審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

新幹線 おまけ かつての名車両たち

ここで、私が10年前に新横浜駅で撮影した、東海道新幹線で活躍していた新幹線たちをご紹介。

 

 

 

 

 

 

IMG_0172 IMG_0173

まずは当時の主力、700系新幹線。

「ペリカン」というあだ名の通りの外観ですね。

 

 

 

 

 

IMG_0171  IMG_0170

やはり存在感が違います。

 

 

 

 

 

IMG_0174  IMG_0175

そしてなんと!当時まだ現役だった、300系の画像!!

時代遅れを感じさせない、スタイリッシュなフォルム。それでいて初代0系を彷彿とさせます。300系の人気は根強く、今でも多くのファンが存在。

 

 

 

 

 

 

IMG_0181

そして、海外に多くのファンを持ち、今でも国際的評価の高いフォルムの500系新幹線!

ご覧のように、非常に鮮烈なフェイスをしています。

 

 

 

 

IMG_0183

その姿は鉄道車両というよりもむしろ、宇宙船を想起させます。手塚治虫の描く近未来のメトロポリスを走行する車両のようです。

挑戦的なスタイルは、デザイン面も重視する世界においても称賛され、「日本の新幹線」の存在感を高めました。

もちろんデザインだけでなく、山陽新幹線区間では、日本での営業最高速度を実現しています。

 

 

 

 

 

 

IMG_0179

これは500系の車内。

残念ながら、その特徴的なスタイルのため、客室部分の狭小化が避けられませんでした。

 

 

 

 

 

本当は動画もあったのだけど、アップロードできず。

残念!!!

 

北海道新幹線乗車日記 その10 新幹線大集合

IMG_1312

ついに東京駅の新幹線ホームに降り立ちました。そこは様々な新幹線が集合する「新幹線基地」だった!!

 

 

 

 

 

 

IMG_1306

まずはここまで頑張ってくれた北海道新幹線「E5系」。函館からやってきた!!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1307

で、なんとこのE5系「はやぶさ12号」ですが、E6系・秋田新幹線「こまち」と連結しているではありませんか!!!

 

 

 

 

 

 

IMG_1304  IMG_1305

こちらです。

どうやら盛岡駅で連結していたのですが、酔っぱらっていたために覚えていない、という大失態!!

しかも乗車していたグランクラス車両のすぐ後ろだったのに!!

お前、そこは撮影しにいかないと!!

新幹線同士の連結の瞬間を見逃す、という、鉄道ファンとしてあるまじき行為を行ってしまいました。

 

まあ、知っているとは思いますが、秋田新幹線と山形新幹線は、それぞれ仙台、盛岡から先は在来線での運行となる「亜種」とも言える存在。

でも山形新幹線「400系」は、メタリックな外観がなかなかかっこよかったんですけどね。昨年、鉄道模型で購入してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1308

こちらは北陸新幹線E7系・W7系。

一昨年、金沢まで開業した北陸新幹線ですが、JR西日本の中心駅であるJR新大阪駅と連結していないのに、金沢はJR西日本の管轄なのでJR西日本も運航している、なんだか不思議な形態です。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1309  IMG_1313

こちらはE2系。

1995年、長野新幹線(現在は北陸新幹線)開業と同時に投入された車両で、現在は東北新幹線や上越新幹線などで運行されているとのこと。

あの名車(自分認定)である200系の後継車両。

 

 

 

 

 

 

IMG_1310

そしてちらっと見えた、N700系。

現在の新幹線車両の最先端であり、花形である車両。

このN700系登場のおかげで、あの世界的にも評価の高い「500系」が東京駅からおいやられてしまいました。

塗装からすると、上越新幹線でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1314

こうして大興奮の新幹線ホームを後にしました。

 

性能面・デザイン面で世界的に高い評価を受けている日本の新幹線ですが、カリスマ的存在である「0系」が引退。あの「0系」は、日本の文化遺産か何かにするべきです。100系、200系、そしてあの300系も引退。

一気にスタイルが変わった500系以降ですが、なんと総2階建て新幹線・E1系「MAX」、E4系の引退も決定!!

え!?あれも引退しちゃうの?

日本の大量輸送を体現していた2階建てもいなくなってしまうとは!!

また、北海道新幹線、東北新幹線、北陸新幹線、上越新幹線という、東日本の新幹線の主力幹線が集中する「大宮ー東京」間がすでにパンク状態のため、北海道新幹線もこれ以上は増発するのが難しいのでは?と言われております。

新函館北斗発の新幹線が一時間に一本しかない、というのは需要の他にこのような事情もあるそうです。

そうなると、札幌延伸により確実に需要が高まることが予想されるだけに、ぜひ、増強してもらいたいところ。

 

 

 

 

 

 

IMG_1317

最期に見かけた大谷のポスター。

つーか、日本ハム、頑張ってくれ!!しかし優勝した後の年って、やっぱりなんかあるんですかね。

 

 

 

北海道新幹線乗車報告は以上。

北海道新幹線乗車日記 その9 本州南下中

IMG_1275

はやぶさ12号は八戸を通過!

なお、すでにビール、白ワイン、赤ワインを開けているため、かなり出来上がっております!!

しかもまだ朝の9:30くらい!!

 

 

 

 

 

 

IMG_1274

なお、新青森から新しいアテンダントさんが!

素晴らしい笑顔ですね!!

ヨッパライの醜態をさらしてしまい、申し訳ありません。こちらの方にもご迷惑をおかけしてしまいました。

 

アテンダントの方々ですが、見るからに「マニア」という恰好した鉄道ファンの「撮影してもいいですか?」という怪しげなお願いにも、笑顔で対応していただきました。本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1276 IMG_1277

二戸辺りから他の乗客も乗車。独り占めではなくなりました。

で、八戸と言い、二戸と言い、他にも七戸という地名もあり、東北出身の友人に「なんで「へ」とつく地名が多いんだ?」と聞いたところ、なんと「なんでもヘブライ人が由来らしく、ヘブライ人の「へ」だそうだ」とのこと。

酔いもあったせいで自分は思わず吹き出してしまいましてね。「なら俺は火星人だ!」などという酔狂なメールを送信していました。

本当にヘブライ人が由来でしたら、青森の方、ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

IMG_1279

で、飲み放題をいいことに、普段、飲みなれぬウイスキーまでオーダー!新幹線の加速とともに「元をとらなきゃ!」という根性も加速!!

 

 

 

 

 

IMG_1280 IMG_1281

時速300キロの世界で水割りを嗜む私。

この辺りから、かなり酔っていました。

お酒はこれ以上は飲んでおりません。

コーヒー、アップルジュース、お水などを飲んでおりました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1282  IMG_1285

そしてビルの林立する市街地へ。

 

 

 

 

 

 

IMG_1286

100万都市の仙台に到着です。

 

ここからグランクラスの乗客が一気に増えました。

 

 

 

 

 

IMG_1289

仙台出発後は、時間が立つのがかなり早く感じました。

 

 

 

 

 

IMG_1293  IMG_1292

そして首都圏に突入。建物の密集度がさらに上昇していきます。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1296

ついに大宮。ここは北陸新幹線、東北・北海道新幹線、上越新幹線が分岐する、重要な駅です。

 

 

 

 

 

 

IMG_1297  IMG_1299

東京都心に近付くにつれ、建物が高層化。

 

 

 

 

 

IMG_1300

おお!桜が咲いている!!本州はすっかり春ですね。

 

 

 

 

 

 

IMG_1302

 

そして東京についてしまいました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1303   IMG_1311

やっぱり東京は都会ですね!すっかりおのぼりさんですわ。

 

 

 

 

 

 

IMG_1315  IMG_1316

極上のサービスを提供してくれた「はやぶさ」は、折り返し新函館北斗行きとなります。

 

お疲れ様。そして行ってらっしゃい!!!

 

 

こうして4時間30分の旅は終わりました。

北海道新幹線乗車日記 その8 海の真下で祝杯を!

東京に向けて高速で突っ走る北海道新幹線ですが、トンネルが多く、また高架軌道の側面壁に視界が阻まれるため、車窓はあんまり楽しめないかも。

本当は函館から木古内に至る鉄路は海岸線を走っていたため、函館湾の向こうに函館山を望む、とても優美な景色を楽しめたのですが、新幹線ではその魅力は楽しめないかも。

いさりび鉄道では楽しめます。

いさりび鉄道では、函館山を眺めながら食事を楽しめる観光列車もあるそうで、こちらは本当にお勧めです。

 

 

で、グランクラスの自分ですが、食事を楽しみ、クラシックを飲み干したところでついに青函トンネルに突入しました。

ここですかさずおかわりを注文。なんせ飲み放題ですので。

 

 

 

 

 

 

IMG_1252

二杯目は白ワインにいたしました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1253

おお!グランクラスのロゴの入った、特製グラス!!ワインは程よく冷えていて、美味しかった!口当たりが優しいですよ。

 

 

 

 

 

 

IMG_1254

白ワインのラベルにもグランクラスのロゴが!!!この席にだけ提供される、特別なワイン。セイコーマートではありません。(でも、セイコーマートのワインって、結構、良いモノらしいですよ)

 

 

 

 

 

IMG_1255

そして青函トンネル通過中に、1人乾杯しました。

ここは海よりも深い場所。非常に贅沢な気分に浸りました。

 

 

 

 

 

IMG_1271

こちらはなんだと思いますか?

白ワインをオーダーしたところ、ラベルにグランクラスのロゴが入っていることに気が付いた自分。マニア心がざわめき始め、なんとアテンダントさんに「持って帰っていいですか?」と、恥ずかしい質問をしてしまいました!

するとアテンダントさんは笑顔を崩さずに「良いですよ」とのこと。

しかも「洗浄してお渡ししますよ」という、温かいお言葉!!

いやあ、感激してしまいました。

 

そしてしばらく経ってから持ってきていただいたのが上記の画像。

なんとオシャレなラッピングまでされている!!スゴイよ!!カッコいいよ!!

すみません、形を崩すのがもったいなくてもって帰れない!

しかし驚きました。グランクラスのアテンダントさんは、ラッピングまで修得しているんですね。きめ細かいサービス、なんてことばでは収まりません。

 

最上のサービスを受けた院長。

 

美味しいお酒、独占状態のグランクラス。

ここは天国ですか?

ここでイスを倒せることを思い出しました。

どうも「椅子を倒す」ということに、申し訳ない気持ちがあったのです。

なんせ前夜、深夜バスにて前後の乗客に「すみません、倒しますね」と許可を取ったり取られたり。

本当はガバッと椅子を倒したいのに、後ろのことを考えるとそうもいかず。

深夜バスの中ではそのような「気遣い」が、暗黙の了解で交わされていたのです。

 

しかし!最高級のシートのグランクラスではそんなこと関係ない!!

しかもいるのは自分だけ!!

 

 

 

 

 

IMG_1256

これが通常時のシート。この姿勢でも随分ゆったりしていましたよ。

 

 

 

 

 

 

IMG_1257

これが倒した時。見た目ではそんなに倒れていないように見えるかもしれませんが、体感ではかなり倒れていました。「沈む感じ」という言葉がピッタリ。ただ背もたれが倒れるだけではなく、腰や座席部分も前方にせり出してくる感じになるので、腰の負担もかなり軽減されます。

 

 

 

 

 

IMG_1258

そしてこちらにご注目!

脚の部分がせりあがってくるので、脚をフラットな状態にできます。画面では醜いですが、白い足の部分の先から、黒いシートも飛び出して切るので、足の先まで伸ばせます。足の長い人はわかりませんが・・・・。

これはかなり極上気分!まさに王様のシートです。

 

 

 

 

 

 

IMG_1261

フラットにしてみると、視線は天井に。目に優しい照明。ベッドで寝ているかのようでした。

 

 

 

 

 

 

IMG_1264  IMG_1267

すっかりくつろいでしまいました。気がつくと津軽海峡を越えていた!!

ここは本州。すでに「田おこし」が行われている模様。秋には一面、黄金色になるんでしょうか?見てみたいなあ。

 

 

 

 

 

IMG_1265

ここで赤ワインをオーダー。

って、まだ青森についていないのに3本目!!

なんと新函館北斗から出発して一時間も経っていないのです。ええ、朝の九時前!!!

さすがにハイペース過ぎるだろ!!

「元をとらなきゃ!」という、グランクラスにふさわしくない貧乏根性がさく裂した院長。果たして、東京まで記憶は持つのか?

 

 

 

 

 

IMG_1260

ここでおつまみの「おかき」の登場。亀田製菓でした。

日本の米所の風景を眺めながらおかきを食べるのもなかなか乙なものですな。

 

 

 

 

 

 

IMG_1269

分かりにくいかもしれませんが、陸奥湾が見えました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1270

そして新青森に到着。

王様気分に浸ってしまったグランクラスの貸切状態も、そろそろ終わり。

でも、最上級の思い出ができました!!!

 

 

 

しかーし!まだ青森です!!グランクラスの旅はまだ続く!!