審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

腸内細菌について学んできました。その9

今回も思わず長期になってしまいましたが、これで本当に最後。

最終回は、今の日本人の食に警鐘を鳴らす内容となります。

 

最後に取り上げる演目は「アジア人の食と健康のインターフェースとしての腸内フローラに向けて」。

 

研究チームは、日本、中国、台湾、タイ、インドネシア、フィリピンなどアジアの10か国において、アジア人の腸内フローラをしらネタ、とのこと。(「しらネタ」は「調べた」の入力ミスですが、なんだか笑っちゃうのでそのまま掲載)

 

以下、かなり大雑把な言い方になってしまうことをお許しください。

 

その調査結果ですが、日本などの東アジア、極東地域の小学生児童の腸内細菌ではビフィズス菌やバクテロイデス菌が多い、とのこと。一方、東南アジアの地域では「プレボテラ菌」が多い結果になった、とのこと。

このプレボテラ菌ですが、植物繊維を分解する酵素を持っています。

 

で、ですね、ビフィズス菌やバクテロイデス菌が多いと、脂質の代謝が盛んなんだそうです。つまり食事に脂質が多い。

 

え?なんで同じアジアでも、腸内フローラが異なるの?それに日本って、脂質が少ないんじゃないの?と、疑問に思ったところ、その違いは主食である「お米」にある、とのこと。

タイなどの東南アジアで食されているのは「インディカ米」、日本や中国、朝鮮半島などで食されているのは「ジャポニカ米」。

この二種類のお米の違いは、近年、糖尿病への影響もあって注目されています。

で、ですね、実はこの点、講演を聞いててなかなか分かりにくかったので、調べてみたのですが、ジャポニカ米の方がインディカ米よりも脂質が多いそうです。

 

また、日本人の腸内細菌は世界的にも特徴的だそうで、まず腸内細菌の種類が少ないそうです。調査した各国の中でもダントツに少ない、とのこと。また、日本人の腸内フローラではビフィズス菌が多い、とのこと。そして有害な菌とされる大腸菌が少ないそうです。

つまり日本人の腸内フローラは、世界でも珍しく健康的なんだそうです。

「その2」でもお話ししましたが、腸内細菌は先代から受け継がれていくもの。日本人の腸内細菌が特徴的、ということは、日本人が長い期間、その健康的な腸内細菌を代々受け継いできたから、と言えます。「日本食」の性格がわかりますね。

 

こうして古来より、ジャポニカ米を食べていたから、日本人の腸内フローラはビフィズス菌が優勢、と合点がいきそうですが、近年ではそれとは別に、ビフィズス菌やバクテロイデス菌が増加している、とのこと。

先ほど、お話ししたように、ビフィズス菌やバクテロイデス菌が多い、ということは、脂質の代謝が盛ん、ということですが、近年、食の西洋化に伴い、日本人の腸内フローラにも変化が表れている、とのこと。

 

ある例が提示されていました。

長年、アフリカに住んでいたアフリカ人たちが、アメリカに移住したところ、大腸がんが増えた、とのこと。これはアメリカの食に適応できるように腸内フローラが変化したため。

そして近年、日本でも「大腸がん」が増加しています。

つまり、食の西洋化によって、日本人の腸内フローラが変化しつつあるのです!

 

ここで追い打ちをかけるような、衝撃的な例が出されました。

実験マウスを2つわけ、片方のマウスには日本で1975年当時に食卓に並んでいた料理を食べさせ、もう一方のマウスには2005年当時の日本の食卓に並んでいた料理を食べさせたそうです。

すると、1975年の日本の家庭料理を食べたマウスは長生きしたのに対し、2005年の日本の家庭料理を食べたマウスは早死してしまった、とのこと。

 

もちろん、マウスと人間では、同じ結果になる、とは言えません。

 

 

昨年、歯科医師会で招請した岡崎先生の講演では、現在の日本の家庭料理が「噛むこと」を軽視していることを問題視されていましたが、腸内フローラの観点でも、問題が現れているようです。

 

これは質問時間でのお話しですが、日本では小学校卒業と同時に、腸内フローラが変化してしまう、とのこと。

これは小学校の給食によって、腸内細菌が良くコントロールされているからではないか、と指摘され、給食の献立を考案している栄養士さんや担当の方を称賛していました。

確かに、今、アメリカでは小学校の給食の栄養バランスの悪さやファーストフード化が日本でも知られてきていますね。

 

我々は、もっと日本の小学校の給食について、見直さなくてはならないかもしれない。

 

給食に関しても、岡崎先生は「噛む」という点で、問題視しておられました。

 

 

現在、教育の無償化など、子育て分野に関して政治の関心があつまっていますが、日本古来の「噛む事」や「腸内細菌」を子供や後世に受け継ぎ、食の欧米化にともなう健康被害から子供たちを守るためにも、小学校の給食も、重視されるべきかもしれません。

 

 

子供達の腸内細菌を健全に育成するために、自分も歯科医の立場からできることをやってみよう、と思いました。

 

 

 

本当は講演はもっと続いていたのですが、スケジュールの関係でここで退席いたしました。

 

全くの異分野ではありますが、とても勉強になりましたし、自分の歯科医としての今後の指針についても、有意義なものとなりました。これからも機会があれば、様々な異分野の講演会やシンポジウムに参加してみようと思います。

 

今回のご報告は、以上です。

 

 

 

 

*発表された方々、関係の方々へ

もし発表主旨が異なる場合、明らかに間違っている場合、掲載が好ましくない場合などありましたら、即刻、訂正・削除いたしますので、お知らせいただけましたら幸いに思います。

腸内細菌について学んできました。その8

さて、午後の講演は続いていたのですが、次はお母さん方も関心が高いであろう、授乳についての内容となります。

 

4講目は「ヒトミルクオリゴ糖とその分解酵素から考える母乳栄養児とビフィズス菌の共生・共進化」という演題。

 

論旨集の導入部分に、

 

「母乳栄養児の腸管では授乳開始直後からビフィズス菌が速やかに増殖し、いわゆるビフィズスフローラが形成されることが広く知られていた。」

 

とあります。

この講演では、世間でも有名なビフィズス菌が頻繁に登場します。

このビフィズス菌ですが、出産後、赤ちゃんに授乳を開始すると、腸内で増加するそうです。しかし離乳の開始とともに減少してしまう、とのこと。

そして固定食の開始とともに、今度はバクテロイデス菌が増えてくる、とのこと。

 

つまり有名なビフィズス菌は、授乳でしか増加しない、と。

 

なんでそうなのか?というと、それは乳汁の成分の中で3番目に多い「ミルクオリゴ糖」に原因がある、とのこと。

このヒトミルクオリゴ糖(以下、論旨集にある表現に則って「ヒト母乳オリゴ糖」とする)ですが、なんとヒトの、つまりは赤ちゃんの栄養にはならないのです!

赤ちゃんの栄養にならないのに、なんで3番目に多い量が作られているのか?

3番目に多い量、となると、その生産のために、非常に大きいエネルギー量が乳腺で使用されている、とのこと。

なんでそんなことをしてまで、母親はヒト母乳オリゴ糖を作らなければならないのか?

 

 

このヒト母乳オリゴ糖は、赤ちゃんの栄養にはなりませんが、赤ちゃんの腸内細菌、特に赤ちゃんの時期に優勢となっているビフィズス菌の栄養源になっているのだそうです。

つまり母親は、赤ちゃんの腸内細菌の栄養まで、提供していることになる!

ちなみにヒト母乳オリゴ糖は、1型糖鎖構造(Galβ1-3GlcNAcβ-OR)を有するオリゴ糖を多量に含んでいるそうですが、これは人類だけで、類人猿を含む他の哺乳類は2型糖鎖構造(Galβ1-4GlcNAcβ-OR)の割合が高い、とのこと。(一応、化学式を書いたけども、普通に暮らしていくうえでは全く必要にならないので、飛ばしても構いません。この分野のマニアになりたい、という、風変りな方は専門書をご覧ください)

つまりヒト母乳オリゴ糖の成分は、生物の中でも唯一、ヒトだけが作り出すことができる、とのこと。
そしてこのヒト母乳オリゴ糖を赤ちゃんの腸内に生息するビフィズス菌が食べるのですが、ビフィズス菌の中でも役割分担がある、とのこと。

 

一口に「ビフィズス菌」と言っても、たくさん種類があるんですよ。

 

細菌は、上から(大雑把なほうから)「門」「網」「亜網」「目」「科」「属」「種」へと、だんだん細かく分類されていくのですが、「ビフィズス」というのは、ビフィドバクテリウム「目」ビフィドバクテリウム「科」の細菌の総称を指すのだそうです(違ってたらごめんなさい)。「科」ということは、その下に「属」もあるので、すると種類も変わるし、同じ「目」あるいは「科」でも、「属」が違えば性質も変わってしまいます。
ヒトだって、モンゴロイドとかコーカソイドとかって、あるでしょ?

ちなみに歯科で「虫歯菌」としておなじみの「ミュータンス菌」ですが、歯学部の授業なんかでは「ストレプトコッカス・ミュータンス」として覚えさせられます。「ミュータンス」は「種」名です。

「ストレプトコッカス・ミュータンス」は虫歯を起こす中心となる菌ですが、同じ「ストレプトコッカス・pneumoniae」となると肺炎球菌として知られていますし、「ストレプトコッカス・pyogenes」は溶連菌として、お母さん方でもご存知の方も多いと思います。

つまり、下方の種類が異なれば、違う細菌になる、と。人間でも親戚は顔が似てても性格やなんかは異なりますしね。

 

 

ちょっと遠回りが過ぎましたが、この「ビフィズス菌」の中の「Bifidobacterium bifidum」は、腸内にやってきたヒト母乳オリゴ糖をちぎって外に置いておき、貯めておく。そしてすこしづつ食べていく、とのこと。また同じ「ビフィズス菌」の中の「bifidobacterium bifidum」は、その外に貯めてあるヒト母乳オリゴ糖を分解して、他のビフィズス菌の仲間たちに分配している、とのこと!

なんと、一族の中で共同して生活している!!!

 

つまり、生まれたばかりの赤ちゃんという「フロンティア」に最初に「入植」してくるのがビフィズス菌で、彼らはまだ成熟していない、エサの少ない環境で一族が支えあって生活し、徐々に数を増やし、そして授乳の終了とともに、他の多くの細菌たちにその場を譲り渡す、まさに「開拓の先駆者」のような存在!(説明が違っていたらごめんなさい)

 

このビフィズス菌ですが、経膣分娩にて、母親の菌が赤ちゃんに受け継がれるのですが、帝王切開だと受け継ぐことができず、赤ちゃんの腸内は無菌の状態となります。

また、人工乳を使用すると「開拓者」であるビフィズス菌を増やすことが難しい。

これらはシンポジウムで繰り返されていたことです。

 

*お断り

シンポジウムにおいて、経腟分娩と母乳による授乳の重要性が指摘されていたのは事実で、それを避けることはできない、と思いました。ただ、自分は歯科医ですので、経腟分娩・授乳の場合とそれ以外との違い、までは言及できません。ここから先は専門医の意見に従うことをお勧めします。

 

 

 

さて、ここからちょっと、シンポジウムの内容を離れるのですが、夏ころ、当ブログで「糖」について、と題した記事をいくつか掲載いたしました。

その中で「ラクトース」について説明しましたが、グルコースとガラクトースがくっついた「二糖」とあります。

このラクトースは、上記のヒトミルクオリゴ糖と異なり、腸内細菌の食糧とはならずに、そのまま赤ちゃんの栄養となります。

母乳にはこのほか、赤ちゃんの免疫となるラクトフェリンや、初乳に含まれる「分泌型IgA」も細菌やウイルスを守る成分として赤ちゃんに与えられます。

母乳は、赤ちゃんに栄養を与えるどころか、赤ちゃんの腸内にいる「生涯のトモダチ」のお世話までしているんだ、と感心してしまいました。

 

 

 

追記
午後の講演の中で、ある演目の後の質問の時間の際に、ある著名な研究者の方が演者に対し、「あなたはちゃんと母親の肛門にも注目しているのか?!」と、とてもするどい口調で質問されておられました。(赤ちゃんに母親の腸内細菌が受け継がれる、ということは、母親の腸内や肛門の細菌や状態が赤ちゃんに受け継がれる、ということ)  演者の方は「母親の肛門の重要性は認識している」と回答。それに対しても質問者は「赤ちゃんの腸内細菌には、母親の肛門の細菌も詳細に調べる必要がある!」という主旨の質問を、強い調子で繰り返しておられました。
結局、そのあと10分間ほど、会場では「母親の肛門」という単語が頻繁に飛び交い、「肛門」に関する非常に活発な議論が展開されました。

自分はこの議論に深い感銘を受け、「東京・鴻門の会」として、長く後世に語り継ぐことをケツ意した次第。お粗末!!

 

 

・・・最後はふざけてしまいましたが、今振り返ってみると、母親の体は、全て子供を守るためにできているんだなあ、と、ほのかに感動してしまいました。健康に生まれて、健康に育つ、って、「細菌レベル」で奇跡的なことなんですね。

腸内細菌について学んできました。その7

終わるといって、終わらなかった前回。大変申し訳ありません。

ここから午後の講演のお話なのですが・・・・。

 

正直に言って、辛かった。食事の後なんで睡魔が・・・。

なので3講目はうつらうつらの状態でした。若いうちだったら、完全に寝てしまったかもしれない。

自分の友人に、専門学校で講義をしていた、という人物がいるのですが、彼の授業は昼食休み後の一発目!しかも科目は「生化学」!!歯科の方なら「生化学」と見ただけで睡魔が襲ってくる方もおられるかもしれない。

生化学は、興味を持って勉強するととても面白いのですが、試験があるとなるととても大変!思えなければならない単語が多いし、長い!「グリコサミノグリカン」「ドコサヘキサエン酸」といった「面倒くさそう」な単語がもっともっとあるのですよ。

この「長い単語」って、暗記では厳しいですよね。口腔外科では長い病名も多いし。今や一般的な言葉となった「アルツハイマー」ですが、これも発見者の名前から付けられていますが、病名には名前が付くことが多いのですが、中には同時に発見したのか、発見者がたくさんいるのかわかりませんが、個人名がたくさん並んでしまった病名もあります。国家試験の時には「頼むからジャンケンして一人にしてくれ!」と思っていたものです。

そうなってくると暗記も大変で、「グリコサミノグリカン」みたいな単語をたくさん覚えようとすると、だんだん、頭に入らなくなってくる。するとおかしな暗記方法を考案するヤツも出てくるわけです。

下世話な内容になるのですが、ある日、単語を暗記していると他の人が「パルミチン酸」という単語を、「たるみチンチン酸」と言っているのが聞こえてしまい、強烈に印象に残ってしまいました。覚えればいいんだから、これはこれで正解なんですが、いまだに鮮明に覚えているほど。

 

おいおい、すんごく脱線してしまいました。ごめんなさい。

 

で、そんな状態の中の3講目なので、気力で起きてはいましたが、完全に把握しているかと言えば疑問符がついてしまうので、その点をご了承の上でご覧ください。

 

3講目はチェコ科学アカデミー微生物研究所のMartin Schwarzer博士の講演。

演目は「特定の乳酸菌がマウスの生後成長ダイナミクスおよび低栄養下における成長ホルモン軸形成に与える影響」というもの。

 

博士は、「生理学的状態は食事により始まる」と冒頭で述べておられました。

つまり、ホスト(ヒトなど、動物)、マイクロバイオーム(腸内フローラなど)、そして食事が、それぞれ関連し合って、成長が行われている、と。

 

ざっくりで申し訳ないのですが、腸内細菌はヒトの成長にも関わっている、と。

「無菌マウスの肝臓や抹消組織では成長ホルモン感受性が減少しているという特徴が認められたことから、腸内細菌が成長ホルモン軸活性を維持することが示唆された」とのこと。

 

結論として、無菌では成長できない!!

 

 

・・・すんません。本当につらい時間帯だったもので。ご興味をお持ちの方は会場で配られた講演論旨集をお見せしますので・・・・

 

腸内細菌について学んできました。その6

すみません、相変わらずな状況です。

 

さて、この前参加した、腸内フローラシンポジウムですが、開催されたのが10月27日。あれからもうすぐ一か月になってしまう!!

今回で最後となりますので、よろしくお付き合いください。

 

さて、これまで2講演が終了したところまでお話ししました。

これにて午前の部が終了し、昼食休憩となります。

で、新橋駅周辺をブラブラしていたのですが、さすがはオフィス街。チェーン店や軽食屋さんがたくさんあり、しかも混んでいる!色々とまよったのですが、しばらく歩くと「酒場放浪記」に出てきそうな感じのお店(わかりますよね?)が目に留まりました。おお!さすが東京!!良い感じ!!
早速、中に入ってみました。店内も、あの番組にありそうな古めかしさ。奥ではサラリーマンの方たちがビールで乾杯しているし!おお、まさにテレビのまんま!ただ、今がお昼(しかも正午)と言う点だけ異なるのみ!!

で、メニューですが、お昼だけに定食メニューもあり、から揚げ定食、生姜焼き定食などの定番が並んでいます。

その中で一番、高価な値段だったのが、「ハムステーキ定食」でした。なんと800円!

皆さん、「ハムステーキ」という言葉を聞いて、何が浮かびますか?

自分は「ハムカツ」が思い浮かんだのです。

実は私、3年ほど前に東京を訪れた際に入った居酒屋さんで、初めて「ハムカツ」を食べたのです。「ハム」の「カツ」だけに北海道には無い、というわけではないし、おそらくこれまでの人生の中でどこかで食べているかもしれないのですが、「人生初」という感じになりまして。それで注文して見たら!いやあ、とても美味しいじゃないか!基本的に「肉」だし、カツなのでボリュームもあるし、ちょっとしたお酒のおつまみに最高じゃないか!と。

あの3年前のハムカツの感動以来、自分にって「ハムカツ」は、東京を代表するグルメになってしまったのです。いえ、東京には美味しいものがたくさんあると思うのですが、「東京に出張」となったとき、真っ先に自分が連想するのはツカイツリーでもなく、ベイブリッジや東京駅でもなく、「ハムカツ」なんです。

早く現地について、ハムカツで一杯やりたい。それが浮かんでしまうのです。

 

なのでこの時も、「ハムカツ」を連想させる「ハムステーキ」の名前を見たとき、あの3年前の意表を突かれた感動をもう一度、感じることができるのではないか?と思ってしまいました。しかもメニューで一番高い800円って。札幌で800円の食事と言えば、結構、豪華なものを食べることができますよね。手稲区役所の大量のから揚げ定食も、そこまで値段はしなかったような。

これは期待せずにいられない!!何の変哲もないハムカツで感動させた、あの時の東京の実力を見せてくれ!とばかりにハムステーキ定食を注文したのですが。

 

これが本当に、ハムを焼いて切ったもの、だったのですよ。

 

お店で売っていそうなハムをやや厚切りにして、塩コショウで味付けしたような感じ。

とりあえずお腹は満足したのですが、あの時のような感動は起こらず。

 

損した、とは思っていないのですが、ちょっと残念ではありました。

 

しかし、これが東京の真の実力とは思えません。

 

今後も東京の「グルメ」(リーズナブルなもの)を求めて冒険しよう、と思っています。

 

 

 

 

・・・なんだか長くなってしまったんで、続きます。