審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:00〜19:00
昼休み/12:30〜14:00
土・日 9:00〜17:00
昼休み/13:00〜14:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

宇都宮での学会でのお話し その3

覚えている方はいらっしゃるでしょうか?

実はまだ、宇都宮でのお話しの途中なのです。明後日で1か月経っちゃう!

 

さて、前回の続きですが、ECC(Early Chaildfood Caries)ですが、ECCと判定された小児の場合、そのバイオフィルムの量が多くなり、耐酸性も向上した、とのこと。

さて、ここで「耐酸性も向上」という言葉が出てきて、ちょっと驚かれた方もおられるかもしれませんね。

細菌は、食べかすや甘いものをエサにして代謝を行い、「酸」を産生するんだから、酸にはもともと強いのではないのか?と。

この疑問については、昨年の当ブログにて、「糖について」と題した記事のミュータンス菌の中で詳しく説明しているので、そこを参照してもらって、ここでは簡単に言うと、「耐酸性」が高い細菌ほど、より人体に悪さをするようになる、とお考えください。ちなみに「耐酸性」が高い細菌には、むし歯菌としておなじみの「ミュータンス菌」、歯周病菌の「ポルフィロモナス・ジンジバリス菌」などもあります。

「ECCと判定された小児」とは、すなわち、生後71か月を前に虫歯ができてしまった小児のこと。71カ月まで、という早い時期に虫歯ができてしまった子供では、バイオフィルムの量が多くなり、そのバイオフィルムの中には、より強力な細菌が生息している可能性が高い、と言えます。

 

続いて、歯のどのような部分に、どんな細菌が多いのか、という説明へ入っていきます。

歯ですが、どこも同じとは言えません。「噛む面」と呼ばれる部分には深い溝がありますが、横の部分は真平らとなっています。

で、この「真平ら」な面は、非常に滑沢なため、細菌たちも容易に取りつくことはできません。ロッククライミングで、崖を上っていくところを想像していただきたいのですが、あんな崖に寝床を作って生活できるでしょうか?へばりついているだけで精一杯。歯と細菌の関係も同じように言えます。

一方で、噛む面ですが、深い溝があるので、細菌はそこに入り込むのは非常に簡単。実際、小児が最初に虫歯になってしまうのは奥歯の溝の部分が圧倒的に多い。なお、奥歯の横の面にも虫歯ができやすいのですが、ここには「頬面溝」という、縦方向の深い溝がありまして、ここに細菌が溜まりやすく、むし歯にもなりやすいのです。

この対処法として「シーラント」とよばれる、歯にダメージを与えない形で溝をふさぐ方法があります。学会では「アメリカでは溝を見つけたら、とにかく(シーラントで)埋めろ!と言われている」との発言もありました。

 

さて、発表の中では具体的な細菌の名前も挙げられ、かなり具体的に語られていたのですが、ここで話すにはマニアックすぎるので簡単にお話しいたします。

そもそもバイオフィルムの始まりは、善玉菌が歯にくっついて、から。歯の表面にはペリクルと呼ばれる「バリア」のようなものがあるのですが、これに接触できる細菌は限られています。悪玉菌の多くは付着できないようです。さて、最初に歯の表面にくっつく善玉菌は悪さはしないのですが、歯磨きをしなかったり、絶えず何かを食べていたりすると、その善玉菌の周りに悪玉菌がくっつき始めます。さらに放置されると、その善玉・悪玉、両方の菌の塊はどんどん不潔になり、善玉菌が減り始めて、より悪さをする細菌が増えてくるのです。

定期的な歯の汚れ取りが重要です。

 

 

また、乳児と母とでは、生息している口腔内細菌の種類などは類似しているとのことですが、離乳食が始まると、その類似性、相関性が低下してくるそうです。細菌に関しての「親離れ」「子離れ」は離乳食の時に始まると言えます。

さらにいうと、乳歯が生え始めてから急に口の中に住む細菌の種類が増え始めるそうです。

 

お話しできるのはこのあたりでしょうか?詳しい内容は、今後、医院の中で皆さんにお話ししていこうと思います。

 

なお、講演の中で提起されていた「虫歯予防法」ですが、その中に「アルカリ環境を作る」というものがありました。

CAMBRAでも、あまりにもカリエスリスクが高い患者さんには、フッ素塗布よりも「ペーハーの改善」が優先されます。

 

今後、虫歯予防の方法として、フッ素塗布とともに「ペーハーの改善」も、大切な要素として重視されるものと思われます。

 

 

 

次回はいよいよ「脳と発育とお口の発達」についてです。

 

宇都宮での学会でのお話し その2

さて、まずは今回、最も注目していた「小児の口腔細菌叢」についての演題からお話しします。

今回は、もともとバイオフィルムに関心があったのもありますが、ようやく始めたむし歯予防の管理プログラムである「CAMBRA」でも、バイオフィルムが重要であるため。この一年間は、CAMBRAを軸に勉強をしてきたのですが、CAMBRAはアメリカの多くの大学で採用されているとはいえ、商業主導で日本に移入されてきたこともあり、客観性に少し、不安を覚えていたため、その裏付けを欲しかった、というのもあります。

ちなみに「商業主導」と書きましたが、これには歯科メーカーのヨシダと、そしてあの天下の博報堂が関係しています。CAMBRA自体はアメリカの大学で採用されているのですが、日本では上記の企業が主導して、CAMBRAを中心にした各種のパッケージ販売なども展開されています。自分は今年の一月、博報堂の担当の方(といっても関連会社の方)とお会いしました。それがまさかの一対一!そのお話の内容は、さすがは広告代理店の方だけあって、非常興味を惹かれるものでした。説明を受けたのは、医院をお子さん向けに改装し、運営するプラン。ウチの予算では実現不可でしたが・・・・・。

ただ、担当の方は、単に商品を販売するのではなく、その背景の考えも、口の中にとどまらず姿勢や脳の発達まで網羅する内容で、説得力十分。

正直な感想ですが、その浸透力や他分野との関連性の広さは、さすがは広告代理店だなあ、と感心させられました。歯科の中で見られる「躊躇」というか、ある種の自主規制みたいなものが全くないので、患者さんとの距離がどんどん近くなりやすい。

 

 

 

いきなり脱線してしまいましたが、昨年、今年の初めと、東京と往復してましたが、あくまで自分の感想ですが、東京(他の地域もそうかもしれないけども)では、子どもの虫歯予防と口の発達(これは今年四月から保険にも導入された)、そして脳の発育などが一体化し、「子育て」の重要な部分として口の健康が位置しているようにおもわれました。

 

さて、小児の口腔細菌叢ですが、ここから先は、やや箇条書きのような内容になってしまうことをお許しいただきたい。

 

まずECCとバイオフィルムの関係について。

ECCとは(Ealry Childfood Caries)、つまり生まれてから早い時期に虫歯になってしまうケースのこと。基準として、「71か月以上の小児が、1本でもカリエス(むし歯)を持っていたら、ECCと判断」されるとのこと。

ちなみに日本では4割が「ECCである」と判定されるとのこと。

この日本の数字はかなり大きいそうです。それは、この基準はアメリカや欧州で作られた基準なのですが、アメリカをはじめ、先進国の多くでは水道水に極めて低濃度のフッ素を混入させる「フロリデーション」が導入されているため、子どもの虫歯の数も日本よりも少なく、上記の厳しい基準でも判定可能とのこと。

ここなんですよね。よくテレビや新聞などで、子どもの虫歯の数に関して欧米との数による単純な比較がされるのですが、水道水にフッ素が入っている地域と日本を比べると、結果は明らかなのは当然。

 

ここでもちょっと寄り道すると、現在、「サホライド」という虫歯の進行を抑制する塗り薬が、海外で注目されている、とのこと。これは昨年、出席したCAMBRAの講演医会でアメリカのダグラス・ヤング教授も「日本で生まれたこの薬品が、なぜ、日本で使用されないのか不思議だ」と語っていました。

ヤング教授の言うとおり、このサホライドという薬品は日本の方が開発したのですが、この薬品を塗るとその部分が黒くなって、いわゆる「みそっぱ」になってしまうので、敬遠される方が多いのも事実。

しかし日本以外の海外ではサホライドへの関心が高まり、アメリカでは「オバマケア」と呼ばれる医療保険制度改革の一環として認可され、ヨーロッパでも普及し、アジア、特に子供のむし歯対策が急務となっている中国でも重要視されている、とのこと。

フッ素もサホライドも、低予算でできる虫歯予防対策として、各国で導入されています。

 

 

 

 

続く

宇都宮での学会でのお話し その1

いやあ、ようやく事務処理が終わったと思ったら、もう月末!早いですね!

学会に出席してからもうすぐ1カ月が経過してしまう!さすがにそれはまずいので、なんとか今月中に宇都宮でのことをお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが宇都宮駅。この日、東北や北海道では台風が直撃し、朝から大雨だったようですが、関東地方はご覧のように快晴!しかも気温も高く、30度越え!真夏ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

  

宇都宮は人口50万人。なかなか都会でしたよ。それに宇都宮は広い関東平野の真っただ中にあるため、画像でもわかるように山が見えません。

 

 

 

 

 

 

 

   

宇都宮駅の線路。このほかに新幹線も停車するので、宇都宮駅は拠点駅となっています。

 

 

 

 

 

おっと、またも脱線するところでした。

 

 

今回、事前に配布されたプログラムの中には、いくつか、興味のある演題がありました。一つは障がい児に関わる内容で、当院でも今年から力を入れ始めたことであり、気になりました。次に、これが最も大きな理由になったのですが、小児の口腔細菌叢についての演題。小児の口腔細菌叢、つまりバイオフィルムに関する内容、とのこと。バイオフィルムについては以前より関心があったのですが、これまで成人や赤ちゃんについては知る機会もありました。ところが小児のバイオフィルムというと、なかなか資料がなく。(どっかにあるんだろうけど)小児から成人に至るまで、どのように口腔細菌叢が変化するのかを理解すると、患者さんへの口腔清掃指導にも厚みが出るのではないか、というのと個人的な興味もあり、宇都宮に行くことを決意しました。

 

で、肝心の内容ですが、どこまでお話ししていいのかわからず。特に障がい児については医学的な見地でのお話しをお聞きしましたが、自分は歯科医なので、ここで詳しくお話しすることでおかしな偏見のある記述になる可能性もあるため、お話しするのは控えておきます。

 

今回は、小児の細菌叢についてのお話しを「さらっと」、そして注目はしていたのですが、実際に聞いてみるととても興味深い内容であった「脳の発達と子供の睡眠と生活習慣」についての内容を、次回からお話しします。

近況のご報告(10月25日)

更新が滞っており、申し訳ございません。

年内に終わらせたい事務作業や、会合出席などが続いていました。

先日、西区保健センターで行われた虫歯予防に関する一般向けの講座を見学させていただきました。

当日のスタッフの方々、お邪魔してしまい、本当に申し訳ございません。決して覗き見や体験で、というわけではありません。

おかげで、とても勉強になりました。

この時の様子は、学会のお話しをする際にも触れますので、少しお待ちください。

 

さて、いよいよ11月。申し訳ありませんが、11月には診療時間の変更などがあります。

 

 

11月9日(金)  小児に関する札幌歯科医師会の講習会に出席のため、PM6時までの診療

11月11日(日) CAMBRAの講習会出席のため休診

11月13日(火) 在宅医療に関する札幌歯科医師会の講習会に出席のため、PM6時までの診療

 

 

今年1年間、追いかけてきたテーマに関する講習会のため、出席をすることにいたしました。

さて、現在、出生時から3歳くらいまでの口の発達について学んでいます。

というのも、将来的な口の予防、全身の予防には出生からの発達が重要。

この件について、来年の1月、2月に東京で開催される関連の講習会にも出席する予定です。

 

 

以上です。