審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

頑張れ!平成最後の甲子園!!

昨日、今年の選抜甲子園の組み合わせが決定しました。

 

この大会では札幌第一と、札幌大谷が出場します。

この札幌大谷の出場って、平成の北海道の高校野球を表していると思うんです。

 

昭和時代や平成の初期まで、北海道は全国有数の高校野球弱小地域でした。

甲子園出場は、高校生活の思い出作りの一環で、文字通り「出場することに意義がある」という感じ。大抵は初戦敗退、運が良くて4年に一度くらいの割合で初戦突破。それも2回戦で敗退。初戦突破だけでもかなり興奮していました。

当時の北海道のテレビや新聞の扱いも、大差で初戦敗退した場合でも「5回に粘りを見せた!」「終盤、道産子魂を見せつけた」と、試合の一部で起こったささやかな抵抗を、大々的に報道し、まるで全国の選手、大会関係者に「北海道のチームはなかなかやるぞ!」と植え付けたかのような印象を与えていました。もちろん、そんなことはないんですけどね。

九州勢や近畿勢にいは絶対に勝てない、と思い込んでいました。それくらい、強豪地域との差がありました。この差は100年たっても埋めることはできないだろう、と思うくらいに。

 

流れが変わったのは、駒大岩見沢が選抜大会で準決勝に進出したころ、でしょうか。

先ほども言った通り、初戦敗退が常だった北海道勢が、勝ち上がった!しかも野球強豪地域の愛知県代表や東京代表と対戦しての勝利!!

 

この後、2回戦突破する北海道代表が現れ、そしてあの駒大苫小牧による連覇、準優勝が起こります。

 

あの優勝の場面は、今でも覚えているし、感動してしまう。

まさか自分が生きている間に、北海道の高校が夏の甲子園大会で優勝するなんて!!

本当に信じられませんでした。

 

それから北海道勢は甲子園でも勝ち始めます。

2回戦突破で奇跡と言われていたのが、ベスト8ベスト4も珍しくなくなり、そして選抜大会準優勝、夏の大会準優勝も達成!

いまや堂々たる全国有数の強豪地域となりました。

 

日本ハムの移転の影響も大きいのではないでしょうか?

プロのプレーが間近にあることで、「アマチュア」の先の世界を見ることができますもんね。

昭和時代や平成の初期なんて、北海道はプロスポーツ不毛の地でした。プロ野球は全く遠い存在でした。

そして、今回の札幌大谷高校ですが、なんと昨年の神宮大会で優勝しています。しかも優勝経験のある龍谷大平安、強豪地域の九州代表・筑陽学園、松井秀喜を輩出した星稜高校、とどれも高校野球ファンには有名なチームばかり。立派な優勝です。

 

今や北海道勢が全国大会で優勝することは珍しいことではなくなりました。

 

平成の北海道の高校野球の歴史は、昭和世代ではなく、平成世代が自力で切り開いてきた、と言えます。

 

その平成時代の北海道の高校野球を象徴する「優勝校」札幌大谷が、平成最後の甲子園大会に出場する。

北海道の高校野球にとって、なんとも素晴らしい平成時代のしめくくりですね。

 

札幌大谷、札幌第一の選手たち、憶する必要はない!歴史は平成世代が作ってきたのだから、自分たちが歴史を作る、という気持ちで戦ってくれ!

 

大波乱!ストーブリーグ!!

新年が明けたと思ったら、なんともう11日。平成最後の1月11日。新元号では「〇〇1年1月1日」は実現できないんですね。

 

さて、更新も滞っておりますが、現在、2月の東京行きに備えて3歳児くらいまでの口の育成について学んでおります。

よく問題になる「指しゃぶり」についても勉強しております。

まあ、更新が滞っているのには他にも理由がありまして。昨年から広告等のルール変更が行われ、ネット上での表現も慎重にならざるを得ません。

今後は更新は頻度が少なくなると思われます。

 

とはいえ、何も更新が無いのも「アレ」なんで、野球の話題でも。

 

近年まれに見る活況を呈した今年のストーブリーグ。あと3週間もすればキャンプが始まりますが、なんとオフシーズンの間も(一部の間で)野球の話題が途切れることはありませんでした。日本ハムファンにとっては吉田君をはじめ、甲子園スターの入団、金子投手の獲得、マルティネス、ロドリゲスの残留、中田の複数年契約、台湾の大王の獲得、と、2~3年分の補強を先取りしてしまったかのような印象があった今オフですが、上には上がいるもんだ。

今年のストーブリーグの主役は、やはり巨人でしょう。

しかも最後の最後に「長野移籍」という、ドラマが待っていようとは!!

 

なんで巨人は内海、長野という、巨人を象徴する選手を放出してしまったのか?

ネットで囁かれているのはFAで大竹投手を獲得した際の「一岡ショック」。

大竹投手がなかなか成績を残せない中、人的補償で移籍した一岡選手が、今や広島・中継ぎ陣の主力となってしまった事件のことです。

しかも一岡投手がとても若かった、という点が首脳陣を委縮させ、プロテクトも若手中心に行われたため、ベテラン勢はプロテクトを外されてしまったのです。

しかし巨人も何もしていなかったのではなく、ベテラン選手の年棒を上げて手を出しにくくしたり、上原投手のように一度、契約を解除して、リスト提出後に再契約するという「そこまでやる!?」というテクニックを駆使していました。確かに一昔前の広島カープでは、2億円を超える選手と契約できるわけがありません。

ところが時代は変わってしまった!今や広島カープこそ、12球団でも上位の金満球団に変貌。2億くらい払ってやるよ、と球界の盟主(死後になりつつある単語)に仁義なき戦いをしかけてしまったのです。やはり一昔前なら、色々な球界内部の「政治圧力」が作用したとおもわれますが、地方球団が活況を呈する21世紀のプロ野球では、「全国中継」の威力も失墜。もはや巨人が強引に球界を仕切ることができなくなってしまいました。

 

丸、炭谷の獲得と、内海、長野の放出。果たして巨人は得をしたのでしょうか?

 

しかし、「放出した若手がよそで活躍したのが悔しいから、若手をプロテクトした」ってのが、いかにも巨人らしい。

 

この点、かつての吉岡や大森を2軍に留め続けた時代を思い起こさせます。

 

いいじゃん、もし巨人に残っていても活躍したとは限らないし。

 

こうなると、ある意味で日本ハムのトレードの方が良いのかもしれませんね。主力選手でも思い切って放出する。

糸井選手も吉川投手も、他所で活躍してますし、移籍してきた選手も同様。

なんか、ここ数年のフロントのドライさに、ファンが慣らされてしまったんでしょうか?

 

様々な意見の飛び交う今回のオフシーズンですが、移籍先でどちらも活躍すれば、大成功、となります。

 

しかし今年は面白かった!来年は、あの西武の秋山選手のFAが控えています。どんな展開になるのでしょうか?

2019年のストーブリーグはすでに始まっています!

2018年、日本ハム回顧

回数こそ少なくなったものの、当ブログの重要コンテンツであり続けた日本ハム。

正直言って、歯科のことを書いたときよりも、日本ハムのことを書いたときの方が圧倒的に反応が多いのです。

ごくたまに日本ハムのことを書いてと言われることもあるのですが、これがなかなか大変で。

 

さて、今年の日本ハムですが、シーズンの印象を語ろうと思うのですが、なんというか、「なんか知らないが、なかなか強かった」という、極めてあいまいな感想しか浮かばないのです。

正直、昨年以上に「固定メンバー」が浮かんでこないにも関わらず、チームは8月下旬まで優勝争いをしていましたし。

今年はやはり、抑えに絶対的な存在を見いだせず、複数投手を試さざるを得なかったように思えます。石川投手には期待したいですね。

 

でも、個々に見てみると、なかなか将来に期待できる選手が揃っています。

清水優心、渡邊諒、といった選手が戦力に加わりました。横尾選手、レアードもいなくなったし、来年こそ頼むぞ!

そして、やはり清宮ですよ。

高卒新人で7本塁打は上々の成績!来年も、焦らず成長してくれ!!

 

さて、信じられないくらいにしたたかで大胆なお金の使い方をした、今オフの日本ハム。ストーブリーグで「いつの間にか」と言う感じで、成功組に入ってしまいました。

 

ここで、今年のストーブリーグの順位を、独断と偏見に基づいて決定したいと思います。

なお、判断基準は、前期までの実績に偏重しているため、実績のないドラフト新人は加味されておりません。まあ、その辺は、ストーブリーグファンなら理解してもらえると思います。

 

1位 巨人

間違いなく、堂々の第一位。他のFA選手の動向次第では圧倒的な一人勝ちになっていた可能性もあります。

何よりも、広島の主軸選手であり、前年30本塁打を記録している、実績十分の丸選手を獲得したのは非常に大きい。自チームに大きな戦力となるのはもちろん、広島の大きな戦力を失わせたのだから、効果は大きいです。また、さりげなく岩隈投手も獲得!これ、実は結構、大きいのでは?日本での実績はもちろん、メジャーでも結果を残していますし。

また、地味ながらも堅実な結果を残しそうな中島選手も獲得。

ただ炭谷捕手の獲得と、内海投手の放出は賛否の分かれるところ。引退する、とか言いださない点で、内海投手は立派!!頑張っていつかジャイアンツに帰ってくれ!!

 

 

2位 阪神

こちらも10勝の実績がある西投手、13勝のガルシア投手と、二けた勝利を期待できる投手を二人も獲得!ローテーションに厚みが増したのは間違いありません。他球団がのどから手が出るほど欲しい、先発投手をそろえたことで一気に2位に浮上。

 

3位 楽天

こちらも実績十分の浅村獲得に成功したため、ストーブリーグの上位にランクイン!

層の薄かった打撃陣の核となる選手となることが予想されます。好打者がいるだけに、浅村一人加わることで、強力打線になる可能性大!

また、これもひっそりと佐藤由規投手を獲得している!由規投手なんて、日本ハムが獲得に動きそうな雰囲気がありましたけどね。

 

4位 日本ハム

申し訳ないですが、日本ハムは4位とさせていただきました。

「実績重視」という点では、マルティネス残留が非常に大きい!今季のローテーションの柱の一角が流出する可能性がありましたので。「残留こそ最大の補強」という日本ハムファンにとっての残酷な「テーゼ」に従えば、十分な「成功」と言えます。

また、金子千尋投手獲得成功!のニュースは、非常にうれしかった!うれしかったのは事実ですが、ここ数年は不調であったのもまた事実。記者会見で「若手に教えたい」と、頼もしい発言をしていましたが、まずは自身の復活を期してほしいところ。まだ10勝できる投手と自分は思います(偉い上から目線で済みません)

次の台湾の大王こと、王選手ですが、こちらも期待大ですが、実績と言う点では未知数であることもまた、事実。自分と同じ世代の野球ファンならシーズン前に「韓国のイチロー」と騒いで失敗した「あのチーム」が記憶に残っている方も多いと思います。「カンセコの兄貴」といって注目を集めたときもありましたっけ。まずは過剰に期待せず、王選手には日本の野球に慣れてほしいところ。それでも期待しているけどね。

 

 

続いてワーストですが、

 

一位 西武

いやあ、本当に申し訳ないのだけど、今オフ「一人負け」の感すら漂っています。

菊池雄星と浅村、という、投打の主力が揃って流出!特に、最大の弱点である投手陣の柱がいなくなるのは大きな痛手。

炭谷の穴は埋まりそうだけど、期待の内海投手が「ジャイアンツに帰りたい」と言ってしまったのは、西武ファンの心情を察するに余りある。

でも、このチームはなぜか、次の選手が出てくるのです。また、正直、浅村選手がいなくなったところで、あまり大きな影響がないのはあの打線の恐ろしい所。

 

 

一説には、FA選手を獲得できなかったソフトバンクも「負け組」とされていますが、あのチームはもともと戦力が揃っていて、FA補強は上積みの意味なので、優勝候補には変わりありません。

 

 

以上が今年のストーブリーグの、自己中心的視点による順位。

もちろん、無名の新外国人選手が大爆発する可能性があるし、ドラフト下位の知名度の低い選手が2ケタ勝利する可能性も十分にありますので、アテになりません。

じゃあなんで、こんなランキングを作ったのか、というと、久しぶりに日本ハムがオフを(意外性で)にぎわせたためです。

 

でも一番の今オフのニュースは、やはりあの新球場建設計画でしょうか。早く見てみたいですね。しかし温泉って、どうなんだろう。湯船につかっているときにテレビに映ってしまうのでしょうか?また、温泉をくみ上げるのって、なかなか大変なんだそうです。でも、作ってほしいけどね。

 

 

ソフトバンクも高齢化によるチームの転換点を迎え、西武もシーズン中盤から、いくら点をとればいいのか?と、打線と投手陣との亀裂が見え始めていた、とのこと。来季は日本ハムが優勝する可能性が十分にあります。

 

期待しましょう!!

 

 

 

 

 

追記

先日のプロ野球レジェンド選手総選挙を見ていて、思いだした投手がいます。

黄金時代の西武にいた潮崎哲也投手です。

色々と印象に残っている選手で、イケメンなため女性に人気がありましたが、その投げ方もまた、素晴らしいのです。

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか。なんとも優雅で、舞を見るような投球フォーム。

 

潮崎投手が活躍したころ、まだ「ホールド」というタイトルは存在しておらず、中継ぎ投手はあまり脚光を浴びることのない、地味な存在でした。

潮崎投手の登場によって、自分は初めて「中継ぎ」を本職とする投手を見たように思います。

レジェンドランキングに入ることはないかもしれないけども、忘れ去られてしまうにはあまりにも惜しい選手です。

もはや栗山監督とフロントを信じるのみ

12月に入って立て続けに「事件」を起こして、ストーブリーグの準主役に躍り出た日本ハム(やっぱり巨人とFA選手を獲得した楽天・阪神にはおよびましぇん)。

普段、見送る側ばかりだったファンが、あまりの事態に驚き、もうおなか一杯、という感じでこのまま年末に突入するかと思いきや!!

なんと高梨、太田トレード!というニュースが飛び込んできました!

さすがに「糸井放出」まではいかないけども、吉川・石川トレード!に匹敵するニュース!

だってどっちも主力もしくは準主力級の選手たち。高梨投手に至っては、勝ち星にこそ恵まれなかったものの、ローテーションの一角だったし。

高梨投手と言えば、思いだされるのは優勝した2016年の真夏のソフトバンクとの三連戦。

この時、すでにソフトバンクはパリーグを席巻していて、七月下旬、もしくは八月初旬にはマジック点灯か?と言われていました。

そんなソフトバンクの絶好調の時に、日本ハムは福岡で対戦することに。

この3連戦は、3戦目で先発投手とスタメン出場した大谷による、先頭打者ホームランが世間の記憶に残るところですが、一番のインパクトは、爆走するソフトバンク相手に、日本ハムは3連勝、しかも3試合とも0封で勝利したこと!!

破壊力抜群のソフトバンク打線を完璧に抑えてしまいました。この後、ソフトバンクは、弱くなったわけではないけども、「普通」のチームになってしまった印象がありました。一方の日本ハムはその後も連勝を続け、15連勝を達成しました。両チームのその後の運命が分かれてしまった3連戦。

この時の3連戦の先発は、大谷であり、有原であり、そして高梨投手でした。

特に初戦の先発を任された高梨が、あのソフトバンクを相手に、まさか完封するとは!

この時の3連勝のことが、15連勝よりも記憶に残り、2016年の優勝といえば大谷の次に高梨投手のイメージが思い浮かびます。

 

ヤクルトファンの方は、高梨の印象が薄いかもしれないけども、実力者ですよ、彼は。

しかし思い切って放出したね。

 

でも、2年前の「吉川、石川慎吾 対 太田、公文」のトレードが、なんだかんだ言って双方にとって良い結果になったことを考えると、今回も両方ともに満足するトレードになるかもしれない。太田選手、公文投手ともに今では日本ハムの主力ですし。

日本ハムのファンなら、あとは信じるしかない!という心境の人が多いのではないでしょうか?

もうね、栗山監督を信じるしかないよ。他のチームのファンから見れば、非常に「ケッタイなこと」に見えるかもしれないけども、結果が出てますし。

 

そして、これは一部の報道らしいけど、マルティネスの残留が決まりそう、とのこと。

 

おいおい、どーしたの!?今年のフロントの方々!!

 

これでレアードも残留なら、満願成就となり、ストーブリーグでは巨人に次ぐ補強となるかもしれない。

 

ストーブリーグは、なお続く!