審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

近況のお話し

すっかり更新が滞ってしまい、申し訳ございません。

何をやっていたかというと、GW明けの診療でバタバタしていたのと、他の準備等々。

 

当院では以前から「ゆびのば体操」をお勧めしてきましたが、今回、院長をはじめスタッフ全員で仕事中は、あしゆびに負担をかけない靴を使用することになったため、その購入と靴紐の手配をしておりました。

ゆびのばソックスはスタッフ全員が履いていたのですが、靴は高価なため、強くお勧めしていたわけではありません。

 

が!先月、スタッフが自主的に用意して使用し始めました。仕事中に使用するなら当院で用意するべき、と思い、まあそれなら全員、履きましょう!となり、ここに至った次第。

先発で使用し始めたスタッフによると、やっぱり疲労が軽減されるそうです。

職員の福利厚生にもなりそう。

 

で、さらに明日、ゆびのば体操をはじめ、全身の姿勢や歩き方、それと歯並びとの関係、に詳しい、白石区の江端先生を講師に迎え、靴ヒモの結び方教室を開くことになりました。

江端先生はずいぶん以前より、「ゆびのば体操」「あいうべ体操」の提唱者である今井一彰先生の講義を聞き、その分野にかなり詳しく、当院主催の講習会の講師もしていただいております。

先生は他にも函館の専門学校や札幌市内の幼稚園で講演を行い、なんと先日はFMラジオ番組にも出演した、とのこと!

おいおいおい、そんなに出世しちゃったの?

 

と、まあ、最近はこんな感じ。ゆびのば体操で改善される姿勢は、「フレイル対策」にも通じているので、年齢を問わず知ってほしいと思います。

 

さて、先日、障がい者の歯科治療の協力医に登録された、とお話ししましたが、最近、少しづつ来院される方が増えてまいりました。

 

その中に、3月から来院している自閉症スペクトラムのお子さんがいらっしゃいます。

最初はやはり、怖がったり、座れなかったり、なかなかお口を開けてくれなかったり、という状態でしたが、お母さんにご理解いただき、間を空けないで来院してもらいました。

絵カードで示しながら、決して焦らず、段階を踏んで慎重に進めてまいりました。

そうすることで少しずつ前に進み、今ではなかりリラックスしてお口を開けて、中を触れても平気になりました。何よりも本人が頑張ってくれた成果。

それとともに、たとえ目に見える成果が無くても、何度も足を運んでいただいたお母さんのご協力のおかげです。

保護者の方のご理解をいただければ、歯科への恐怖をなくすこともできる、と実感しております。

 

また、複数個所の療養保育の事業所様にお邪魔して見学をさせていただいてきました。

保育の先生に一人一人の状態について教えていただきながら、歯科医院以外での姿を目の当たりにしてまいりました。

本当に一人一人、異なる特徴があるので、マニュアル化などでは判断や対応はできないと実感しております。

 

先日、発達障害の診断のあるお子さんが来院しました。

自分が障がいのあるお子さんについて、勉強しなくては、と考えるようになったのは、3年前にそのお子さんが来院したのが発端です。

痛みの出そうな虫歯があり、お母さんの同意をいただいたうえで治療した際、お子さんは強い恐怖を感じてしまい、当院の中に入ることを強く拒否するようになってしまいました。

自分は、何か生涯にわたる心理的なトラウマを残してしまったのではないか、という不安を持ちました。

それ以来、発達障害のお子さんの診療について、考えるようになりました。

幸い(という言葉が適しているかわかりませんが)、お母さんのご理解をいただくことができ、当院への来院こそありませんでしたが、その都度、お子さんの様子を教えていただきました。

そして昨年の秋ころ、まずは下のお子さんの診療についてきてくれる形で久しぶりに当院の中に入ってくれて、そしてそして先日は診療台に座ってくれました。

自分もとても嬉しかったのと、少しの安ど感を得ました。もちろん、これで終わりではなく、何かの影響が残っているかもしれませんし、今後、同じ失敗を繰り返さないように細心の注意を払っていきます。

 

今後ですが、夏休みに向けて行動しております。

 

近々、また、更新いたします。

赤いサイロ、買えませんでした!!

今回のお休み、お父さん方はいかが過ごしたでしょうか?

テレビのニュースでは、本州では「お父さん預かり」なる場所ができ、目的地までお父さんに運転手をさせ、ついたと同時に「お父さん預かり所」にお父さんを「預けて」、お母さんやお子さんたちで楽しむ、ということもあったようですね。

ビジネスって、色々な形があるもんっすね!

それと似たようなことを体験しまして。

このGWの中日当たりですが、妻が家族に会いに外泊したときのこと。

自分はあまりにもヒマになったので、何年かぶりにプラモデルを作ることにしました。

一年以上前に「作ろう!」と決心して購入したものの、放置していたギリシャの船のプラモデルです。これを休みのうちにつくろう、と。

せっかくだから、今までにやったことのない塗装もやってみよう、となり、模型店に行くことにしました。

正直言って、恥ずかしかった。だって、模型屋さんですからね。子供たちであふれている中、オッサンが物色する姿を想像すると、なんだか怪しげで場合によっては通報されるかもしれない、という心配も沸き起こりました。

で、恐る恐る行ってみたのです、が!!

 

なんと予想に反して子供の姿は見えず。自分と同い年の男性ばっかり!!

みんな、ガンダムや戦車のプラモデルをあさっているではないか!熱心に!!

同年代からご年配の方まで、あらゆる年齢の「男たち」が、プラモデルコーナーに集っていたのです!!

そう、ここがまさに北海道の「お父さん預かり所」になっていたのです!!

奥様方、今後、長期休みの間のお父さんの処遇、に困ったら、4000円ほど渡して模型屋さんに行かせてください。お父さんたちは夢中になって時間を過ごします。場合によってはお子さんも一緒に「預かって」くれると思います。

え?4000円は高いって?一つのプラモデルを買うと、1か月ほどは夢中になると思われます。居酒屋で一回で消費してしまう金額です。それを思えばプラモデルは実に経済的!

 

次のお盆や長期休みの時は、お父さんを模型屋さんに預けよう!!

 

 

話変わって・・・・・

 

 

今回のお休みでは、オホーツクにも行ってまいりました。

久しぶりにあちらの魚介類やオホーツクビールを飲みたいと思いまして。

連休後半にいったのですが、天気も良くて、景色が素晴らしかったですよ!

 

で、ですね、知り合いに頼まれて、一年前のオリンピック、女子カーリングの「モグモグタイム」で注目を集めた「赤いサイロ」を買ってくることになっていました。

自分も話のネタに買っておきたいと思っていましたし。

皆さん、覚えていますか?平昌オリンピックのカーリングの熱狂を。

凄いブームになって、選手たちが食べていた「赤いサイロ」は全国区で人気となり、注文が殺到して入手が困難になった、と全国ニュースで話題となりましたよね。

 

こういう、有名人が食べたものが一時的に大ブームになることはよくあるものの、まあ、2,3か月後には下火になるじゃないですか。たまごっちだって、ブームの半年後には逆に売れ残っていたくらいだし(ミニ平成史)。

ましてや今回はブームになったからと言って、芸能人ではなくカーリング選手。しかも地方の地方にある北見のお菓子ですからね。1年もたてば普通に買えるだろう、と思っていました。

 

 

 

・・・・・・・・が!!!!!

 

 

 

なんとお菓子屋さんの本店に行ったところ、「今日の分はすでに売り切れ」とのこと!!

他の販売所も回ったのですが、どこも売り切れ。

購入するには朝9時半の営業開始の一時間前に並ぶ必要があり、一年経った今でも開店前に長蛇の列ができている、とのこと!!

 

おいおいおい!いくらなんでもブーム長すぎでしょう!!

 

だって、なんだかんだ言って、ずいぶん経ちますよね?

 

久しぶりに北見の町中を訪ねましたが、駅などはすっかり変わってしまい、「カーリングのまち」のキャッチコピーがあちらこちらに!

今や完全にカーリングに染まっていました。

 

それにしても赤いサイロには驚きです。

 

皆さん、赤いサイロも美味しいけど、違うお菓子屋さんだけど、「ほっちゃれ」も美味しいよ!

令和元年、診療開始です。

皆さん、スペシャルとなったゴールデンウィークは、どのようにお過ごしでしたか?

当院は8連休をいただきました。

おかげ様で、十分なほどの休息を取ることができました。

 

また、2年前より決行している「わがまちご当地入場券」ですが、道南地方をコンプリートすることができました。

ええ、最も難易度が高いといわれる「奥津軽いまべつ駅」にも行ってきましたよ!!

2年前から始まった「わがまちご当地入場券」ですが、広い北海道だけになかなか収集するのが難しい場所があります。稚内などの「端っこ」です。

これらを難易度別に分けると稚内、東根室、知床斜里などは難易度「特A」です。これらの地域は宿泊しないとまず達成不可能。

次に木古内、様似など、「ギリギリ札幌から日帰りできる駅」は「A」以下、距離やかかる時間などでランク付けされていきます。また単に距離だけでなく、販売所が土日祝日休み、などの場合は、札幌に近くてもランクが上がります。

その中で「奥津軽いまべつ駅」は、最難関の「S」です。

ここには車ではいけません。フェリーを使えば別ですが。

大体、北海道にありません。名前の通り津軽半島にあります。

そう、新幹線に乗って、青函トンネルを越えなければならないのです。往復だけでも5千円以上します。

この奥津軽いまべつ駅によって、「わがまち入場券」の全コンプリートが難しくなっているのです。

その奥津軽いまべつ駅にいってまいりました!!

 

いやあ、なんも無いよ。駅の周り。

駅には売店はありません。お土産もない。緑の窓口があるだけ。

しかも一日に数本しか停車しません。留萌線といい勝負だと思う。

なのでついてすぐのくだりに乗らないと、何もない駅で3時間くらい待たされます。まあ、となりに食堂などはありますが。

 

おそらく、奥津軽いまべつ駅の入場券を手にしたのは、北海道でも限られているのではないでしょうか?

 

こうして奥津軽いまべつ駅の入場券をはじめ、豊浦(小幌駅)以南の入場券を制覇!!

これで今までに制覇したのは、道東、日高本線、富良野地区、旭川周辺、道南となり、残っているのは留萌本線、道北、後志、胆振となりました。

道北も今夏、達成予定。

 

・・・という報告を、鉄道の話題を楽しみに待っていてくれているMさんや鉄道好きのお子さんに報告します。

 

 

診療は今日から再開です。

 

「北海道障がい者歯科医療協力医」に指定されました。

当院は平成31年3月27日付で、「北海道障がい者歯科医療協力医」に指定されました。

これはどのようなものかというと、

 

「北海道では、障がい者歯科医療体制の充実を図るため、障がいのある方々がより身近な地域で歯科治療を受けられるよう、平成17年度から、北海道が北海道歯科医師会に委託し、道内の歯科医師に対し研修を行い、その修了者等を北海道知事及び北海道歯科医師会長が指定したものです。
現在(平成30年4月)、257名が協力医として指定を受けています。」

 

 

とのこと。

 

当院では平成29年より、指定を受けるべく研修の受講やスロープの制作、絵カードの用意等、必要と思われる諸事について取り組んでまいりました。

 

今後も研鑽に励んでいきたいと思います。

 

 

これは数年前に構想したことですが、将来的には歯科に限らず、障がい者の生活に関する様々な部面での窓口になれることを目指していきたいと思います。