審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

政府専用機を見てきました。その5

  • Date / 7月 30th, 2018
  • Category / 雑談

ではもっと政府専用機に近づいていきましょう。

 

 

 

 

 

 

翼に接近。デカイです。

 

 

 

 

 

 

  

エンジンがかなり巨大で、音も凄まじかった!

 

 

 

 

 

 

  

翼が変形しているところ。マクロスのロボットみたいですね。足でも出てきそう。おそらく、マニア垂涎の瞬間だと思います。

 

 

 

 

 

 

これまでの政府専用機には、片方の翼にエンジンが2つずつ計4つのエンジンがありましたが、新しい政府専用機では片側一つずつの計2つになるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

エンジンを後ろから見た様子。

 

 

 

 

 

 

 

では最後方部を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

  

ジャンボジェットの真下にいます。本当にスゴ~ク大きかったですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段、なかなか体験できないことが経験できました。政府専用機がこのように公開されることって、この先、あるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

  

他にも、午前の飛行は中止となってしまったブルーインパルスの飛行機もありました。上空はご覧のように曇り空。

 

 

 

 

 

 

  

今回、初めて政府専用機を見ることができました。

内部も見たかったけど、間近に見ることができただけでも大満足です。

 

今回の機会を作っていただいた方々に、心より感謝申し上げます。

政府専用機を見てきました。その4

  • Date / 7月 29th, 2018
  • Category / 雑談

さあ、眼前に見える政府専用機。

 

実はご紹介している政府専用機は引退が決定していて、この千歳航空祭が最後の任務だったそうです。

元はと言えば90年代の日米貿易摩擦の結果、日本政府が購入を決めた、という経緯がありますが、今では重要な「日本の顔」となりました。

で、政府専用機は二機あるのですが、これは「片方が故障した時の予備」のため、そして「どちらに要人が乗っているのかわからなくする」ようにしている、とのこと。本当は3機あるといいそうです。

今回は中は公開されていませんでしたが、テレビなどで見たことがあります。とても豪華ですよね。

贅沢はいけないことですが、見栄を張らなければならない場面があるのも人間社会の現実。

新しい政府専用機も「国の顔」にふさわしい、豪華で気品のあるものにしてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

  

なんともう一機の政府専用機に日の丸が掲げられた!!

 

 

 

 

 

 

あ、もう一つの方にも掲げられた!!

 

皆さん、この日の丸、どのように掲げられたかわかりますか?

答えはコックピットの窓の中をご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

これは閉じつつある画像で申し訳ないのですが、窓の中で、外に穴が開いているのがわかりますか?

この穴をあけて、手で日の丸を掲げていたのですよ!

コンピューター制御で自動的に上がってくる、とかではありません。人力です。

このあたりに、アナログからデジタルへの過渡期だった90年代を感じさせます。

次は全自動方式になるのでしょうか?歯の被せものまで全自動でできる時代ですよ、今や。

 

 

 

 

 

 

 

仲良く日の丸を掲げています。まるでリボンをつけた姉妹のようですね。

 

 

 

 

 

 

 

さて、準備が整ったところで、封鎖が解除されて政府専用機に近づくことが許されました。

 

 

 

 

 

 

 

  

皆さん、政府専用機に限らず、ジャンボジェット機にここまで近づいたことって、ありますか?

本当に巨大でした。

 

 

 

 

 

 

 

先頭部分を増したから見た様子。こんなアングルで飛行機を見たのは初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

なんとタラップが!中に入ることはできませんでしたが。

 

 

 

 

 

 

 

  

だれか降りてきてほしかったですけどね。

 

 

 

続く

政府専用機を見てきました。その3

  • Date / 7月 28th, 2018
  • Category / 雑談

さて、かなり混雑していた航空祭ですが、残念ながらこの日の新千歳空港はあいにくの曇天。通常の離着陸をするには問題ないそうですが、ブルーインパルスなどのアクロバット飛行などは楽しむことはできないため、予定されていた飛行ショーが次々と中止になっていました。(午後からはやったらしい)

本当は政府専用機が飛ぶ予定もあったのですが、残念ながらこちらも中止。その代りに間近で政府専用機を見ることになりました。(経緯が違っていたらごめんなさい)

 

 

 

 

 

 

基地内の広い滑走路をやってきた政府専用機。見えますか?スゴイ人混みだったのでわずかな隙間からしか見えません。

 

 

 

 

 

 

本当にちらっとしか見えませんが、政府専用機です。JALの飛行機と間違えそう。

 

 

 

 

 

 

 

大きな日の丸が尾翼にあります。ますますJALっぽい。ポケモンの塗装がしてあればなおグッド!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに周囲にはこんな「装備」をしたカメラマンばかり。ここまでカメラにこだわる徹底ぶりも、鉄道マニアと共通するところ。今やカメラ業界は、ファミリー層ではなく鉄道、軍事オタクにシフトしたほうがよさそう。すでにしてるか?

 

 

 

 

 

 

     

 

 

なんとちょうど目の前でターンをしてくれました!!本当に大きかった!!

 

 

 

 

 

 

 

ついに姿を現した、わが国が誇る政府専用機。

 

次回は外観をいろんな角度からご紹介!

政府専用機を見てきました。その2

  • Date / 7月 27th, 2018
  • Category / 雑談

さて、戦闘機が展示されている格納庫から外に出ると、そこは一面のだだっぴろい平地。おそらく空港の敷地内だと思われます。

 

 

 

 

 

こんな感じで、相変わらずの人混み。

 

 

 

 

 

 

そんな中、なにやら見えてきました。あれはテレビで見たことあるぞ!!

 

 

 

 

 

 

湾岸戦争の時に有名になった、パトリオットミサイルのようです。なお、軍事マニアに言わせると、「パトリオットミサイル」ではなく、「ペイトリオットミサイル」なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

  

やっぱりなんだかものものしいですよね。

 

 

 

 

 

 

これはレーダーのようで、クルクル回っていました。

以前まではただの展示だったと思いますが、昨年、北海道上空をミサイルが通過したことを考えると、遠い存在でもないように思えてきます。

 

 

さて、こんな感じで展示をウロウロしていたのですが、ここで招待券を用意していただいた知人と合流。

なんとこれから政府専用機をみることができる、とのこと!!

早速、その場所へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

ちらっと見えるあの姿こそ、政府専用機!

 

次回、外観をくわしくお話しします!