審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

本日より診療再開します。

 

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

かのう歯科は本日より診療開始となります。

 

今年のGWは、なかなか充実していました。

4月29日に歯科医師会のバーベキューがあったのですが、このときに供された料理に感動してしまいまして。てっきり肉を焼いて、飲む、というだけを繰り返すのかと思ったら、アヒージョやピザなどが登場!外でここまでやっちゃうの?という感じ。

で、GW後半に、自宅で行ってしまいました。

まず初日はアヒージョに挑戦。なかなか美味しかったのだけど、どちらかというと塩味スープになってしまったかも?最初の挑戦なので、今後、上達を目指します。

2日目は、ダッチオーブンでローストチキンに挑戦しました。これはなかなか上手くできました。まあ、鶏をオーブンに入れて炭火で熱するだけなんですけどね(苦笑)。
開始前の想像では、炭火の傍らでビールを飲みながら優雅に読書をする、という村上春樹の世界を目指していたのですが、火の管理に気を取られてそれどころではありませんでした(苦笑)。やっぱり小市民はサマにならないですね。

この時、フランスパンを切って、炭火の上で軽く焼いてたべよう、と思ったら、火の勢いが強すぎてすぐに炭の塊と化してしまいました。これは今後の課題となりました。

昨日は、アメリカのドラマに出てきそうな分厚いステーキに挑戦!「トムとジェリー」や、アメリカドラマなどで、外で分厚いステーキ肉をやいているシーンがありますよね。日本だとスーパーで購入したサガリやカルビを七輪でやいて、箸でつつく、という事態となってしまいます。

それでもいいんだよ、いいんだけど、なんか違う。「箸でつつく」という、いかにも日本的な行為ではなく、アメリカドラマのような、分厚い肉を豪快に焼く「アメリカンスタイル」がいいんです。

早速、スーパーでステーキ肉を物色したのですが、今回は肉の「味」ではなく、肉の「分厚さ」の追求がメインテーマ。なので肉のチョイスも「どのくらい厚いか」を基準としました。

そこで2センチくらいの厚さの肉を購入。簡単に味付けして、炭火の上に置きました。

これは大成功!!

正直、大した高価な肉では無かったし(アメリカ産)、味付けも塩コショウを適当に振る、という、素人クッキングだったのですが、炭火が全てを整えてくれました。
こうしてアウトドアに徹した3日間の食事がおわりました。なお、食事は一食のみでした。

 

他は、以前から作りたかったSLのプラモデルに挑戦。パーツの大きさが違う、バリがヒドイなどの難問にぶつかるも、なんとか完成にこぎ着けました。余分な接着剤のテカリや、雑な研磨処理の跡が残る、など、素人丸出しではありますが、これも第一歩なので、これから挑戦していきたいと思っております。

 

 

と、まあ、40超えたオッサンなのに、久しぶりに小学生のようなことで興奮する休日を過ごすことができました。

 

ああ、ウイスキーを飲みながら読書する、ということも実行しましたが、飲みなれない強いアルコールを飲んだせいで酔いが早く、文章をまともに読むことができませんでした。雰囲気だけ、味わいましたが。

 

 

本日から、よろしくお願いいたします。

近況の御報告

いつのまにやら日本ハムが2位となって驚きを隠せない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

「今年は投手陣が厳しい」と聞いていたとはいえ、いきなり開幕投手に新外国人投手の名前が出たときは「そこまでなの?」と不安に思ったものです。そして西武相手に粉砕され、ああ、今年も育成の年か、と思っていたら!

といってもまだまだ序盤なんで順位なんて一日で変わりますけどね。

ソフトバンクがこのままでいるとは思えません。オリックスもエンジンがかかっていないだけ。

それにしても近藤選手は素晴らしいですね。近藤選手も他の選手も、あと3~4年、待ってくれ!新球場になったら年俸も上がる!はず?

 

さて、当院の最近ですが、ずうっと、事務手続きをしています(苦笑)。

水曜日にも手続きやらなにやらに行っています。

今年の4月から、保険制度が変わったのですが、歯科はかつてないほどの変化が起こりました。

 

まず、近年、報道で取り上げられている「院内感染対策」について、滅菌技術が一定の水準に達していない歯科医院には不利な制度となりました。また、「歯を削る機械」の本数の報告も必要となりました。

まず滅菌技術についてですが、かのう歯科も含め、この20年の間で新規開業している歯科医院なら十分、基準を満たしていると思われますし、以前からの歯科医院でも現在主流の滅菌器が導入されていると思われます。

また、「歯を削る機械の本数」ですが、こちらもかのう歯科は、一日の来院数と同じくらいの本数を揃え、また一度使用したら滅菌を行っております。

上記の事から、当院はこの基準を満たしておりますし、大抵の歯科医院さんは基準を満たしていると思われます。

さらに言えば、今回の改定では各歯科医院の在り方について、、診療室での診療と訪問診療を近付けさせたい、という意図も感じられます。将来的には訪問診療の機能が必要とされるかもしれません。

そこで当院では、介護保険の事業登録を開始しました。この手続きに、時間がかかっています。

なんとか四月中に終わらせて、5月からは「色々と」頑張りたいと思っております。

 

 

あいうべコーナー、ゆびのばコーナーできました!!

今回は当院に新しくできたコーナーのご紹介。

 

 

 

 

 

 

キッズコーナーの壁に、あいうべ体操とゆびのば体操のコーナーを設けました。

 

 

 

 

 

 

 

あいうべ体操のコーナーです。

口呼吸の害と、鼻呼吸の重要さを説明するとともに、実際のやり方を、絵でご紹介。お子さんはもちろん、お母さんお父さんにもご覧いただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは「ゆびのば」のコーナーです。

足指を伸ばして、踏ん張ることで、良い姿勢となります。

姿勢は噛み合わせにも影響を与えます。背骨がどっちかに偏ると、顎も偏り、かみ合わせ、歯並びに影響してしまいます。足でたつこと、は、体の土台です。足指を伸ばして立つことで、体幹もしっかりします。

当院で内装をお願いしている業者の方とお話しした際に、靴下が5本指のものであることに気が付きました。

力が必要となる工事現場やバランスを必要とお仕事では、しっかり踏ん張るために五本指の靴下が、一般的に使用されているそうです。

 

 

 

 

 

この4月から、保険制度が大きく変わり、今、多くの医院では、てんやわんやの状態です(苦笑)。

その変更で、新しく口の機能の管理が認められることになりました。これは「噛む力」「話しかた」「口呼吸」など、まさにあいうべ体操やゆびのば体操で重視されていること。

 

ぜひ、このコーナーで知ってもらいたいと思います。

診療時間変更のお知らせ

 

いつもご利用いただき、ありがとうございます。

 

当院は4月より、第一、第三土曜日の診療時間を、AM9:00~PM1:00までとさせていただきます。

 

この4月より、加納は札幌歯科医師会の摂食嚥下リハビリテーションの研修を受けることにいたしました。

この研修は毎月第一、第三土曜日の午後2:00から午後5時まで時間に、一年間に渡り行われるため、その都度の休診とはいかず、日程の変更となりました。

 

昨年、加納は「あいうべ体操」を入り口に、口呼吸の弊害について学んだのですが、その際、舌の位置の重要性、口の周囲筋肉や舌の動きに関係する筋肉についても、自然に視野に入るようになりました。

口呼吸をなくすには口をはじめ、舌や喉の筋肉の動きも重要。

そして食べ方や、食べたものを飲み込むときの筋肉も、考慮しなければならない、と痛感。

 

また、これまではお子さんを中心に考えてきたのですが、食べ物を噛む、飲み込むという動作は年齢を問わずに必要となります。

また、虫歯予防の点でも、口の中が唾液で湿潤されている環境が必要なこと、また喉元の「鼻咽腔」とよばれるリンパ節が密集する部位の炎症を予防するにも口、喉、下の筋肉の動きが重要。これらの筋肉は歯並びにも影響してしまいます。

お子さんで抗生物質が多く使用されるのは、中耳炎など耳の炎症、「へんとうせんが腫れた」という言われ方をする喉の炎症が起こった場合、とのこと。耳は耳管という管を通じて鼻咽腔と呼ばれる口の奥の部分と通じています。

そして「中耳炎」や「へんとうせん(扁桃炎)」を抑えるべく、幼少のころに抗生物質が多用されると、腸内細菌の「善玉菌」たちも多くが抗生物質に殺されてしまい、腸内細菌の種類に偏りが生じ、将来の肥満や糖尿病のリスクが高まります。

 

ご高齢の方でも、死因の大きな部分を占める「誤嚥性肺炎」は、食事で口から入って来たものが、舌や喉の付近の筋肉が弱っているために食道に行かず、気管に入ってしまって発症してしまいます。

 

このように年齢を問わずに重要であることや、口の周囲だけにとどまらず、全身の健康にも影響があることを考えたとき、食べること、飲み込むこと、についてもっと詳しく学ぶ必要がある、と考え、研修に応募いたしました。

一年間に及ぶ研修期間のため、ご利用いただく皆様には大変ご迷惑をおかけすることになってしまいますが、ご理解いただけましたら幸いに思います。