審美歯科

診療案内

診療科目:
歯科・小児歯科
診療時間:
月・火・木・金
9:30〜19:30
土・日
9:30〜18:00
休診日:
水曜・祝日
お電話:
011-669-8211
所在地:
札幌市西区西野5条3丁目7-1
[map]

2017道東鉄道旅行 その1 

今回より、加納が今夏、決行した道東鉄道旅行の様子をご紹介いたします。

今回の旅は、自分にとっては長年の思いが結実したものでして。

一度、道東を鉄道を使って巡ってみたかったんですよね。

でも花咲線、釧網本線ともに札幌から遠い上に、本数が少ない。しかも鉄道に乗るための旅行となると、鉄道好きじゃないと一緒に行ってくれるわけがなく。

各ご家庭でも奥さんとの旅行、となると、「美味しいものが食べたい」「綺麗なホテルに泊まりたい」「移動時間は少なくして現地で楽しみたい」という要望が出てくるわけです。

鉄道ファンはそれと対極を成しており、「食べるものにお金をかけるなら鉄道グッズを集めたい」「目当ての汽車に乗ることができれば車中泊、駅泊(無人駅での宿泊。野宿とほぼ同じ意味)なんでも来い!」「鉄道での移動時間こそがメインで現地での滞在は少なくてもいい」という具合で、一般的感覚とかけ離れているのです。
上記のような事から、結婚してしまうとなかなか鉄道メインの旅行はできず。

 

しかし、今年のお盆、妻は義家族と旅行に行くことに!!

今だ!今しかチャンスは無い!!と、ばかりに3泊4日の道東鉄道旅行を決行するに至ったのです。
しかし問題も多く、せっかく道東に行くのなら、汽車に乗るだけではなく素晴らしい鉄道風景も撮影したい。ついでに湿原なども見て回りたい、という、鉄道ファンにあるまじき願望が次々と湧いてくる!!

でも本数の少ない花咲線と釧網本線。それはかなり難しい。そこで折衷案として、自動車で現地に移動し、鉄道にのったり色々と回る、という計画が立案されました。

実は一度、湿原を含めた道東の自然を見て回りたい、と思っていたんですよね。

 

自分は幼稚園から小学低学年にかけて、釧路に住んでいました。その時に釧路湿原は見慣れていました。子供の目から見れば、湿原はただの原っぱにすぎません。それに「国立公園」といって、地図で境界線が引かれていますが、湿地みたいなところは釧路市内でもありました。立ち入り禁止、と書かれた底なし沼に友人たちと侵入し、1人がハマって動けなくなって大人を呼んで叱られたこともあります。

釧路から根室にかけては非常に広い湿原が広がり、その一部に人が住んでいる、というのが正しいように思います。

そんな中で生活していたために湿原なんてありふれていたし、子どもであったこともあって、湿原に価値を見出すなんてできませんでした。

釧路から引っ越して数年後に「国立公園に指定された」というニュースを見て、「え、あんな草むらが国立公園?」と疑問に思ったものです。

その後、オホーツク地方へ転居したのですが、こちらはカラッと晴れる日が多いのですが、湿地と湖が多いというのは同じ。そこで18まで生活していました。

自分にとって湿原や湖、湿地などの水辺の風景は、何の変哲もない見慣れた風景にすぎませんでした。

 

それが、その後、札幌で長く暮らしてから戻ってみると、なぜだか水辺の景色が新鮮に見えましてね。

それ以来、関心を持つようになり、いつか水辺を巡る旅行をしたいなあ、と思っていました。

 

でも妻も道東出身で、自分のような興味も持っていないため、湿原めぐりを提案しても「ええ~、なんで今さら」「それなら東京の方がいい」と、すっかりシティーガールを気取るようになってしまったため、実行することができず。

 

なので今回の機会は、まさにチャンスであったのです!

 

このチャンスを最大限に楽しもう!と、2か月前から湿原やら地質やらの勉強をしてまいりました。

石炭地域の訪問や北海道博物館、北大博物館などにも行ってまいりました。

また、古代オホーツク人の遺跡も巡るため、縄文人やアイヌ、古代オホーツク人などについてもお勉強しました。

 

ええ、他人から見れば全く無駄な勉強です。しかしその無駄なお勉強の楽しいこと!!

 

そして勉強を進めていく内に、自分の考えにも変化が出てまいりました。

 

自分は釧網本線、花咲線、ひいては石北本線の存続を願っています。

ただ鉄路の維持は困難が付きまとうのも事実。

しかしこの夏、上記の路線は必要だと確信いたしました。

 

これから数回に渡り、道東の旅行記をお聞きいただきます。

これは「自然観光」という言葉に留まらない、北海道のジオグラフィックツアーであり、また、鉄道の価値を再発見する旅。

 

北海道の観光、というよりも、オホーツク海を取り巻く広大な自然環境を覗いてみる旅、としてご覧ください。(ちょっと自分でハードルを上げ過ぎた気が・・・・・・)

道民を励ます画像

連日の大雪にやられている北海道。

雪かきが朝の日課になっている方も多いはず。

正直、仕事の前から疲れるのは嫌ですね。

そしていよいよ2月。真冬の到来です。

疲労も極限に達していると思われますが、あと一か月。今月の下旬には、夕方の6時まで明るい日常になっています。春はもうすぐ!!

ここで道民の皆さんを励ます画像をご紹介。

2年前の2月に行って来た、ハワイの模様。まだそんな昔のことにしがみついているのか!とお叱りを受けそうですが、画像から溢れる南国気分は、雪かきの疲労を吹き飛ばしてくれるはず!!

この画像を見て、元気を取り戻してもらえたら幸い。

 

 

 

 

P1000442

これはホノルル空港。フラダンスの絵がお出迎え。

 

 

 

 

 

 

P1000461

これが宿泊したシェラトンホテル。素晴らしいホテルでした!!

 

 

 

 

P1000464

そしてハワイの青い海!!

この画像は2月のハワイです。そう、ほぼ現在のハワイの画像!!

札幌が雪に埋もれているのに、ハワイは強い陽光に照らされています!!

 

 

 

 

 

P1020800

こちら!「キラキラ輝く」とは正にこのこと!!

北海道の皆さん、正に今、地球上でこのような景色が毎日のように広がっている場所もあるのです!!

 

 

 

 

P1000531

ホテルのバルコニーにて。ハワイのビールは美味しかった!!

 

 

 

 

 

P1000979

これは現地で食べた、チキン料理。非常に美味しい!!

 

 

 

 

 

 

P1000494

 

 

そしてやっぱり、アメリカと言えばステーキ!!さすがはアメリカ!迫力が違う!!

 

 

 

 

 

P1000476

そしてシュリンプ料理!甘じょっぱくて美味しかった!!

しかしお前、ハワイでも服装が変わってねーぞ!!

 

 

 

 

 

P1000978

これがハワイのビール!!ご覧ください!!非常に大きい!!日本人なら顔が隠れてしまう!

さすがはUSAサイズ!!

 

 

 

 

 

P1020807

青い海とダイアモンドヘッド。ここは本当に地球なのか?

 

 

 

 

 

P1030623 P1030635

そして海を臨む、最高のロケーションのプール!!

 

 

 

 

 

P1030697

このホテルは本当に快適で素晴らしく、滞在時間がとても豊かになりました。

 

 

 

 

 

 

P1000498

そしてハワイの夕陽。夕日を見て感動して涙が出てしまったことって、ありますか?自分はあります。もちろんハワイで。

 

 

 

 

 

P1000503

ハワイの夕陽に乾杯する事務長。

 

ありがとう!ハワイ!!

 

 

 

以上がハワイの様子。正に楽園、この世の天国です。

トランプ大統領にお願いしたいのは、ハワイへの入国は、あまり厳しくしないでほしい、ということ。この楽園での日々を、日本人から取り上げないでくれ!!

 

 

 

さあ皆さん。冬もあと1月です!頑張って乗り切ろう!!

台湾旅行のお話し その21 さよなら台湾

p1010130

ちなみに、展望台から外に出ることができます。

 

 

 

 

 

 

p1010131

そこからは、ガラスで隔てられていない、「生」のパノラマが広がっていました。

 

 

 

 

 

p1010132

そこから見えた、台北101の「てっぺん」。

ようやく拝むことができました。

 

 

 

 

 

これにて、台湾旅行のお話は終了です。

 

 

 

実は台湾旅行は、以前から計画していたものではありませんでした。

今年の前半、色々なことがあり、自分も事務長も疲れてしまいまして。

そのことにメドが着いたのが頃、気持ちの区切りをしよう、と、急遽、旅行をすることを決定。どうせなら海外に行って気分転換したい、と思ったのですが、予定の期間の2か月前となっていたため準備もできておらず。以前から企画していた台湾旅行を探してみたところ、空きがあったため、参加することになった次第。

正直、台北行きの飛行機に乗った時は、心身ともに荒んでいました(苦笑)。なので期待も特にしていなかったのですが・・・・・。

日本とは異なる景色や食べ物、文化に触れるうちに、なんだか力が湧いてきましてね。

特に台北の人たちの親切には感動しました。最初の内の記事で、現地で道に迷った際に、台北市民の方にカタコトの日本語で話しかけられて、2ブロックも一緒に歩いてもらった、と書きましたが、その日は実は雨でして、その女性は雨に濡れながら案内してくれたのでした。

他にも現地の方がよく利用する美味しいお店を紹介してもらったり、当初の予定になかった台湾茶の実演を見せてもらったりと、台湾の方々のおかげで旅がとても豊かなものになりました。

で、すっかり元気になって帰国したのですが、やっぱり何かが変わったんでしょうか?

今年の後半は、人の縁や他の様々なことで恵まれました。

もちろんいいことばかりというわけではなく、急遽、求人をすることにもなりましたが、それも様々な方々からの縁で早期に終了しました。

なんとか一年を終えることが出来そうです。

 

自分は「運勢」とか、「占い」の類はあまり信じていないし、人に話すこともないのですが、台湾に行ってから、やっぱり運気が変わったように思います。

決して霊的な意味ではなく、台湾で美味しいものを食べ、綺麗な風景を見て、日本とは異なる景色の中にいることで元気が出て、何か行動が変化したのだと思います。

台湾が元気をくれた、と断言できます!

自分はすっかり台湾のファンになってしまいました。絶対に、近いうちにまた行きます。台湾新幹線にも乗っていないし、台北以外の街にも行ってない!また行かなくちゃ!!

 

皆さんも、気分転換がしたくなったとき、外国に行ってみるのもいいかもしれません。

そんな時、近くで気軽に行くことができる台湾を強力にお勧めいたします。

たった4時間のフライトで、日本では体験できない「非日常」を体験できますよ!!

 

 

最後に、今夏、親切にしていただいた台湾の方々に、心から感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

追記

陽選手、巨人でも頑張ってくれ!!

台湾旅行のお話し その20 台北の大パノラマ②

台北101からのパノラマ画像はまだ続く。

 

 

 

 

 

 

p1010096

展望台はかなり広く、いくつものお土産屋さんがありました。

 

 

 

 

 

 

p1010099

台北101の周辺地域は進行形で高層ビルが建設されています。

この地区にいると、台湾が急速に発展していると実感できます。

 

 

 

 

 

 

p1010100

こっちはどのような感じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

p1010103  p1010102

どうやら住宅街のようです。

 

 

 

 

 

 

p1010104

台北101から見れば、小さいサイコロを並べたように見えますが、実際にはその一つ一つは人の住んでいる建物です。一つの屋根の下に、何人が生活しているのでしょうか?また、地味な四角にしか見えなかった雑居ビルにも、いくつもの窓が見えますね。窓の向こうには、それぞれの日常風景が点かいされていると思われます。

 

 

 

 

 

p1010109

それにしても、台北は緑の多い街ですね。グレーの建築物群の中に、緑があると、なんだか癒されます。

 

 

 

 

 

p1010107 p1010108

その緑も、公園の森が市街地に点在しているのではなく、ご覧のように豊かな自然によって彩られています。背後に壮大な自然が控えているとは、台北は贅沢な街ですね。この点は、札幌に似ているように思います。

 

 

 

 

 

p1010110

お!またも地図好きの心を刺激する風景を発見!!おそらくこの画像を見た9割の方は「ただのトンネルじゃん」となることと思います。おもわず「グッときた」1割の方、存分にお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

p1010112  p1010113

雑居ビル群とそのアップ。

 

 

 

 

 

p1010114

こっちも面白そうな地形ですね。

 

 

 

 

 

 

 

p1010116   p1010117

郊外に目を向けると、ご覧のように自然の方が勝っています。

ああいう、森の真ん中にあるビルは、高級マンションであることが多いです。いくらくらいでしょうかね?

 

 

 

 

 

 

p1010122  p1010123

こういった急斜面にも、住宅があります。しかも見た目からして、結構、高めの家かも知れない。ローンは何年払いなんでしょうか?夢のない発言でごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

p1010119  p1010121

地理好き、地図好き、ジオラマ好き、鉄道模型好きの自分にとって、台北101展望台は、大興奮の場所でした。

 

東京のスカイツリーからは、今や世界最大規模の都市圏を誇る、東京を中心とした都市パノラマを見ることができます。ひたすら人工物で敷き詰められた風景は、とても見ごたえがあることでしょう。

 

台北は東京とはことなるものの、自然と都市の共存を目の当たりにすることができます。

そして札幌と台北は、とても似ている都市なのではないか、という感想を持ちました。