マニアの巡礼はしばらく続きそう。