審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

東京に研修旅行に行ってきました。その3

さて、ようやく東京で受講した講義についてお話しします。

今回の講習会は、静岡県でCAMBRAを実践されている先生とその医院の衛生士さんたちのお話をお聞きしました。

今回はより臨床編とされているだけに、リスク評価のより具体的な方法に重きが置かれているため、これまでお話ししてきた内容を深掘りした内容でした。

またどの段階から治療をすべきか、や、より侵襲の少ない治療方法など、多くを学びました。

歯科衛生士さんからは、どの状況でどのケアグッズを勧めるか、という具体的に説明を受けました。

CAMBRAではフッ素製剤や抗菌性の洗口剤、キシリトール含有品、唾液のペーハーを改善するもの、口の乾燥を防止するためのもの、など、多岐に渡るケアグッズが使用されます。

そしてそれらのケアグッズの中から、個人のリスク段階(ローリスク、ミドルリスク、ハイリスク、エキストリームリスク)に合わせて最適なものが選択されるため、口腔状況の改善にとても有効です。

 

皆さん、ドラッグストアの歯磨きコーナーを訪れたとき、どれを選べばいいのか、わかりますか?

最近はとても多くの歯磨きグッズが発売され、選択肢が増えていますが、多くのお店ではそれらがただ陳列されているだけと思われます。

多くの方は、ご自分のお口の状況がどのようになっていて、どれを選ぶべきなのか、よくわからないのでは?

ご自分の歯の状況をわからないまま、「歯を白くしたいから」という理由で「歯を白くする」と書かれた歯磨き剤を選んでしまうと、もし、ご自分のお口の中の唾液のペーハーが酸性に傾いていた場合、歯磨き粉の歯を白くする成分と唾液の酸性が相乗効果をもたらして、歯が必要以上に削れて弱ってしまうかもしれません。

(歯磨き粉の成分については、昨年の当ブログで掲載した「歯磨き粉の最新科学」を参照してください)
まず、口腔内の細菌の数を減らす必要があるのか、ペーハーを改善する必要があるのか、によって、使用すべきケアグッズが異なってくるのです。

CAMBRAでは、個人のお口の状況を診断し、間違ったケアグッズの使用を防止することができます。

 

また、CAMBRAでは、フッ素が大きな比重を占めています。

 

欧米ではフッ素の使用がごく普通のこととなっているようです。

 

このお正月、加納はCAMBRAの提唱者の一人であるフェザーストーン教授の日本での講義を収録したDVDを視聴したのですが、その中でフェザーストーン教授は、現在、欧米では「フッ素を使用した場合」と「フッ素を使用しない場合」に分けた比較実験は許されない、と話していました。

なぜかというと、欧米では、「一定期間、フッ素を仕様しないことで、その人がフッ素を使用したときに得られる利益を奪う事になってしまう」とされるため、とのこと。

欧米では「フッ素」は、人権に匹敵するまでの存在になっているようです。

 

フッ素は、様々なご意見をお持ちの方がおられると思います。当院でも、あくまでも各個人のご判断が最優先となります。

ただ、様々な意見を見てみるとき、フッ素を取り巻く世界的な潮流も考慮していただければ、幸いに思います。

 

 

そして、より重要なのは、CAMBRAでは、フッ素を使用しない選択肢も幅広く用意されている、ということです。
CAMBRA=フッ素、ではありません。CAMBRAは、あくまでも個人の口の中の虫歯のリスクを評価するためのものです。

 

個人の口の状態は、単純には判断できません。フッ素を使用すれば全てOK!、というわけではなく、また、一部で提唱されている「どんなときでも重曹でうがいすれば全て解決!」というわけにはいきません。

実際、今回の臨床編でも、症状によっては重曹を使用した方法が提示されていました。あくまでも状況が偏っているときのみ、ではありますが。

 

 

 

当院では講習会で紹介されたケアグッズの他、口テープや鼻うがい、あいうべ体操なども取り入れようと考えております。

 

 

2月中旬に、CAMBRAで使用するケアグッズについての院内セミナーを受け、2月下旬、3月から正式に導入する予定です。

 

 

以上、研修旅行の御報告でした。

近況について

またまた更新が滞っている当ブログ。

今月末の講習会に向けて、勉強をしている最中であります。

ただいま、唾液腺についてお勉強中。

唾液は歯科でも重要なんで在学中も学んでいましたが、改めて深くやっています。

で、ですね、唾液には歯石を阻害する成分もある、とのことで、口呼吸を止めて鼻呼吸にすること、口を閉じること(両方とも、口の感想を防ぐ目的)、そしてよく噛むことによって、虫歯予防はおろか、歯周病予防にも効果があるようです。

 

で、学んでばっかりでもしょうがないので、2月はこれらの成果を元に問診票や初診時の対応を刷新し、3月には新体制で臨みたいと思います。

また近々、ゆびのばのコーナーも新設予定。4月中旬には、運動会での勝利をめざし(苦笑)、ゆびのば教室を開いてみようと、とある先生と相談しております。

 

さて、当院の動向ばかりでは面白くないので、何か話題でも。

 

年末年始のお話をすると、遅ればせながら「君の名は」という映画を見ました。2年前にあれほどブームになったのに、自分はわれ関せずを通していたのですが、「今どき、見ていない方がおかしい」という圧力に負けてしまいまして。自分は「え!?スターウォーズを見たことがない人なんでいるの?」という人間です。

で、感想ですが、恥ずかしい!気恥ずかしい!!見ていてなんとも気恥ずかしい!!40代のおっさんには、爽やか過ぎて辛かった!これ、十代や20代の人が見ると違うと思うんですよね。感動の仕方が。自分も週刊ジャンプに掲載されていた「気まぐれオレンジロード」を欠かさず見ていたし。中学時代に(爆笑)。

あの頃と比べて大した成長をしているように思えないのだけど、もうみずみずしい恋愛映画は見れないようになっていたようで。

ジェネレーションギャップを感じて、辛くなりました。

 

あと、辛かったのは、正月の番組で、高橋由美子さんがベロベロに酔っ払っていたのを見た件でしょうか。

ちょうど、自分と同じ年くらいで、自分の高校時代に全盛期だったのですよ、高橋由美子さんは。スゴイ人気でしたよ、そりゃ。

最後の清純派アイドル、なんて言われたりしていたし。

その「お方」(我々世代のファンにとっての存在感を表現)が、酔っているのを見ると、なんだか宴会などで見慣れた姿が。

まあ、この年になると、今さら「清純派」なんてことばは、ねえ。

自分の世代まで、アイドルは「絶対に清純な存在」だったわけですよ。雑誌なんかにも「趣味は御菓子作り。お休みの日にはポエムを読んでいます」と書かれるのが当たり前。

今のアイドルはかなりぶっちゃけますね。そういう時代になったんですね。

 

 

取り留めのない文になってしまいましたが、現在は月末に向けて準備中です。

近況の御報告

改めまして、新年、あけましておめでとうございます!

 

今年に入り、いきなり更新が滞っておりました。

現在、今月末にスタッフ全員で参加する講習会に向けての勉強をしておりました。

今月末の講習会は、昨年11月に東京で受けた、アメリカのう蝕予防管理システムである「CAMBRA」の、実践講習です。

CAMBRAでは、口の中の「ペーハー:ph」の把握が重要になってくるのですが、これが「我が意を得たり!」というところがありまして。

 

自分は(もちろん自分だけではないと思うけど)、以前より、むし歯の予防にはフッ素も重要だが、口の中のペーハーも重要だ、と実感しておりました。結局、むし歯が多いお子さんなら、フッ素を塗るよりも以前に口の中の虫歯菌の数を減らすことの方が重要なのではないか?と。

フッ素を塗って歯を強化しても、むし歯菌が多くそれが産生する酸が多ければ、結局は虫歯になる力の方が強いのではないか?と。

つまり虫歯が多く、また唾液に粘りがあったり、むし歯になっていなくとも歯と歯茎の境目に虫歯の兆候が散見される場合、フッ素での歯質強化と同じくらい、口の中のペーハーの改善が重要と思うようになっていました。例え虫歯を治しても、口の中が酸性の環境ならば、削って埋めた周囲からむし歯になってしまう。

そのため、あまりにも虫歯が多いお子さんには、スーパーなどで配布(販売?)されているアルカリ性水を使用しての歯磨きや、殺菌作用のあるうがい薬を用いての歯磨きをお勧めしてきました。

 

この考えは、CAMBRAでも中心的な方法として紹介されていました。

やはりペーハーは重要なんだ、と改めて実感すると同時に心強く感じました。

 

また、CAMBRAの「虫歯のリスク評価」は実に興味深く、たとえ現在、むし歯のない人でも、リスク評価の結果、「ハイリスク」と評価される場合もあるなど、より予見的な診査が可能になるのではないか、と考えております。

 

さて、上記のように「ペーハーが重要」というのが明確になりましたが、じゃあそのペーハーの改善方法は?となると、少なくとも数年前、自分が調べた範囲では日本には「ペーハー改善」の直接的な薬剤を見つけることができませんでしたが、ここ数年で様々な製品が発売されていることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

たとえばコレ。完全にペーハーのバランス改善を目的としているうがい薬です。

これで食後にうがいすると、ペーハーをすぐに適正に戻すことができます。

以前は「アルカリ性水をご自分で用意してください」とお話ししていましたが、それは結構、大変なことのようで。

当院では一月中に、院内にての販売を予定しています。

むし歯が非常に多いお子さん、むし歯のリスクが高いと思われる大人の方にもおすすめしようと考えております。

なお、フッ素は入っておりません。

 

ただ、誰でも使用するべき、というのではなく、唾液の性質が酸性に傾いている方が対象。

女性で妊娠された方で、つわりの重かった方などは、嘔吐が頻回、繰り返されることで口の中の歯が胃酸に頻繁にさらされることになり、それに触れる時間も長くなってしまいます。そのような場合に、嘔吐後に上のうがい薬を使っていただき、ペーハーを戻すことで歯が弱ることを防ぐことができると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

次はペーハー改善を目的としたジェル。

最初にご紹介したうがい薬をジェルにしたもの。歯磨き粉として使用できますし、夜寝る前に歯に塗って、そのまま寝てもらってもご利用いただけます。

多くの歯が虫歯になっているお子さんや、歯の根っこの部分の虫歯が多いご高齢の方、部活でスポーツドリンクを頻繁に飲む中学生、高校生などにお勧めしたいと考えております。

 

こちらもフッ素は入っておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてキシリトール配合のペーパー。フッ素は入っていません。

むし歯菌が栄養にできないキシリトールが入っているペーパーで、赤ちゃんなどにおすすめしようかな、と。

たとえば、授乳してからじゃないと寝てくれない、という赤ちゃんでは、授乳したままねてしまうと、母乳の成分を分解する虫歯菌によって、上の前歯に虫歯ができてしまいます。

そのような場合に、授乳後にこのペーパーで前歯を拭ってもらえば、虫歯予防の効果も期待できるのではないか、と考えております。

 

 

 

 

以上が一月中にも販売を開始しようと思っているケアグッズ。

どれも「ペーハーの改善」を目的としております。

 

でも、一番は良く噛んだりすることで唾液の中の成分でペーハーを改善したり、鼻呼吸にして口を閉じることで、口の中の乾燥を防ぐことが最重要と思います。

 

今後、東京での講習会や、院内で担当の方によるセミナーを開いてもらう予定です。その際に、赤ちゃんに使用できるのか?などのことも聞いてみようと考えています。

 

今後、皆さんの虫歯予防の方法の幅が広がることと思います。いましばらくお待ちください。

明けまして、おめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
皆様、お正月はいかがお過ごしでしたか?

 

自分は久しぶりにゆっくりと過ごすことができました。

 

当院は、本日より、新年の診療を開始いたします。

 

 

本年も何卒、よろしくお願いいたします。