審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

ご報告

この記事も、まずは2013年11月12日に掲載した記事をご紹介いたします。

 

 

 

~以下、2013年11月12日に「テディーベア一家がやってきた!」の記事の後に掲載した記事となります~

 

前の記事でご紹介したテディーベアは、通院していただいている患者様から頂きました。

このほど、西野から他所へお引越しされることになったそうで、その荷物整理をしていたときに、娘さんが小さい頃に遊んでいたテディーベアが出てきた、とのこと。そして、捨ててしまうくらいなら、と当院にご寄贈いただいた次第です。

でも最初に拝見したとき、正直、いただくのを躊躇してしまいました。

あまりにも大切に保管されていたのがわかるからです。

 

 

P1000501

 

こちら。いただいてから箱から一切出していない段階。

女性のお子さんがお二人いらっしゃるそうですが、すでのどちらの方も本州に住んでいるため、お渡しすることもできない、とのこと。

P1000502  P1000503

とても丁寧にしまわれています。娘さんが遊ばなくなった後、奥さまがしまっていた、とのこと。

P1000504  P1000505

 

他にも家具や木の器なども、新品のような状態でいただきました。

 

 

ここまで丁寧な梱包を見ると、単に「おもちゃをしまった」というだけでなく、お子さんたちの小さい頃の思い出も一緒にしまっているかのようで。 本当に受け取ってしまっていいのか、随分と考えましたが、ぜひ譲りたい、とのご希望から、「お子さんたちが受け取りにいらっしゃるまでお預かりする」ということで、ひとまずいただくことにいたしました。

 

皆さん、かつて小さい頃に遊んでいたおもちゃって、どこに行ったか覚えていますか?

もしかしたらご両親がどこかに大切にしまっているかもしれません。写真や画像のような形で残っていなくても、思い出がお人形の中に残っているかもしれません。

それぞれに、「今だ」というタイミングで開けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

~引用ここまで~

 

 

 

 

この時、ご寄贈いただいたテディーベアは、当院に通院していただいていた青木真知子様が娘さんの小さい頃に遊んでいたものを大切に所蔵されていたもの。

 

この記事を掲載してからほぼ3年。

今年の1月12日、青木真知子様が永眠されました。

 

我々は先日、ご主人にご来院いただいたときに訃報に接することとなりました。

 

そして昨日(5月17日)、私、加納と、妻である事務長の二人で青木様のご自宅にお邪魔し、青木真知子様の御霊前に御挨拶させていただきました。

 

青木様ご夫妻は、まだ当院が開業したばかりのころからご夫婦で来院いただき、また遠方にお住まいにも関わらず、娘さんも来院していただきました。

まだよちよち歩きの段階であった当院において、ご家族でご利用いたことで、今後の勇気をいただきました。

また、青木真知子様は口腔ケアにもとても熱心で、ケアの方法などにも熱心に耳を傾けていただき、それを実際に行ってもいただきました。

 

3年ほど前、療養のために西野からお引越しされたのですが、以降も西野からかなりの遠地にお住まいにも関わらず、当院に来ていただいておりました。

とても品のある方で、上記の画像にあるとおり、いただいたテディーベアはまるで新品のように大切に梱包されていました。
最初にご寄贈のお話をいただいたとき、あまりにも大切に所蔵されていたのが伝わり、またお子さんの思い出の品でもあるため、辞退させていただいたのですが、どうしてもお子さん方に遊んでもらいたいと強く希望されたため、お受けいたしました。

 

それ以来、当院の診療台の前におかせていただいております。

 

時には、治療への不安でいっぱいなお子さんの気持ちを安堵させ、時にはお母さんの治療が終わるのを待つお子さんの良き遊び相手になってくれています。

 

そして、お人形たちは破損もなく、とても綺麗な状態を保っています。

 

キッズコーナーのおもちゃは、壊れてしまうのもしかたない、と考えております。自分も幼少のころ、おもちゃを分解したりしていましたし。

開業7年目ですが、すでにいくつかの木の玩具は破損によって廃棄し、新しいものに交換しております。

 

でもテディーベアは、それまでの保存状態の良さがお子さんにも伝わるのか、とても大事に遊んでくれています。

テディーベアたちは今後も、当院のこの場所でお子さんたちの友達でいてもらおうとおもっております。

お仏壇では、お子さんからの感謝をご報告申し上げてまいりました・

 

 

今回の記事の掲載の御許可をいただいたご主人に心よりお礼申し上げます。

そして青木真知子様のご冥福をお祈り申し上げます。

ある姉妹の夏

いよいよ夏本番ですね。

この時期になると、いつも思い出す画像があります。

ある小さな姉妹が来てくれた時のものです。

とても愛らしく、なんだか癒されます。

たまにこういう風景を見ることができると、やる気が復活します。

皆さんも、ほっこりしたらさいわい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、とあるお母さんが治療のために来院。その際、小さいお子さんたちも一緒にやってきました。

女の子二人の小さな姉妹は、お母さんの治療が終わるまで仲良く遊んでいました。

あまりにも仲好さそうだったので、お母さんの許可を得たうえでデジカメで撮影し、ブログに掲載する許可もいただきました。

とても愛らしい夏の風景をご覧ください。

 

 

IMG_4162

まだシルバニアのお人形にも届かないくらい。一緒に遊んでいます。

最初はお姉ちゃんが、下のお子さんに踏み台を譲っていたのですが、その内に熱中してきた様子。

 

 

IMG_4163 IMG_4164

小さな踏み台に一緒に乗って、遊び始めました。

こうなるとお姉ちゃんが「年上特権」を発動!一気ににぎやかになりました。

大きな声でお人形の取り合いになったかと思ったら、次の瞬間には「取ってあげる」と、下のお子さんが取れない高さのお人形を取ってあげてました。

短時間の間に喧嘩したり、仲直りしたり、一緒に笑ったり。でも圧倒的に長かったのは、無言でお人形で遊んでいるときでした。

これから二人の間に、生涯にわたって繰り返されるであろう「場面」を、見せてもらったように思います。

二人の身長や興味は変わっても心の根本には上の画像のような絆が残るのでしょうね。

 

大きくなってから、二人で遊んだシルバニアに会いに来てくれたら嬉しい限り。

本棚通信 お弁当のレシピ本 ①

長かった本棚の御本の紹介もいよいよ最後!

最も人気の高い、お弁当のレシピ本の総特集です!

毎日のように作らなければならないお弁当。そこで当院では様々なお弁当のレシピ本を用意。

凝りに凝ったキャラ弁から、程よく手を抜くための方法など、お母さん、お父さん方のお力になること、必至!

そして最後には、お弁当を通した家族の無言の会話にも至ります。

そう、お弁当は年代問わず、必ずなされるコミュニケーション!

 

 

 

1、おいしい!かんたん!園児べんとう
弁当男子なる言葉が現れるくらいの弁当ブーム。この文化はなんでも日本特有のものらしく、欧米でちょっとした関心を集めているそうです。 おにぎりも日本くらいだそうです。意外ですね。
この本は、園児のお弁当のレシピ本。でも、大人でも見ているとおなかがすいてきます。
以前、おもちゃで色彩についてお話ししましたが、こうして見ると、お弁当箱にもオカズごとに色彩がぎっしり。お弁当って、食べる以外の感覚も刺激されそうですね。

 

 

2、冷凍&冷蔵おかずを作りおきして! ホントに朝ラクべんとう   主婦の友社

インテリアからお片付け方法、そして料理まで。幅広い範囲で暮らしのヒントを教えてくれる主婦の友社の雑誌。信頼のブランドですね。

この本では「作り置き」をメインにお弁当おかずを紹介しています。
作り置きがメインなので、お弁当のきれいな盛り付けも取り上げているものの、それはメインではなく、あくまでも「おかず」の作り置きのレシピがメイン。おおよそ6人分のおかずを、お魚、野菜、豚肉、など、細かいジャンルに区分けしています。
確かに食材を買う時、ひき肉だけが余ったりしてしまいますよね。
この本では、お弁当の最終的な形、がメインではなく、そのような一度買った鶏肉や野菜など、食材をメインとしたレシピになっているので、食材をきれいに使い切ることが出来ますし、様々な食材のおかずを作り置きしておくことで、それらの組み合わせを毎日変えることで、日々、違ったお弁当が出来上がるようになっています。
どのような弁当をつくるか、という最終ゴールありきではなく、すでにある食材を如何に組み合わせてオリジナルとするか。逆転の発想と言えますね。
一度に作ってしまえば、朝の忙しい時間でもゆったり過ごせること請け合い。

 

3、つくりおきおかずで 朝つめるだけ!弁当    小田真規子   ESSE

料理家であり栄養士でもある小田真規子さんによるお弁当のレシピ本。
こちらも作り置きおかずをご紹介しています。
ただ、さすがは栄養士さんだけあって、「ヘルシー」にこだわりが見られます。
盛り付け参考図でもカロリーなどが考慮され、作り置きおかずと、それらを上手に組み合わせた健康的な盛り付けが掲載され、より家族思いのものとなっています。
また、「疲れが取れないとき」「おなかの調子が悪い時」など、今の自分や家族の体の状態に合わせたおかずを紹介。無理なく食べることが出来る上に、体調の回復にもつなげる、という、栄養士さんならではの骨太の思想が感じられます。食は健康と直結しています。
そして、それは個々のおかずの美味しさだけにあらず、全体のボリュームの加減、愛称の良い・悪いおかずの組み合わせ、そして見た目なども重要になってきます。それらを網羅したお弁当本となっています。

 

 

 

スタッフ手作りの絵本が完成しました!!

ここで余談ながら、ある絵本をご紹介いたします。

なんと当院の衛生士手作りの絵本です。

歯磨きの仕方や「なぜ虫歯になるのか?」をお子さんたちにわかってもらうために作成いたしました。

今は、お母さんとお子さんが一緒に読んでもらうことを意識したもう一冊の絵本もあります。

当院にお越しの際は、ぜひ、ご覧ください!

 

 

 

 

 

以前より、このブログにて当院所属衛生士による、色々な作品をご紹介してまいりました。

そしてこの程、彼女のオリジナル絵本が完成いたしました!!

 

IMG_3291

こちらです。色紙を重ねて作った、とても彼女らしい作風です。

 

IMG_3292 IMG_3295

こちらが中身の一部。出てくるキャラクターは(一部を除き)、とても愛らしくて、文字も平仮名を多用したことで、読みやすいものになっています。

 

IMG_3293

こちらはバイキン君。歯科医の宿敵なのに、どこか憎めない。(でも、歯磨きで退治してください)

 

IMG_3294

そしてこちらが院長。なかなかかっこいいなあ、と院長は思っています。そうですよね?ね?

 

今回の作品は、ストーリーからキャラクターデザイン、そして製作、すべて衛生士がやってくれました。

彼女はホワイトニングコーディネーター試験の後、休む間もなくこちらに取り組んでくれたました。実に2~3か月かけた大作です。

彼女にはいずれ院内の次回作をお願いしますが、さすがにしばらくは診療のお仕事に専念して、と伝えました。そう、彼女は診療の合間に作ってくれていました。

彼女の性格が良く現れた、とても読みやすい内容となっています。ぜひ、ご覧ください!!